町田市立陸上競技場で観戦

2018年11月17日

J2リーグ最終節

FC町田ゼルビアvs東京ヴェルディ

町田市立陸上競技場
メインスタンドからピッチをみる

J2リーグ最終節、現在3位のFC町田ゼルビアと5位の東京ヴェルディの一戦。

両者の対戦はFC町田ゼルビアがJ2に昇格した2012年を機に、「東京クラシック」と名付けられました。

クラシックの名にふさわしい歴史のある2クラブ。

町田はかつて、静岡の清水と並んで少年サッカーが盛んな地域でした。FC町田は1981年に全国少年サッカー大会で優勝。

一方で東京ヴェルディの前身である読売SCは1988年大会で優勝。

U-15日本クラブジュニアユース選手権では1988年・1989年と2年連続で読売SCとFC町田が決勝で対戦。

両チームの本拠地は、町田と川崎(よみうりランド)という隣り合う地域。

そんな育成年代からの伝統がある両チームの対戦は唯一無二の好カード。

勝てば優勝のチャンスがあるものの、J1リーグのライセンスを持っていないために昇格は叶わないFC町田ゼルビアと、J1昇格プレーオフ進出のために負けられない東京ヴェルディの一戦です。

町田駅からのアクセス

町田市立陸上競技場は非常にアクセスが悪いと紹介されている記事も見受けられますが、そこまで過剰に言うほど、悪くはないと思います。

ただ丘の上にあり、森に囲まれたようなスタジアムなので、初めての人には分かりにくいところはあるかもしれませんね。

電車やバスを利用される方は、町田駅と鶴川駅からの2ルートがありますが、今回は路線バスを使った町田駅からのルートを紹介したいと思います。(※追記:2020年3月に確認:多摩センター駅、淵野辺駅、南町田グランベリーパーク駅からもシャトルバスが出ています。)

まずは町田駅にある町田バスセンターから乗車しましょう。町田駅周辺にはバス停がたくさんありますので、初めての方はまずここから分かりにくいかもしれません。JRを利用して来た方は小田急線方面へ小田急線を利用して来た方は西口改札を出てJR方面へ向かいましょう。途中にバスロータリーがありますので、そこがバス乗り場になります。乗り場は中央の島に2~6番乗り場、西友など建物がある通りに面したところが10~14番乗り場です。このうち、競技場まで行けるのは2番・4番・14番乗り場のいずれも「野津田車庫行き」で終点の野津田車庫で降りるというシンプルな行き方です。

あるいは、試合開催日はスタジアム直行シャトルバスが出ていますので、こちらに乗れるのであれば、素直にこちらに乗った方が良いとは思います。ただ、キックオフ2時間前と1時間半前の2本しか運行されていないので、乗れない場合もあるかと思います。私が行ったときは発車15分前には大行列だったので、上記のように14番乗り場から路線バスを利用して向かいました。

野津田車庫から町田市立陸上競技場までの徒歩ルート

下記で紹介するルートはGooglmapで14分と表示されている左側のルートになります。

野津田車庫周辺
野津田車庫を降りてから競技場へ向かう近道

町田バスセンターから路線バスを利用して終点の野津田車庫で下車します。

野津田車庫から北西の方向に進み、住宅の間を抜けると、急な斜面地が現れますので、そのまま進みます。上の写真のように森の中に入ってしまうような少し不安な細い道がでてきますので、こちらも進みましょう。

野津田車庫から町田市立陸上競技場までのルート
野津田車庫を降りてから競技場へ向かう近道

森の中の小道に入っていきます。ここはクモの巣がたくさんありますので気を付けてください。(道をふさいでいるようなことはないと思いますので安心してください)ただ、本当にクモが嫌いな人は別のルートを遠回りした方が良いかもしれません。私もクモは苦手ですがここは大丈夫でした。

野津田車庫から町田市立陸上競技場までのルート
野津田車庫を降りてから競技場へ向かう近道

もう少し歩くと階段が見えてきました。スタジアムまでの道のりはまるで登山だ…などと表現される方もいますが、多少疲れるものの、そこまでではないかと思います。

FC町田セルビア横断幕
スタジアムまで残り350m

階段を上るとFC町田ゼルビアの横断幕がありました。スタジアムまであと350mです。

町田市立陸上競技場までのルート
スタジアム到着までもう少し

あとは下り坂です。もう少しで到着。

町田市立陸上競技場
町田市立陸上競技場が見えてきた

スタジアムのメインスタンドが見えてきました。

個人差はありますが、バス降りてから10分も掛からなかったかな…といった感覚です。

登山というほど大変な道のりではないことが、少しは分かるのではないでしょうか。それにスタジアムに足を運んで観戦するくらい元気な人にとっては、これくらい苦にならないのではないかと。ちょうどいい運動になります。

こちらのルートがちょっと嫌だな…という方は野津田車庫から北東方面に行くルートもありますが、メインスタンドに行くのであれば、今回紹介したルートが最短ルートになります。

スタジアムの中へ
町田市立陸上競技場
メインスタンド外観

メインスタンド前にやってきました!

メインスタンドは2013年に改修・増築され、比較的新しいスタンドではありますが、質素で少し物足りない感じですね。

スタジアム名称のサインなどが設置されていると、もっとメインスタンドらしい外観になると思いますね。

FC町田ゼルビアが今後ビッククラブに成長して、J1常連のチームになったときにこの外観だと寂しい…。

町田市立陸上競技場
メインスタンドからアウェイゴール裏をみる

スタジアム内へ入場しました。

今日はメインスタンドの一番価格の高いSS席にしました。SS席なのに自由席だったので、早いうちに座席がほとんど埋まってしまいました。

山形や山口、岐阜など、山々を背景にしたスタジアムとは少し趣きが異なり、町田GIONスタジアムは森に囲まれたスタジアムといった雰囲気。

町田市立陸上競技場
2018最終節、FC町田ゼルビアのコレオグラフィー

試合前のFC町田ゼルビア、コレオグラフィー。

バックスタンドの奥行が無くて、コレオも少し寂しいですが、サポーターが一体となって良い雰囲気です!

FC町田ゼルビアの試合を初めて見たのは、今シーズンのニッパツ三ツ沢球技場で対戦したvs横浜FC戦。

その時はFC町田ゼルビアがアウェイでも応援を圧倒していて、リズミカルなチャントや熱く応援するサポーターを見て、ゼルビアが好きになったのをよく覚えています。

FC町田ゼルビアvs東京ヴェルディ
東京ヴェルディ(左)vsFC町田ゼルビア(右)

選手が入場しました。最終節なので何かドラマが起こることを期待!

町田市立陸上競技場
アウェイゴール裏の東京ヴェルディサポーター

今日はアウェイ寄りの座席で観戦した影響もあり、終始東京ヴェルディサポーターの応援しか聞こえないような状況でした。さすが元J1のヴェルディサポーターはすごい声量です。

町田市立陸上競技場
試合終了の瞬間
ピッチに倒れる選手

試合は東京ヴェルディが優勢に試合を運び、後半に先制点を挙げます。しかし終盤にFC町田ゼルビアが同点に追いつき、1-1で試合は終了しました。

首位の松本山雅FCと2位の大分トリニータが引き分けたため、もしFC町田ゼルビアが勝っていれば、2018年のJ2リーグはFC町田ゼルビアの優勝が決まっていたという結果でした。

最終的にFC町田ゼルビアは4位でシーズンを終えました。

東京ヴェルディは6位となり、J1昇格プレーオフへ進出しJ1リーグ昇格への望みをつなげました。

他会場も含めて、2018年J2リーグの最終節はドラマチックな展開はありませんでしたが、試合終了間際まで楽しめて満足です。

それではまた次回!

町田市立陸上競技場で観戦” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です