ニッパツ三ツ沢球技場

三ツ沢公園球技場

ニッパツ三ツ沢球技場
メインスタンド

スタジアム概要

スタジアム名称三ツ沢公園球技場
ネーミングライツニッパツ三ツ沢球技場
ホームチーム横浜FC
竣工1949年10月
改修1964年
収容人数15,454人
所有横浜市
運営管理横浜市緑の協会・スポーツ協会グループ
構造・階数RC造、地上3階
フィールド130m×74m

スタジアムアクセス

三ッ沢上町駅から徒歩

三ッ沢上町駅の1番出口から徒歩約15分となります。

横浜駅西口から徒歩

横浜駅西口から歩く場合は、約25分~30分となります。

GoogleMapでは2つのルートが表示されていますが、浅間下交差点から新横浜通りを通って行くのがよいでしょう。

横浜駅西口から路線バス

横浜駅西口
横浜駅西口

横浜駅西口から路線バスで約10分、「三ツ沢総合グラウンド入口」にて下車、徒歩約5分となります。

車でアクセス(駐車場)

三ツ沢公園には下記の通り駐車場がありますが、台数が少ないので試合開催日は公共交通機関を利用するのがよいでしょう。

駐車場収容台数(普通車)料金
第1駐車場88台2時間300円、以降30分100円
第2駐車場241台2時間300円、以降30分100円
第3駐車場112台2時間300円、以降30分100円
臨時駐車場153台1日1回 1,300円
出典:三ツ沢公園

駐車場を利用したい場合は、下記サイトで「三ツ沢公園」と検索して、スタジアム周辺の駐車場を予約するのもよいでしょう。

座席の紹介

さかとり
さかとり

以下では、わたしが実際に現地で観戦した座席を紹介。

ニッパツ三ツ沢球技場 座席図
出典:横浜FCオフィシャルウェブサイト

メインスタンド(前段中央)

ニッパツ三ツ沢球技場

メインスタンドはピッチとスタンドの長さがほぼ同じで、また高さと傾斜があるため、どこの座席でも観やすく臨場感のある試合を楽しめます。

横浜FCvsガンバ大阪

ピッチ中央の前段の座席では、選手を間近に観ることができ、よりワクワクできますね。

メインスタンド(後段)

ニッパツ三ツ沢球技場

メインスタンド後段の座席は、前段と比べて臨場感は劣るものの、ピッチ全体を俯瞰して観ることができます。

ゴール裏

ニッパツ三ツ沢球技場
北側スタンド

ゴール裏の座席は、ゴール前の迫力あるプレーを楽しめるものの、逆サイドのプレーは見えにくいという難点があります。

ニッパツ三ツ沢球技場
北側スタンド
ニッパツ三ツ沢球技場
南側スタンド
ニッパツ三ツ沢球技場
南側スタンド
ニッパツ三ツ沢球技場
南側スタンドの最上部から

バックスタンド

ニッパツ三ツ沢球技場

バックスタンドはゴール裏スタンドとつながっています。

コーナー付近はピッチが遠くなるため、後方の座席が観やすいでしょう。

ニッパツ三ツ沢球技場 バックホーム後段指定席からの眺め
バック後段20列目(T列)からの眺め

後方の座席はピッチを俯瞰して観ることができますが、より臨場感と迫力あるプレーを楽しみたい場合は、前方の座席が良いですね。

スタンド中央の座席であれば、前方の座席はおすすめです。

スタジアムの特徴

  • 球技専用スタジアムの圧倒的な臨場感
  • 緑あふれる公園の中にあるスタジアム
ニッパツ三ツ沢球技場
メインスタンド
三ッ沢公園
三ツ沢公園案内図
ニッパツ三ツ沢球技場のメインスタンド
メインスタンドの座席
ニッパツ三ツ沢球技場のメインスタンド前
メインスタンド前の関係者駐車場
ニッパツ三ツ沢球技場のメインスタンド
メインスタンドの室内コンコース

【参考】

  • ニッパツ三ツ沢球技場
  • 三ツ沢公園
  • 日本のサッカースタジアム