東京都

味の素フィールド西が丘で観戦

2018年11月23日

J3リーグ 第33節

FC東京U-23vsAC長野パルセイロ

味の素フィールド西が丘

2018年の締めくくりは、初めてのJ3リーグの観戦です!

今回はスタジアムというよりは、スタンドのある練習場といった雰囲気です。

収容人数は7,258人(立見席は2,180人)、J3としては十分な収容能力ですね。

観客席からピッチは近いので、迫力のあるプレーを間近で体感することができます。

スタジアムまでのアクセス

味の素フィールド西が丘」は、本蓮沼駅からスタジアムまで徒歩10分、あるいは赤羽駅からバスに乗って15分、バス停からスタジアムまで徒歩5分という2つのアクセス方法があります。

遠方から新幹線で東京まで来る場合、東京駅から赤羽駅は乗り換えもなく1本で行けるので便利です。

ただ、赤羽駅からバスに乗る必要があるので、東京駅からスタジアムまでの徒歩を含めた総所要時間は、どちらのルートを使っても概ね同じになります。

私は神奈川県に住んでいるので赤羽に行く理由もなく、スタジアムから近い本蓮沼駅へ向かいました。

本蓮沼駅周辺のグルメ

26年間、東京・神奈川で育った私も、本蓮沼駅で降りるのは初めてでした。

これを機に本蓮沼駅周辺でグルメを探してみましょう。

「本蓮沼駅 グルメ」で探すと、美味しそうなラーメン屋さん「さとう」というお店がヒット。

キックオフ2時間前の12時頃に本蓮沼駅へ到着、地上に出てすぐにお店へ着きました。

店内は6席しか座席がなく、店の前には5人程並んでいました。

20分程待って…ようやく入店。

魚介豚骨のつけ麺を注文しました。

美味しいが思ったほどではなかったかな。

でも本蓮沼駅に来て急いでなければ、とりあえずここをおすすめしておきます。

本蓮沼駅からスタジアムへ

お昼ご飯を食べたので、スタジアムへ向かいます。

と言っても、徒歩5分程度、すぐに到着しました。

味の素フィールド西が丘

今日はバックスタンドのホーム自由席。

本蓮沼駅を出てから、蓮沼アスリート通りをまっすぐ進むと右手に入口が見えてきますので、試合会場(左)とテニスコート(右)の間を進みます。

ぐるっと反対側まで周ると、バックスタンドに到着します。

ちなみに周辺には国立スポーツ科学センターや味の素ナショナルトレーニングセンターといった立派な施設があります。

バックスタンドのホーム自由席で観戦

味の素フィールド西が丘
バックスタンドからピッチをみる
味の素フィールド西が丘
ホーム側ゴール裏

天気は快晴、11月下旬ですが、暑いくらいの日光が照りこんでいます。

ホームのFC東京U-23は、J1リーグのFC東京のサテライトチームです。

基本的にはU-23の若手主体のチームですが、トップチームで活躍できない中堅・ベテランも出場することがあります。

今日は元日本代表のFW前田遼一がスタメンで出場、途中交代で入ったのは横浜Fマリノスから移籍した富樫敬真でした。

サテライトチームの試合はFC東京のサポーターがどれくらい応援にくるのか、J1のような応援チャントをするのか、すごく興味がありました。

しかし今日応援に来ていたサポーターの数は少なく、試合中たまに声を出すときはあるが、基本的に暖かく見守っているような様子でした。

(翌日にトップチームが多摩川クラシコの試合を控えていることが影響しているのか、いつも通りの雰囲気なのか、1度の観戦では判断がつきづらいですが…)

ちなみに今日の入場者数は2,438人でした。

J2リーグと比較すると少ないですが、会場が狭いためか、まあまあ観客が入っていたなぁという感覚がありました。

味の素フィールド西が丘

こちらはアウェイゴール裏のAC長野パルセイロサポーターです。

J3リーグは本試合を含めて残り2節、AC長野パルセイロは現在8位とあまり良い成績ではありませんが、多くのサポーターが駆けつけて応援の声もよく出ていました。

AC長野パルセイロは、「長野Uスタジアム」という素晴らしいスタジアムを持っているので、ぜひとも早くJ2に昇格してくれるのを願うばかりです。

味の素フィールド西が丘

試合はAC長野パルセイロが1-0で勝利となりました。

試合内容は当然J1チームと比べて見劣りするものがありましたが、観客も少ないのでゆったりと観戦できたのは良かったですね。

観客席からピッチまですごく近いので、迫力のある試合を楽しめるスタジアムですね。

それではまた次回!

-東京都