目次
  • スタジアム概要
  • スタジアムアクセス
  • スタジアムの特徴
 スタジアム概要
スタジアム名称国立西が丘サッカー場
ネーミングライツ味の素フィールド西が丘
ホームチームFC東京U-23
開場1972年
改修2010年
最寄り駅本蓮沼駅
収容人数7,258
所有日本スポーツ振興センター
運営管理日本スポーツ振興センター
 スタジアムアクセス
  • 本蓮沼駅から徒歩約10分
  • 赤羽駅西口からバスで約15分→徒歩約5分
 スタジアムの特徴

1968年メキシコ五輪で日本代表が銅メダルを獲得後、サッカー人気が高まっている中、1973年に竣工した国立のサッカー専用スタジアムです。2010年にはゴール裏スタンドの立見席に一部座席が設置されました。またメイン・バックスタンドの座席は個別席となりました。(個別席×5,073、立見席×2,180、障害者席×5)

Jリーグでは、J3のFC東京U-23がホームスタジアムとして利用していますが、天皇杯では組み合わせによってはJ1のチームの試合を観られることがあります。2019年天皇杯に法政大学が当スタジアムで東京ヴェルディ、ガンバ大阪と対戦しジャイアントキリングを成し遂げたのは記憶に新しいですね。

サッカー専用スタジアムなので、座席からピッチまで近く臨場感がありますが、ピッチレベルから座席の高さが無いため逆サイドのプレーが見えにくいというのが難点ですね。私が以前観戦した最後部の座席でもそのように感じましたので、試合全体を俯瞰して観たいという人にはおすすめできないスタジアムです。

スタジアム観戦記:味の素フィールド西が丘で観戦

【参考】

  • 東京都サッカー協会|公式HP