南長野運動公園総合球技場

長野Uスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称南長野運動公園総合球技場
ネーミングライツ長野Uスタジアム
ホームチームAC長野パルセイロ
着工2013年12月
竣工2015年2月
最寄り駅篠ノ井駅
収容人数15,491人
所有長野市
運営管理南長野スポーツマネジメント共同事業体
設計竹中工務店・東畑建築事務所・北信土建・千広建設・アーキプランJV
施工竹中工務店・北信土建・千広建設JV
建設費約71.4億円

スタジアムアクセス

篠ノ井駅からシャトルバス

Jリーグ・WEリーグの試合開催日は篠ノ井駅からシャトルバスを利用するのが便利です。

所要時間は約10分程度、運賃は250円。

Jリーグの試合では25分間隔で運行しています。

発車時刻の詳細は「AC長野パルセイロ|公式サイト」の試合インフォメーションで確認しましょう。

篠ノ井駅から徒歩

篠ノ井駅から歩く場合は、40分~50分程度になります。

篠ノ井駅からタクシー

篠ノ井駅からタクシーを利用する場合は、所要7分、運賃は1,940円(2021年時点:JapanTaxi)

座席の紹介

ホーム自由席(バックスタンド2F)

コンパクトなスタジアムなので、2F席でも観やすくピッチ全体を俯瞰して観ることができます。

昼間は日が暮れるにつれて日差しがよくあたりますので、暑さ・逆光による眩しさ・日焼けに要注意です。

■バックスタンド2F席をおすすめする人

  • ピッチ全体を横から観たい
  • チケットを安く購入したい
  • 逆光で日差しが暑くても大丈夫

ホーム自由席(ゴール裏2F)

ゴール裏2Fのホーム自由席は北側にあるので、バックスタンドと同様に昼間は日差しがよく当たります。

南側のゴール裏には2F席がありませんので、ゴール裏からピッチ全体を俯瞰して観ることができるのは、ここだけです。

■ホーム自由席(ゴール裏2F)をおすすめする人

  • ピッチ全体をゴール裏から観たい
  • チケットを安く購入したい
  • 逆光で日差しが暑くても大丈夫

スタジアムの特徴

シンプルなデザインの臨場感あふれるスタジアム

U字型の屋根でホーム感を演出

長野Uスタジアム

ゴール裏のホーム感を演出するために、屋根はU字型の形状でホームゴール裏が包み込まれています。

南スタンドはアウェイ側で日照も確保

長野Uスタジアム

天然芝への日照を確保するために、U形の屋根の無い場所は南側に配置されています。

南側はアウェイ側の座席となっており、 ホーム&アウェイを演出することにも一役買っていますね。

スタンドの傾斜

長野Uスタジアム

1層目スタンドは傾斜角22°、2層目スタンドは傾斜角32°となっています。

外装には有孔折板

長野Uスタジアム

スタジアム外装には防風や防音、照明漏れ効果のある有孔折板を採用しています。

南スタンドの太陽光発電設備

長野Uスタジアム

南側スタンド(アウェイゴール裏)上部には太陽光発電設備が設置されています。

その他

  • ピッチレベルに換気のため可動通風口を設けている。
  • 最前列の座席はピッチのサイドラインから10m程度。
  • ピッチ散水およびトイレ洗浄水において井水利用
  • 28基の散水栓によりピッチ全体の一斉散水が可能となっている。
  • 25人用の更衣室がホーム&アウェイ×2室ずつ、計4室配置されている。
  • スタジアムの構造体には工期短縮等のためにPC(プレキャストコンクリート)部材を多用しているが、北スタンドのコーナー部分は効率性を考えて在来工法(現場打ち)とした。
  • 工事の発注方式は工期短縮のため、設計者と施工者が異なる「設計施工分離方式」ではなく、「DB(デザインビルド)方式(設計施工一括方式)」が採用された。

【参考】

  • 株式会社東畑建築事務所
  • 南長野運動公園総合球技場整備事業|長野市都市整備部|H30.1