パナソニックスタジアム吹田で観戦

2019年2月23日

J1リーグ開幕戦

ガンバ大阪vs横浜Fマリノス

パナソニックスタジアム吹田
パナソニックスタジアム吹田

待ちに待った2019年J1リーグの開幕戦!

パナソニックスタジアム吹田での観戦は今回で2回目になりますが、初めて訪れたときは少なからず感動を覚えた記憶があります。

昨シーズンは宮本恒靖監督の新体制となってから、怒涛の9連勝を記録したガンバ大阪と、昨シーズンから継続してポステコグルー監督のもとアタッキングフットボールを掲げ、今シーズンは大幅にメンバーが入れ替わった横浜Fマリノスとの一戦です。

万博記念公園駅からアクセス

アクセス方法は主に、万博記念公園駅から徒歩15分JR茨木駅からバスで万博記念競技場まで行き、そこから徒歩10分という2つのルートがあります。

京都方面から来られる方はJR茨木駅を利用するのも便利かもしれませんが、多くの人は万博記念公園駅を利用するかと思います。

帰りのルートはもう少し選択肢がありますので、また後程、紹介したいと思います。

万博記念公園駅
万博記念公園駅の改札口

キックオフ2時間前に最寄りの万博記念公園駅へ到着しました!

ガンバ大阪選手のぼり旗を見て、徐々に試合へのテンションが高まってきますね。

太陽の塔
万博記念公園の太陽の塔

万博記念公園はその名のとおり、1970年に日本万国博覧会が開催された場所です。

万博記念公園駅を出ると太陽の塔がそびえ立ち、異様な存在感を放っています。

1970年時代の世界を実際に肌で感じていないものの、その時代のエネルギーを何となく感じるというか、目に見えない何かを感じさせるパワーを持っている建造物ではないかと、現地に行って感じました。

40年も経っているのですから当然ですが、現代社会の建造物としては違和感でしかないですね。

EXPOCITY

万博記念公園駅を出るとすぐに、2015年に開業したEXPOCITYが見えます。

ここはまっすぐ行かずに右手にある階段を上ってスタジアムへ向かいましょう。

万博記念公園駅から吹田スタジアム

EXPOCITY横の階段がこちらになります。この階段は緩やかですが、長いので少しきついです。

パナソニックスタジアム吹田
パナソニックスタジアム吹田

階段を上った後に、歩道橋の上からスタジアムの全景を見ることができました。

周りの風景があまりパッとしませんが、スタジアムはシャープででカッコいい外観!

そしてスタジアムが見えて到着までもうすぐ、と思いきや、スタジアム前の駐車場の周りをぐるっと迂回するので、もう少し時間が掛かります。

このあたりが万博記念公園駅から吹田スタジアムまでの中間地点といったところですね。

パナソニックスタジアム吹田

メインスタンド前に到着!万博記念公園駅からここまで、ゆっくり歩いても15分くらいでした。

パナソニックスタジアム吹田

スタジアムの外観を見ると、そこまで大きなコストをかけていない造りがよく分かる外観です。

装飾的な曲線がなく、すっきりとまとまっていますね。

ガンバ大阪サポーター
決起集会を行うガンバ大阪サポーター

さてキックオフまで1時間半程ありますが、スタジアム内へ入場することにします。

メインスタンド前の階段で入場口まで上り、下をみるとガンバ大阪サポーターが決起集会を行っていたので、つい立ち止まって聞き入ってしまいました。

ガンバ大阪の応援チャントは横浜で観戦していた時もいいなと思っていました。

「オオサカスタイル」が一番気に入っていますが、「ガンバガンバ大阪ガンバ!」というチャントがオリジナリティがありシンプルでかっこいいなと思います!

パナソニックスタジアム吹田 広場

こちらはメインスタンド前の広場です。イベントなどが行われています。

スタジアムの中へ

パナソニックスタジアム吹田

スタジアムの中へ入ると、コンコースからピッチを見ることができます。

コンコースは歩いているといつのまにか1周してしまいそうな程、コンパクトな規模ですね。

日産スタジアムのようなスケールの大きい高揚感と、ヤマハスタジアムのようなコンパクトなスタジアムの臨場感といった対照的な感覚を同時に味わえるスタジアム。

ちなみにコンコース内には大阪名物、たこ焼きの「くくる」の売店が3か所ありましたが、どこも長蛇の列で大人気でした。

なので今回はたこ焼き、あきらめました…。

パナソニックスタジアム吹田
コンコースからピッチをみる
パナソニックスタジアム吹田

上の2枚の写真は座席エリアに入らずにコンコースから撮影したものです。

コンコースからでもこんな写真を撮れてしまうのです。素晴らしいですね。

メインスタンドのカテゴリー1で観戦

パナソニックスタジアム吹田

座席に着きました!今日はカテゴリー1指定席です。

本当はもっと真ん中の方で見たかったのですが、熾烈なチケット争奪戦。中央の座席はほとんど空いていませんでした。

今回はコーナーに近い位置の座席に。

こんなに素晴らしいスタジアムなのにチケットはお手頃価格なのがまた良いところですね。

パナソニックスタジアム吹田

こちらはアウェイゴール裏、横浜Fマリノスのサポーター席です。

アウェイ席は狭いので、ホームより一体感が生まれるのではないかと思います。

座席がマリノスゴール裏に近かったこともありますが、今日は特に応援の圧力がすごかった気がします。

ホームガンバ大阪の応援をアウェイ横浜Fマリノスが圧倒していたのではないかと思うほどでした。

パナソニックスタジアム吹田

ガンバ大阪の2019開幕戦コレオグラフィーです。

青黒と日光であんまりパッとしないのが残念!

ガンバ大阪vs横浜Fマリノス

パナソニックスタジアム吹田
ガンバ大阪vs横浜Fマリノス

最高に良い雰囲気で開幕戦キックオフです!

試合は開始早々、前半1分にガンバ大阪が小野瀬康介の得点で先制します。

しかし前半3分、横浜Fマリノスは仲川輝人のゴールですぐに同点に追いつきます。

その後、三好康児のスーパーミドルで追加点、エジガル・ジュニオがさらに得点を重ね、前半で1-3で横浜Fマリノスのリードとなりました。

後半に入るも、変わらず横浜Fマリノスが終始ポゼッションでゲームを支配する展開。

後半終了間際の88分に藤春廣輝のゴールでガンバ大阪が1点を返しますが、試合は2-3で横浜Fマリノスの勝利となりました。

パナソニックスタジアム吹田
試合後の横浜Fマリノス”勝利のトリパラ”

結果は1点差でしたが、内容は横浜Fマリノスが圧倒した試合で、新しいサッカースタイルに苦しんだ昨年とは違うところを見せられたのではないかと思います。

特に新加入の三好康児のプレーは圧巻、チームとしては昨年よりもグレードアップしたアタッキングフットボールによって魅せられた楽しい試合でした。

パナソニックスタジアム吹田
試合終了

パナソニックスタジアム吹田は観戦環境としては国内最高クラス。

何度も行きたくなるスタジアムだと思いました。

ぜひ一度は足を運んでみることをおすすめします!

それではまた次回!