神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で観戦

2019年9月18日

天皇杯ラウンド16

ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場は2002年までヴィッセル神戸がホームスタジアムとして使用していましたが、今はヴィッセル神戸はノエビアスタジアム神戸を本拠地としているので、Jリーグではなかなか使用されることのないスタジアムです。

今日は平日の水曜日ですが、こういうたまに使用される機会をねらい、午後は休みをとって観戦にやってまいりました!

総合運動公園駅からアクセス

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場のアクセスはいたってシンプルです。

公園内にある総合運動公園駅を出て5分程歩くとスタジアムへ到着です。

総合運動公園駅
総合運動公園駅

総合運動公園駅を出ると公園の広場になっています。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

総合運動公園駅を出て少し歩くと大きな橋が現れ、スタジアムが見えてきました。

4万5千人収容可能な大きなスタジアムですが、主張せずに周りの風景に溶け込んでいるように思えますね。

近くの道路が斜面になっているので、おそらく元々スタジアムの場所は山だったのだと思いますが、斜面地に合わせて埋め込むように作ることで、周囲からはあまり高さを感じないようになっているのではないかと想像しました。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

橋を渡ってメインスタンドの前まで来ました!

近くまで来てみるとやはりスケールの大きさは感じますね。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場の開場は1985年、西日が当たりコンクリート打放しの外観が歴史を感じさせます。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンド前
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

天皇杯なのでスタジアムグルメはあまりやっていないかな…と思い、今日はコンビニでおにぎりを買ってスタジアムの中で食べることにしました。

メインスタンドの中へ

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンドからピッチをみる
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンドからゴール裏をみる
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンドからゴール裏をみる

キックオフ1時間半前にはスタジアムの中へ入りました。

今日の座席はSS指定席右側、つまり川崎フロンターレ寄りの座席です。

ちなみに平日開催の天皇杯ということもあり、川崎フロンターレ側の座席はがらがら、ヴィッセル神戸側の座席は満席に近いくらい入っていたのではないかという感じでした。

チケット購入時に座席指定ができなかったので、前から2列目というすごく前の方の座席となり、陸上競技場としては少し観づらい座席となってしまいました。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
SS指定席の座席

SS指定席の座席はこのように背もたれとひじ掛け付きの座席になっています。

どのスタジアムでも、席が埋まっているときは隣の人との距離感が気になるところですが、仕切り感があるのは良いですよね。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

前評判は今シーズンJ1リーグ3連覇を目指す王者”川崎フロンターレ”が勝つと思われていると思います。

しかし川崎フロンターレも好きだが、今日は中立な立場での観戦ではなくて、ヴィッセル神戸を本気で応援したい気分。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
パイプ椅子のベンチ

こちらは監督・コーチ・控え選手が使用するベンチ席ですが…まさかパイプ椅子とは…。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

平日開催なのでゴール裏の川崎フロンターレサポーターは少なめですね。

ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ

ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ
ヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ

選手が入場しました!

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

試合が始まりました!

やっぱり陸上トラックがあるとピッチが遠いですね。

近いサイドのプレーは楽しめますが、逆サイドは何が起こっているのかよく分からないですね。

ただおかげで前半はヴィッセル神戸の右サイドバック西大伍のプレーの巧さがよく分かりました。

試合は正直観づらいですが、ベンチ前でウォーミングアップしている選手の様子がよく分かりますので、選手を近くで見たり写真撮ったりしたい方には良い座席だと思いますね。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
後半キックオフ
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
後半は座席を移動しました

アウェイ側のSS指定席は空席がたくさんあったので、誰も使っていない座席であることを判断してから、後半はもう少し後ろの方に座席を移動してみました。

前から2列目の座席とは違って、ピッチ全体を見渡せるようになり、より試合を楽しく観れるようになったので良かったです!

試合は前半終了時点でヴィッセル神戸が2-0のリード。

後半には追加点を挙げて、一時は3-0でヴィッセル神戸のリードという予想外の展開でした。

ただ川崎フロンターレもこのままでは終わらないだろうと思っていたところ、案の定2点取り返しましたが、3点差をひっくり返すことはできず、3-2でヴィッセル神戸の勝利となりました。

やっぱりボールポゼッション主体のチームの対戦は見ていて楽しいですね。

ヴィッセル神戸はGKに飯倉大樹、DFに現役ベルギー代表のトーマス・フェルマーレンや元日本代表の酒井高徳が加入してからチームに安定感が出てきたように思います。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場は駅近でアクセスが良く、今日は純粋に楽しいサッカーを観戦できて良かったです!

それではまた次回!