ノエビアスタジアム神戸
 目次
  • スタジアム概要
  • スタジアムアクセス
  • 座席の紹介
  • スタジアムの特徴と歴史
 スタジアム概要
スタジアム名称御崎公園球技場
ネーミングライツノエビアスタジアム神戸
ホームチームヴィッセル神戸
竣工2001年10月(1次整備,2002W杯開催時)
2003年春グランドオープン(2次整備)
最寄り駅御崎公園駅
収容人数28,425
所有神戸市
運営管理楽天ヴィッセル神戸
設計者大林組・神戸製鋼所JV
施工者大林組・神戸製鋼所JV
建設費約230億円
 スタジアムアクセス

ノエビアスタジアム神戸は「御崎公園駅」から徒歩5分程度と、アクセスは非常に便利です。三ノ宮方面からアクセスの場合は、1つ手前の地下鉄「和田岬駅」で降りるのも良いでしょう。JR和田岬駅もありますが、本数が少ないのでこちらは無いものと考えてよいかと思います。

スタジアムへ行くときは上記のアクセスで問題ないのですが、帰りは混雑するので人混みが嫌だという方は、兵庫駅まで歩いて帰ることをおすすめします。Googlemapでは少し遠回りのルートが表示されていますが、徒歩20分以内で到着すると思います。ルートは下記のようにバックスタンド側から出てJRの線路を渡り兵庫運河を越えます。この後、下記のルートでは入江通2丁目交差点まで真っすぐ進み兵庫駅北口まで迂回するようになっていますが、ここまで行かずにセブンイレブン神戸小河通5丁目店の近くに地下道がありますので、そこを通って兵庫駅南口に行くことができます。

 座席の紹介

ヴィッセル神戸にアンドレス・イニエスタが加入して以来、ノエビアスタジアム神戸でのヴィッセル神戸ホームゲームはチケットの価格が他チームと比較して高めの価格帯と言えますね。私がはじめてノエビアスタジアム神戸で観戦したのは、イニエスタが加入後となりますが、これまで観戦した座席と当時の価格は下記の通りです。

バック指定中央 4,000円2018年
バック自由 3,000円 2018年
RakutenSS指定 6,000円 2019年
メイン上段指定 5,000円 2020年
ヴィッセルシート 10,000円 2020年

2018年まではバックスタンドに自由席がありましたが、現在は南・北スタンドを除いて全て指定席となっています。チケットの価格は2018年→2019年で最も安いサポーターズシートでも1,300円程値上がり、その他の座席についても3,000円以上値上がりした座席もありました。また現在はチケットの価格は需要に応じて変動するダイナミックプライシングを採用しているため価格帯に幅はありますが、基本価格は近年急激に上昇しましたね。

このように2020年は、チケットの価格が高騰している状況ですが、どこの座席で観戦するのが良いでしょうか?

もちろん人によって好みは異なりますが、どの座席も価格が高いことを考えると、やはりできる限りピッチに近い座席で観るのが良いと思います。球技専用スタジアムなので臨場感は抜群です。

下記では私が実際に観戦した座席を紹介します。

バック指定中央→ビッグA指定

まずは2018年に初めて観戦した、当時はバック指定中央という座席です。おそらく今はビッグA指定席だと思われます。

フィールド全体を眺めることができ臨場感もあるため、全座席の中で最もコストパフォーマンスの良い座席ではないかと思います。ただそれでも現在のチケット価格は高く、同じ関西のパナソニックスタジアム吹田のカテゴリー1やサンガスタジアムのメインS指定席などのグレードの高い座席よりも高価な座席となっています。

バック自由→ビッグ上段指定

2018年バックスタンドには広いエリアに自由席がありましたが、現在は全て指定席となりました。他のスタジアムと比較するとチケット価格は高めの水準ですが、ノエビアスタジアムの中では安価な方ですので、人気のある座席だと思われます。エリアは広く座席によって見え方が大きく異なるため、早めにチケットを購入することで前方中央寄りの座席を確保できれば良いですね。ビッグ上段指定席の中央最前列の座席を取ることができれば、ビッグSS指定席とほぼ変わらない見え方で観戦することができます。

RakutenSS指定→メインSS指定

メインSS指定席は選手のプレーを間近で観ることができます。バックスタンドのビッグS指定席と試合の見え方は同じですが、メリットは選手入場時に正面近くで選手を見られることや、ベンチの選手や監督を間近で見られることですね。試合だけ楽しめれば良いという人は、バックスタンドのビッグSS指定席が中央で観ることができるのでおすすめです。メインスタンド中央のヴィッセルシートの価格は1万円を超えるので、なかなか手が出せない高価な座席ですね…。

メイン上段指定

下の写真は、メイン上段指定席の最後部の座席からの眺めになります。一番後ろの座席だとどのように見えるのだろう…と実際に試してみた座席になりますが、正直なところピッチまで遠いので5,000円という価格を考えると少し勿体ない座席だったなと思いました。やはりノエビアスタジアム神戸はできる限りピッチに近い座席が良いと身をもって体感することができました。

ヴィッセルシート

ヴィッセルシートは、ピッチへの視角はメインSS指定席と同等ですが、メインSSよりピッチの中央から試合を観ることができます。臨場感が抜群に良くて素晴らしい座席ですが、価格が高額なのがネックですね。ヴィッセルシートもメインSS指定席も前の方の座席になる程、逆サイドのプレーが見えづらくなるのは同じですので、普段はメインSS指定席にしておき、ここぞというときにヴィッセルシートにするのが良さそうですね。私が観戦に行ったのは特に好きなチーム同士の試合でしたので、ベンチの様子や選手入退場なども含めて凄く楽しめたので、価格は気にならず大満足でした。

 スタジアムの特徴と歴史
神戸市立中央球技場(1970年~)

現在のノエビアスタジアム神戸は、1970年春に神戸市立中央球技場としてオープンしました。当時バックスタンドは立見席でゴール裏は芝生席でしたが、メインスタンドには立派なスタンドが設けられ、収容人数は22,100人だったようです。

神戸ウイングスタジアム(2001年10月~)

2002年日韓ワールドカップ開催に合わせて改築が決定し1999年10月に着工。2001年10月に竣工を迎え、42,000人収容の国際規格のスタジアムに生まれ変わりました。現在のノエビアスタジアム神戸には面影もありませんが、スタジアムから観客席がはみ出している姿が印象的です。近年ではロシアワールドカップで使用されたエカテリンブルクのセントラルスタジアムの仮設席が話題になりましたが、日本でもこのような仮設席があったことがすごく新鮮に感じます。

神戸ウイングスタジアム(2003年~)

日韓ワールドカップ終了後の2002年7月より第二次整備工事に着手し、南北スタンドの仮設席が撤去されました。開閉式アルミ屋根が増築され、スタジアム内にはパノラマレストランやスポーツジム施設が整備されました。

  • 開閉式屋根を有する全天候型のスタジアムへ
  • 井水熱を利用した座席空調を完備
  • GOALシステムによる天然芝の育成
  • ピッチ全面を移す天井フォーメーションカメラの導入
  • アフタースポーツケア施設を併設
  • 研修施設を併設
  • 多目的芝生広場を整備
  • ピッチと同レベルのパノラマレストランを併設
 ホームズスタジアム神戸(2007年3月~)

2007年3月1日から神戸ウイングスタジアムの名称が「ホームズスタジアム神戸」に変更されました。

 ノエビアスタジアム神戸(2013年3月~)

2013年3月1日から株式会社ノエビアがネーミングライツを取得し、スタジアム名称は「ノエビアスタジアム神戸」となりました。

 2018年シーズンよりヴィッセル神戸は新時代へ

2018年4月1日から10年間、楽天ヴィッセル神戸(株)がノエビアスタジアム神戸の運営管理事業者となることが決定し、「新スタジアム構想」が発表されました。コンセプトは『スポーツ興行からエンターテイメント興行へ』『スタジアムからスポーツパークへ』『今までの日本に無かった新しいスタジアムの創出へ』『日本初のハイブリッド芝ピッチで、ヴィッセル神戸が勝てるスタジアムへ』2018年から下記のように様々な改革・試みが為され、2020年には遂に初タイトルを獲得しました。

  • 南スタンドのサポーターズシート拡張
  • 新席種:ボックス8
  • 新席種:プレミアム4
  • 新席種:ピッチサイド4
  • その他座席も席種が変わり、全体的に価格上昇
  • ハイブリッド芝の導入
  • アンドレス・イニエスタを筆頭に海外スター選手を獲得
  • ホームゲーム開催時の完全キャッシュレス化
  • QRチケットによる電子ゲートの導入
  • 2019シーズン天皇杯優勝
  • 2020ゼロックススーパーカップ優勝
  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、鳴り物応援禁止を試みる
1.ホームサポーターズシートの拡張

南スタンドの座席を拡張したことは、「ヴィッセル神戸が勝てるスタジアム」になるために大きな影響を与えるものだと思います。これまではアウェイ側の北スタンドと同様に座席がピッチから少し高いところに位置していましたが、よりピッチに近い位置に座席が設置されることで、ピッチの選手にとっては以前よりもヴィッセル神戸サポーターの応援の圧が感じられることになったのではないかと思います。ヴィッセル神戸の選手にとってはプレーの後押しとなり、アウェイチームの選手にとっては威圧感があるような、ホームスタジアムのメリットを活かすことができるようになりました。

しかし座席の拡張によって、南スタンド下にあったパノラマレストランの機能が失われてしまいました。パノラマレストランとは、南スタンド座席下の壁がガラス張りとなっていることで、レストランの食事を楽しみながら選手と同じレベルでピッチを観ることができる場所ですが、他のスタジアムにはないノエビアスタジアム特有の場所でもあったので少し残念ではありますね。ホームとアウェイを南北で反対にして北スタンドを拡張すればパノラマレストランも残すことができて良かったのではないかと、単純には考えられたと思いますが…。

2.海外スター選手の獲得

スタジアムの整備だけではなく、楽天の三木谷社長は海外のスター選手を次々と獲得するようになりました。2017年には既に元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキが入団していましたが、2018年にはFCバルセロナを退団したスペインの至宝アンドレス・イニエスタを獲得し、2019年には同じく元スペイン代表の歴代得点王ダビド・ビジャや現役ベルギー代表のトーマス・フェルマーレンを獲得。さらには海外選手だけでなく、元日本代表の酒井高徳山口蛍西大伍など日本人の実力者も獲得し、1~2年でヴィッセル神戸はスター軍団へと変貌しました。初めはチームとして上手く機能せずに苦しい状況が続いていましたが、2019シーズン後半よりチームがフィットし始め、2019天皇杯優勝、2020ゼロックススーパーカップでは2019年度J1リーグ覇者である横浜Fマリノスを破り優勝と、一気に強豪チームへと変わりつつあるのではないかと思います。

3.IT化の推進・チケット価格の高騰
  • 2020年に「スマートスタジアム構想」が掲げられ、IT技術を活用した取り組みが推進されています。
  • ヴィッセル神戸ホームゲーム開催時のスタジアムでの買い物は現金払いが不可となり、完全キャッシュレスとなりました。2020年時点で利用できる決済方法は「楽天ペイ」「楽天Edy」「クレジットカード」「デビットカード」のみとなります。楽天がオーナーなので仕方がありませんが、アプリ決済や電子マネーについては楽天以外にも利用できるものが増えると良いと思いますね。
  • QRチケットをタッチして入場する電子ゲートが導入されました。Jリーグ各試合でQRチケットが導入されていますが、チームによってはスタジアムに行ってから紙のチケットに発券する必要がありました。電子ゲートにより自分でQRをタッチすれば入場できるようになりました。ただ実際に利用してみたところ、QRをタッチすれば駅の改札のように自動でゲートが開くのかと思いきや、ゲートは自分で押して通過するターンスタイル式の電子ゲートでした…。

ヴィッセル神戸・ノエビアスタジアム神戸は様々な取り組みを進めているところですが、観戦者にとって一番残念なのはチケットの価格が高騰してしまったというところかもしれません。スター選手を多く獲得する以上、クラブ運営資金は多く掛かりますし、需要があるので適正水準といえるとは思いますが、昔からヴィッセル神戸を応援してきた人にとってはインパクトは大きいのではないかと想像されます。

【出典】

  • NOEVIR STADIUM KOBE|公式HP
  • ヴィッセル神戸|公式HP
  • 大林組|公式HP