約4万人収容・国際規格のサッカー専用スタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称市立吹田サッカースタジアム
ネーミングライツパナソニックスタジアム吹田
ホームチームガンバ大阪
着工2013年12月
竣工2015年9月
最寄り駅万博記念公園駅
収容人数40,000人
所有吹田市
運営管理株式会社ガンバ大阪
企画設計・CMr安井建築設計事務所
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
建設費約141億円
構造・階数RC・PCa・S
地下1階・地上6階
敷地面積90,065㎡
建築面積24,695㎡
延床面積63,908㎡

スタジアムアクセス

  1. 万博記念公園駅から徒歩15分程度
  2. 茨木駅から臨時バス→万博記念競技場から徒歩10分程度
  3. 公園東口駅から徒歩10分程度

スタジアムへのアクセスは基本的には上記となりますが、帰りは上記以外にもシャトルバスが出ている場合がありますので、試合日近くにガンバ大阪のホームページなどを確認されると良いと思います。

私はメインスタンド前から出ている阪急山田駅行きのバスをよく利用しています。阪急山田駅から大阪市内に1本で行けますので、万博記念公園駅まで歩いて電車を乗り継いで行くよりも便利ですね。その他にも新大阪駅西梅田駅淀屋橋なんばまで行くバスが出ていることもあります。

また京都方面へ帰るという方は、若干遠いですがJR千里丘駅まで30分程かけて歩くという選択肢もあります。その場合はゲート4の近く(バックスタンド,ガンバ大阪ゴール裏方面)にスタジアム外へ出る通路がありますので、そこから千里丘駅へ向かいましょう。

座席の紹介

座席図は「ガンバ大阪オフィシャルサイト」を参照ください。(※シーズンによって座席名称が変わる場合はあります。)

私がこれまで観戦した座席はカテゴリー1・カテゴリー2・カテゴリー4フロントビュー・カテゴリー6下層・上層になりますが、この中の座席の特徴やおすすめなど紹介できればと思います。

カテゴリー1

カテゴリー1は、エキサイティングシートやVシートなど除く座席の中では一番高価な座席となります。

選手のプレーを間近で観ることができ臨場感が抜群です。

サッカー専用スタジアムの醍醐味を味わうことができますので、初めてのパナソニックスタジアム吹田での観戦におすすめします。

ただピッチに近い分、逆サイドのプレーは見えづらくなりますのでご注意ください。

 こんな人におすすめ

  1. サッカー専用スタジアムならではの臨場感やプレーの迫力を味わいたい
  2. 選手を間近で観たい
  3. 試合を横から観たい
  4. 選手入場時に前から選手を観たい
  5. ベンチの選手や監督の様子も近くで観たい
  6. 日陰で観戦したい
  7. 帰りは万博記念公園駅方面やバス乗り場に近い方が良い

 ●デメリット

  1. ピッチの見え方が同じカテゴリー2と比較してチケット価格が高い
  2. 前の方の座席だと逆サイドのプレーが見えづらい

カテゴリー2

カテゴリー2はカテゴリー1と同様の見え方になりますので、少し価格も抑えたいという方におすすめです。

日中は逆光の日差しを浴びる場合がありますので、特に夏場は注意です。

 ●こんな人におすすめ

  1. サッカー専用スタジアムならではの臨場感やプレーの迫力を味わいたい
  2. 選手を間近で観たい
  3. 試合を横から観たい
  4. チケット価格は安い方が良い
  5. JR千里丘駅を利用する方は便利

 ●デメリット

  1. 前の方の座席だと逆サイドのプレーが見えづらい
  2. 座席や試合時間、天候によっては逆光の日差しを浴びる場合がある
  3. 万博記念公園駅方面やバス乗り場から遠い

カテゴリー4フロントビュー

カテゴリー4フロントビューは上層スタンドの中で前方の座席のため、試合を俯瞰して観ることができ、上層スタンドの中では臨場感がある座席になります。

 ●こんな人におすすめ

  1. 試合を俯瞰して観たいがピッチに近い(臨場感がある)方がよい
  2. 試合を横・コーナーから観たい
  3. 帰りは万博記念公園駅方面やバス乗り場に近い方が良い

 ●デメリット

  1. カテゴリー2と価格が同じ(スタンド上層の割に価格が高め)
  2. カテゴリー4前方の座席であれば、フロントビューと大差はないと思われます

カテゴリー6下層

カテゴリー6下層はアウェイゴール裏の横に位置する座席になります。

ホームチームのサポーターでゴール裏から観戦したいけど、ゆったり静かに観戦したいという方におすすめです。

価格も安く、ゴール近くでの攻防は迫力がありますので、サッカー専用スタジアムの楽しみを味わうことができます。

逆サイドのプレーは見えづらくなりますが、近いサイドでゴールシーンを観ることができれば最高ですね。

 ●こんな人におすすめ

  1. サッカー専用スタジアムならではの臨場感やプレーの迫力を味わいたい
  2. ゴールシーンを間近で観たい
  3. 選手を間近で観たい
  4. 試合をゴール裏から観たいがゆったりと観戦したい
  5. チケットを安く買いたい

 ●デメリット

  1. 逆サイドのプレーが見えづらい

カテゴリー6上層

カテゴリー6上層もカテゴリー6下層と同様に価格は安く、ゴール裏からゆったりと俯瞰して観戦したいという方におすすめです。

カテゴリー6下層よりも比較的、逆サイドのプレーは遠いですが多少見えるようにはなります。

 ●こんな人におすすめ

  1. 試合を俯瞰して観たい
  2. 試合をゴール裏から観たいがゆったりと観戦したい
  3. チケットを安く買いたい

 ●デメリット

  1. ピッチが遠いため逆サイドのプレーが見えづらい

スタジアムの特徴

スタジアムを実際に訪れて…

パナソニックスタジアム吹田に初めて訪れたときは、サッカー専用スタジアムなので座席からピッチが観やすいという点はさることながら、スタジアム内に入場してから座席へ着くまでのアプローチ部分、つまりスタジアム内のコンコースには感動を覚えたほどでした。

なぜかというとコンコースに居ながら美しい緑のピッチが視界に広がっている。

従来の陸上競技場のようなスタジアムは、入口ゲートからスタジアムのコンコースに入り、そこから更に座席に向かう入場口を通り、初めてフィールドを見ることができるという構造が多いですね。

しかしパナソニックスタジアム吹田はコンコースと座席、フィールドが空間として繋がっていることが新鮮でした。

コンコースから素晴らしいフィールドを眺めることができます。

約4万人収容の大規模なスタジアムでありながら、中に入ってみると思ったよりもスタジアムが小さくも感じます。

これは私が日産スタジアムのような大規模な陸上競技場に慣れてしまったゆえであると思いますが、パナソニックスタジアム吹田は大規模なスタジアムならではの壮大なスケールの迫力を持ちながら、サッカー専用スタジアムならではのコンパクトな臨場感を合わせ持ったスタジアムであると思いました。

ヨーロッパではこのようなスタジアムはたくさんあるのでしょうが、日本では間違いなく国内最高のスタジアムのひとつであるといえるでしょう。

スタジアムの建築的特徴

  • 建設費約141億は民間企業や個人の寄付金、助成金で全て賄った。
  • 最前列の客席とピッチとの最短距離は7m
  • 下層スタンドの勾配は20°~27°
  • 上層スタンドの勾配は35°
  • 部材の寸法や形状を統一し、曲線の少ない建物形状とすることで、工期やコストを縮減した。
  • 従来の同規模スタジアムよりも面積を削減し、コンパクトなスタジアムを実現。
  • スタンド席は層を重ねることで、屋根を低く・小さくしている。
  • プレキャスト部材(工場で製作搬入)を多用することで、現場の人員を削減・工期短縮。
  • 構造躯体の70%をPCa化し型枠使用量を大幅に削減。基礎部分は100%PCa化を実現。
  • 3階コンコースの一部に圧縮強度200N/mm2の超高性能コンクリートを用いたスリム柱を採用した。(適用本数:10本、断面360mm×360mm、開発:竹中工務店)
  • 設計施工一括発注方式により、設計段階から施工者の技術力を活かした提案。
  • スタジアムのデザインは、上部から見ると選手たちが肩を組みスクラムを組んでいるイメージ。
  • 南スタンドの屋根は太陽光を透過させるために、一部ガラス素材となっている。
  • スタンド下部には通風口が設けられ、風通しを良くしている。
  • ホームゴール裏(北スタンド)はサポーターの一体感をつくりだす為に、スタンドの下層と上層の間に位置するVIPエリアが設けられていない。
  • 屋根の大梁を斜めに架けた世界初の3Dトラス構造を採用。鉄骨量を31%削減し、軽量化とコストダウンを実現した。
  • 屋根の下部には免震装置を設置し、安全性を確保している。
  • ソーラーパネルやLED照明を採用し、CASBEEのSランクを取得。
  • 雨水利用・太陽熱温水器の採用。
  • スタジアム2階入口へのアプローチである大階段はチェッカープレートを使用した鋼製階段となっており、まるで非常階段や建設現場の仮設のような簡素な造り
  • スタジアム内は内装仕上げを極力用いない質素な造り
  • 5回コンコースの外周部に取り付けられた覆い壁によって雨や日射を制御。

 【参考】

  • 竹中工務店|公式HP
  • 「スポーツ事業マネジメントの基礎知識」金森喜久男(著) 東邦出版
  • パナソニックスタジアム吹田|公式HP
  • 新建築2015年12月号