日産スタジアム

横浜国際総合競技場

日産スタジアム
日産スタジアム
日産スタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称横浜国際総合競技場
ネーミングライツ日産スタジアム
ホームチーム横浜Fマリノス
着工1994年1月
竣工1997年10月
収容人数72,327人
所有横浜市
運営管理横浜市スポーツ協会・横浜Fマリノス・管理JV
設計者松田平田設計・東畑建築事務所JV
施工者竹中工務店・奈良建設JVほか
総工費約607億円
敷地面積14.2ha
構造プレキャスト・プレストレスト・コンクリート造(PC圧着工法)
屋根:S造、人工地盤部一部RC造・S造
階数地上7階建て
敷地面積164,054㎡
建築面積67,050㎡
延床面積171,024㎡
最高高さ52m
フィールド107m×73m

スタジアムアクセス

新横浜駅から徒歩

新横浜駅から「バックスタンド前(東ゲート)」まで徒歩約15分。

バックスタンド前(東ゲート)から反対側のメインスタンド前(西ゲート)まで徒歩約5分です。

小机駅から徒歩

小机駅から「メインスタンド前(西ゲート)」まで徒歩約7分。

メインスタンド前(西ゲート)から反対側のバックスタンド前(東ゲート)まで徒歩約5分です。

車でアクセス(駐車場)

■新横浜公園内の駐車場

駐車場台数
第1駐車場427台
第2駐車場93台
第3駐車場136台
出典:日産スタジアム|アクセス

上記のように新横浜公園内に駐車場はあるものの、スタジアムの収容人数の割には駐車台数が非常に少ないです。

車でアクセスしたい場合は、下記サイトにて予約するのが安心です。

「日産スタジアム」と検索してスタジアム周辺の駐車場を探してみましょう。

座席の紹介

さかとり
さかとり

以下では、わたしが実際に現地で観戦した座席を紹介。

日産スタジアム_座席図
出典:横浜Fマリノス公式サイト

メインSSS

日産スタジアム メインSSS席から
メインSSS(12列256番)
日産スタジアム メインSSS席から
メインSSS(17列421番)

メインSSSは日産スタジアムのなかでは高価格帯のチケットで、ピッチに近い位置で臨場感のある試合を楽しめます。

ただしメインSS(1階)でも見え方は大きく変わらないので、少しでもチケットを安く買いたい場合は「メインSS(1階)」の方がよいでしょう。

日産スタジアム メインSSS席から

選手が入場してくるときも近くで見られますね。

日産スタジアム メインSSS席から

選手入場時の整列写真を撮りたいかたにとっては、最も良い座席です。

日産スタジアム メインSSS席から
17列目から撮影

通路より前方の座席(~18列目)は雨に降られるので、雨天時はポンチョや荷物が濡れないように被せるポリ袋などを用意して万全の対策をしましょう。

メインSSSをおすすめする人

  • 日かげで観戦したい
  • 選手を近くで見たい
  • 臨場感のある試合を楽しみたい
  • 小机駅に近いほうがよい
  • 選手入場時に正面から選手を見たい
  • メインSS(1階)よりも更に試合を楽しみたい

19列目以降の座席

日産スタジアム メインSSS 18列目以降

日産スタジアムのメインSSS席は、中央エリアだけでなく上図のようにSS席やSA席の後ろにもあります。

座席グレードの低いSS席やSA席と同じなら損では?と思いますよね。

ところが上図の座席は下記のメリットがあるのです。

  • 座席間隔が広い
  • 雨に降られない(屋根がある)
  • 通路前方のSSS席よりもピッチ全体が見やすい
日産スタジアム メインSSS席

19列目以降にあるメインSSS席の一番のメリットは、座席両側にひじ掛け(ドリンクホルダー)が付いていて、座席間隔が広いことです。

一般の座席では、男性が隣り合うと肩が接触してしまうくらい狭いですが、となりの人に触れずにゆったりと観戦できるのはよいですね。

日産スタジアム メインSSS席
メインSSS席 21列250番から
日産スタジアム メインSSS席
メインSSS席 21列250番から

19列目以降のメインSSS席には屋根があって雨に降られにくいのもポイントです。

風が強いと降られる可能性があるので、念のためポンチョなど雨具を用意しておくと安心ですね。

日産スタジアム メインSSS席
メインSSS席 21列250番から

通路前方(~18列目)のメインSSS席よりも高さがあるので、ピッチ全体がやや見やすいです。

ただピッチ中央よりもゴール側に近いので、逆サイドのプレーが遠く感じます。

日産スタジアム メインSSS席
メインSSS席 21列250番から

逆サイドは遠く感じるものの、座席に近いサイドでは臨場感あるプレーを楽しめますね。

メインSS(1階)

日産スタジアム
メインSS(10列431番)

メインSS(1階)は選手を近くで見たい臨場感のある試合を楽しみたい方におすすめの座席です。

スタンド中央のメインSSSと比較しても見え方は大きく変わらないので、メインSSSと迷っているけどチケットを安く買いたいならメインSSがよいでしょう。

またメインSSSよりもベンチに近いので、ウォーミングアップしている選手を近くで見られるメリットがありますね。

日産スタジアム メインSS席
メインSS(14列442番)

「1階席は傾斜が緩くて見えにくい」という意見も多くあると思います。

確かにゴール裏やスタジアムのコーナー部分は、ピッチと距離があるので見えにくいですね。

ただ、わたしが以前にメインSSの10列目や14列目の座席で観戦したときは「十分に楽しめる」と感じる座席でした。

1階席でもメインスタンドあるいはバックスタンドの中央にいくほどピッチ全体が近くなるからです。

逆サイドのプレーは、2階席と比べるとやや見えにくく、ピッチ内でプレーする選手間の位置関係が分かりにくいという難点はありますね。

なので試合全体の流れを細かく見たい方には2階席をおすすめします。

日産スタジアム メインSS席

メインSS(1階)をおすすめする人

  • 日かげで観戦したい
  • 選手を近くで見たい
  • 臨場感のある試合を楽しみたい
  • 小机駅に近いほうがよい
  • 選手入場時に正面から選手を見たい

メインSS(2階)

日産スタジアム
メイン2階18列441番からの眺め

メインSS(2階)のなかでも中央寄りの座席は、ピッチを俯瞰して観ることができます。

選手の動きもよく見えるので、「日産スタジアム」のなかでは観戦しやすい座席ですね。

メインスタンド2階中央部分は、実況席などが配置されています。

そのため、8列目までは座席がありません

2階席で、よりピッチに近い位置で試合を観たい場合は、バックスタンド中央の前方の座席(SBまたはバックアッパーゾーン)がおすすめです。

メインSS(2階)をおすすめする人

  • 日かげで観戦したい
  • 2階からピッチ全体を観たい
  • 小机駅に近いほうがよい
  • 選手入場時に正面から選手を見たい

メインサイド(2階)

日産スタジアム
メイン(北側)19列51番からの眺め
日産スタジアム メインサイド
メイン(北側)9列19番からの眺め

メインサイド(2階)は、メインスタンドのコーナーに位置する座席です。

通路より上部の座席(14列目以降)は、他の座席と比較して競争率が低いので、ゆったりと観戦できます。

メインスタンドは日かげになるので、昼間の試合でも快適に観戦できますね。

メインサイド(2階)をおすすめする人

  • 日かげで観戦したい
  • 2階からピッチ全体を観たい
  • 小机駅に近いほうがよい
  • 人が少ないところでゆったり観戦したい(満員の試合を除く)

バックアッパーゾーン(2階)

日産スタジアム
10列275番からの眺め
日産スタジアム
13列202番からの眺め

バックアッパーゾーンは、2階席でピッチ全体を観ることができ、価格もSB席やSS席と比べて安い座席です。

日産スタジアムのなかではコスパのよい座席と言えるでしょう。

大規模な陸上競技場なのでピッチは遠く感じますが、十分に満足できる座席ですね。

昼間は逆光となり、特に前列の座席は日が当たるので、ナイターの試合でおすすめします。

また、なるべく前の方の座席かつ中央寄りのSBに近い座席を選ぶと、より試合が観やすくなります。

バックアッパーゾーンをおすすめする人

  • 2階からピッチ全体を観たい
  • 新横浜駅に近いほうがよい
  • なるべく安いチケットがよい

ゴール裏(1階席)

日産スタジアム
通路(18列目)からの眺め
日産スタジアム
通路(18列目)からの眺め(広角×0.5)

ゴール裏の1階席は、スタンドの傾斜が緩やかなため、逆サイドのプレーは非常に見えづらいです。

ただサポーターの一体感があり、音もよく響くので自然と手拍子がしたくなるような雰囲気がありますね。

基本的に1階席はクラブを愛するコアなサポーターが位置する座席なので、ユニフォームを着て応援するのに抵抗があるようなライトなサポーターには向かない座席です。

浦和レッズサポーターは2階席に集まっていたのを見たことがあります

観戦に慣れていない方は、できるかぎり端の方、あるいは後ろの方の座席を選ぶのがよいでしょう。

日産スタジアム
1階席26列311番からの眺め

また雨が心配な方は、後ろの方の座席を選ぶとよいです。(2階スタンドが屋根となっているため。)

私が観戦したときはゴール裏、真後ろの26列目で、全く雨の心配がありませんでした。

メイン・バックスタンド2階の最後列(コーナー)

日産スタジアム
2階最後列の座席から

こちらは2階席の最後列からの眺めです。

2階席のコーナー部分、最後列ともなると選手が米つぶのように小さく見えます

試合全体の動きは分かるものの、どの選手がどんなプレーをしたのか、細かいプレーが見えにくいのは難点です。

日産スタジアム

こちらの座席のメリットは、大観衆に埋めつくされるスタンドを後ろから眺められること。

日本一大きいスタジアムの景色は圧巻です。

※2階席は25列目の位置に柱があります。

26列目以降の座席で一部見切り席があるので注意です。

日産スタジアム
メインサイド(北側)28列24番からの眺め

メインサイドの28列目からピッチを見てみます。

24番の座席は左側に柱があるので特に問題はありませんね。

日産スタジアム
メインサイド(北側)28列16番からの眺め

しかし16番の座席から見ると、右側に柱があってピッチの一部が見えないですね。

超満員となる試合でない限り、心配する必要はありませんが…。

雨天時に雨に降られる座席

雨の日は、どの座席が雨に降られるのか気になりますよね。

日産スタジアム公式ホームページ」によると以下の通り。

雨天時、1階席の後方(19列目以降)と2階席には、屋根がありますので濡れることなく観覧いただけますが、雨量や風向きによっては多少吹き込む場合もあります。

日産スタジアム

1階席

日産スタジアム メインスタンド
メインスタンド1階 17列目の座席から

1階席の通路より前方の座席(~18列目)は、公式で記載されている通り、確実に雨に降られます。

上図の写真のように、実際に観戦して確かめました。

日産スタジアム メインスタンド1階席

ただ、程度の差ではありますが、16列目~18列目の座席は、15列目よりも前の座席と比較すると少しだけ雨に降られにくいですね。

なぜかというと、屋根の先端が15列目の真上あたりにあるからです。

わたしがメインSSSの17列目で観戦したとき、スタジアムに到着した頃には雨が降っていない状況だったのですが、座席を見ると15列目より前の座席は濡れていて、16列目~18列目の座席は濡れていませんでした。

上記のことから、無風・小降りであれば16列目~18列目は雨に降られにくいと言えます。

2階席

無風ということは考えられないため、2階席の前の方は必ず雨に降られると思っておくのがよいでしょう。

実際にわたしが4列目で観戦したときは雨に降られました。

雨に降られるか降られないか微妙なときは雨具を用意しておくのがよいでしょう。

日産スタジアム
13列目から(倍率×0.5)

こちらは2階席・通路前方の13列目から見た屋根の位置です。

13列目でも、風が吹けば雨に降られる可能性が高いと言えます。

日産スタジアム

2階席の一番上はサッシで覆われているため、後ろから雨風が吹き込むことはありません。

結論、2階席で雨に降られたくない場合は、14列目以降(通路後方)の座席をおすすめします。

スタジアムグルメ

横浜Fマリノスのホームゲーム開催日は、メインスタンド前(西ゲート広場)とバックスタンド前(東ゲート広場)に、およそ30~40店舗のスタジアムグルメ(キッチンカー)が出店されます。

常に混雑しているので、行列に並ぶ時間を覚悟しておきましょう。

行列に並びたくない場合は、新横浜駅で食事を済ませておくのがよいですね。

スタジアム場内にも売店がありますが、場外の方が美味しくて満足すること間違いないです。

バックスタンド前(東ゲート広場)

日産スタジアム前の広場
トリコロールランド(東ゲート広場)

バックスタンド前の東ゲート広場は多くのマリノスサポーターが集まっているため、どの店も行列。

歩きにくいほどに大混雑となっています。

キックオフ時間に間に合うように、スタジアムには余裕をもって来場するのがよいですね。

メインスタンド前(西ゲート広場)

日産スタジアム前の広場
西ゲート広場

メインスタンド前の西ゲート広場にも多くのスタジアムグルメが出店されています。

東ゲートと比べると空いていますが、こちらも行列ができている場合があります。

行列に並びたくない場合は「横浜Fマリノス公式サイト」の試合情報→イベント・グルメから「キッチンカーモバイルオーダー」で事前予約するのもおすすめです。

オーダーできるお店・メニューは限られていますが、並ばずに受け取れるのはメリットですね。

メインスタンド側の小机駅周辺には食事をするところがほとんどありません。

スタジアム周辺のホテル

新横浜駅
新横浜駅

日産スタジアムの最寄り「新横浜駅」周辺にホテルがあります。

ホテル名オープン価格帯立地特徴
ホテルアソシア新横浜2008年4月JR駅直上新横浜駅直上の高グレードホテル、ゆったりとした快適な客室
新横浜プリンスホテル1992年3月JR駅徒歩2分円柱型の建物が特徴の新横浜のランドマーク
新横浜グレイスホテル1991年12月JR駅徒歩1分2019年に全客室リニューアル(アーバンシックがコンセプト)
コートホテル新横浜1998年JR駅徒歩5分2016年5月にリニューアル(邸宅おもてなしをテーマ)
スーパーホテル新横浜2006年12月JR駅徒歩3分2018年にリニューアルし大浴場新設(高濃度炭酸泉)
ベストウェスタンホテルフィーノ新横浜2020年9月JR駅徒歩5分横浜をイメージしたクラシックな内装
ダイワロイネットホテル新横浜2008年JR駅徒歩5分価格・サービスのバランス良いホテルブランド
ホテルリブマックス新横浜2020年7月JR駅徒歩5分ビジネスホテル
新横浜SKホテル2015年9月JR駅徒歩5分ビジネスホテル
東横INN 新横浜駅前本館2002年3月JR駅徒歩4分ビジネスホテル
東横INN 新横浜駅前新館2002年12月JR駅徒歩4分ビジネスホテル
新横浜フジビューホテル1979年4月JR駅徒歩3分スパ(大浴場)併設
ラグナスイート新横浜2009年9月JR駅徒歩7分ゲストハウスとホテルが融合した結婚式場
主なホテル一覧(土日・平日によって価格は変動するため、価格帯は目安です)

スタジアムの特徴

日産スタジアム
日産スタジアム
日産スタジアム
  • 国内最大の収容人数を誇るスタジアム
  • 360度取り囲むスタンドによって生み出される非日常的な劇場空間
  • 2層式スタンドで2層目は10m程前に出しフィールドに近い
  • 観客席は全席背もたれ付き座席間に余裕のある設計
  • 屋根は観客席の3/4を覆う
  • スタンド-屋根の開口部は防音と風除けのためにサッシや防音壁を設置
  • 観客がフィールドに侵入できないように観客席とフィールドの間には堀がある
  • 両サイドスタンドに2基の大型映像装置
  • 世界で初めて取り入れられた空気圧による走行式カメラ

非日常的な劇場空間

日産スタジアム
メインスタンド2階からの眺め

「日産スタジアム」はスタジアムを劇場空間と捉え、「観戦しやすい・プレーしやすい・報道しやすい」が当初の設計コンセプトとされています。

観客席からピッチが遠くて、試合が見えにくいといった声はよく聞かれるところ。

しかし大規模なスタジアムでしか体感できない良さもあります。

それはスタジアムに大観衆が集まったときのパワー

超満員のときの迫力はすさまじいものがありますね。

また360度つながるスタンドで取り囲まれることで、この場所だけの"非日常の特別感"を体感できます。

そして屋根の下には多数のスピーカーが設置されているため、大迫力の音響でワクワクする演出が楽しめます。

観客席は背もたれ付きで座席間に余裕のある設計

日産スタジアム
日産スタジアム

座席の間隔は余裕をもって設計されているため、ゆったりと観戦することができます。

日産スタジアム
2階席の13列目

左右だけでなく、前後の間隔にもゆとりがあるため、人が座っていても通り抜けしやすいのも良いポイント。

通路より中央の座席に座るために「すみません…」と言って人の前を通るのは嫌なひとが多いですよね。

ちなみに「国立競技場」や「パナソニックスタジアム吹田」「ヨドコウ桜スタジアム」など、新しくできたスタジアムでも座席間が狭いスタジアムも多いです。

日産スタジアムはピッチがやや遠いものの、座席スペースにゆとりがあるだけでもすごく良いスタジアムだと感じますね。

スタンド-屋根にはサッシや防音壁を設置

日産スタジアム
スタンド最上部

スタンドと屋根のあいだはサッシや防音壁で閉じられ、半屋外空間のようになっています。

最上部の座席は暖かい空気がのぼり滞留するので、寒い冬でも少し暖かく感じます。


【参考】

  • 日産スタジアム|横浜国際総合競技場|公式HP
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(1)(334)
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(7)(340)
  • 特集・横浜とワールドカップサッカー④ 7万人の歓声が響く ~横浜国際総合競技場の運営戦略~ |木村重治