横浜国際総合競技場

日産スタジアム
日産スタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称横浜国際総合競技場
ネーミングライツ日産スタジアム
ホームチーム横浜Fマリノス
着工1994年1月
竣工1997年10月
最寄り駅新横浜駅・小机駅
収容人数72,327人
所有横浜市
運営管理横浜市スポーツ協会・横浜Fマリノス・管理JV
設計者松田平田設計・東畑建築事務所JV
施工者竹中工務店・奈良建設JVほか
総工費約607億円
敷地面積14.2ha
構造プレキャスト・プレストレスト・コンクリート造(PC圧着工法)
屋根:S造、人工地盤部一部RC造・S造
階数地上7階建て
敷地面積164,054㎡
建築面積67,050㎡
延床面積171,024㎡
最高高さ52m
フィールド107m×73m

スタジアムアクセス

  • 新横浜駅から徒歩15分程度(東ゲートのバックスタンドが最寄り)
  • 小机駅から徒歩7分程度(西ゲートのメインスタンドが最寄り)

小机駅から日産スタジアムまでの情報は、「日産スタジアムで観戦 Vol.2」で紹介しています。

座席の紹介

メインスタンド2階

日産スタジアム
メイン2階18列441番からの眺め

2階席の中央寄りの座席は、試合を俯瞰して観ることができて、かつ選手の動きもよく見えるので、日産スタジアムの中では観戦しやすい座席です。

ただメインスタンド2階中央部分は、スタジアムの構造上、実況席などの室内部分となっており、8列目までは座席がありません。

そのため、2階席でよりピッチに近い位置で試合を観たい場合は、バックスタンド中央の前方の座席にすると良いです。

バックスタンド2階の最後列(コーナー)

日産スタジアム
2階最後列の座席から

こちらは2階席の最後列からの眺めです。

2階席のコーナー部分、最後列ともなると選手が米粒のように小さく見えます。

試合全体の動きは分かるものの、どの選手がどんなプレーをしたのか、細かいプレーが見えにくいのは難点です。

日産スタジアム

こちらの座席のメリットは、大観衆に埋め尽くされるスタンドを後ろから眺められること。

日本一大きいスタジアムの景色は圧巻です。

スタジアムの特徴

  • 国内最大の収容人数を誇るスタジアム
  • 360度取り囲むスタンドによって生み出される非日常的な劇場空間
  • 2層式スタンドで2層目は10m程前に出しフィールドに近い
  • 観客席は全席背もたれ付き座席間に余裕のある設計
  • 屋根は観客席の3/4を覆う
  • スタンド-屋根の開口部は防音と風除けのためにサッシや防音壁を設置
  • 観客がフィールドに侵入できないように観客席とフィールドの間には堀がある
  • 両サイドスタンドに2基の大型映像装置
  • 世界で初めて取り入れられた空気圧による走行式カメラ

非日常的な劇場空間

日産スタジアム
メインスタンド2階からの眺め

日産スタジアムは、スタジアムを劇場空間と捉え、観戦しやすい・プレーしやすい・報道しやすいが当初の設計コンセプトとされています。

観客席からピッチが遠くて、試合が見えにくいといった声はよく聞かれるところではありますが、大規模なスタジアムでしか体感できない良さもあります。

それはスタジアムに大観衆が集まった時のパワー。

超満員のときの迫力はすさまじいものがあります。

満員にならなくても、座席にゆとりを持って観戦することができます。

また360度つながるスタンドで取り囲まれることで、この場所だけの”非日常の特別感”を体感できます。

そして屋根の下には多数のスピーカーが設置されているため、大迫力の音響でワクワクする演出が楽しめます。

観客席は背もたれ付きで座席間に余裕のある設計

日産スタジアム
日産スタジアム

スタンド-屋根にはサッシや防音壁を設置

日産スタジアム
スタンド最上部

スタンドと屋根の間はサッシや防音壁で閉じられ、半屋外空間のようになっています。

最上部の座席は暖気がのぼり滞留するので、寒い時期でも少し暖かく感じます。

【参考】

  • 日産スタジアム|横浜国際総合競技場|公式HP
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(1)(334)
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(7)(340)
  • 特集・横浜とワールドカップサッカー④ 7万人の歓声が響く ~横浜国際総合競技場の運営戦略~ |木村重治