ヨドコウ桜スタジアム

長居球技場

ヨドコウ桜スタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称長居球技場
ネーミングライツヨドコウ桜スタジアム
ホームチームセレッソ大阪
開場1987年
改修2009年-2010年
2012年-2013年
2019年-2021年
収容人数24,074席
所有大阪市
運営管理長居公園スポーツの森プロジェクトグループ
設計者(第3期改修)IAO竹田設計・竹中工務店
施工者(第3期改修)竹中工務店

スタジアムアクセス

長居駅から徒歩

「長居駅」は"地下鉄"と"JR"の2駅がありますが、新大阪からアクセスする場合は「地下鉄長居駅」を利用するのがおすすめです。

長居駅からスタジアムまで徒歩約7分となります。

鶴ヶ丘駅から徒歩

JR鶴ヶ丘駅からスタジアムまで徒歩約3分となります。

スタジアムに近くて便利ですが、新大阪駅からアクセスする場合は、地下鉄長居駅より乗り換えが多く運賃も高くなる点に注意です。

駅名乗り換え運賃所要時間
地下鉄長居駅0回330円29分
JR鶴ヶ丘駅1回440円38分
新大阪駅からアクセスする場合

車でアクセス

スタジアム専用の駐車場はありません。

車でアクセスする場合は、下記サイトにて「長居公園」と検索して予約するのが便利です。

座席の紹介

さかとり
さかとり

以下では、わたしが実際に現地で観戦した座席を紹介。

ヨドコウ桜スタジアム_座席図
出典:セレッソ大阪オフィシャルウェブサイト

エキサイティングシート

ヨドコウ桜スタジアム エキサイティングシート

「エキサイティングシート」はヨドコウ桜スタジアムのなかで最も高価格の座席です。

選手のプレーを間近に見ることができ、文字通り白熱する座席ですね。

メインスタンド中央に位置するので、ピッチ全体が観やすいです。

ヨドコウ桜スタジアム エキサイティングシート
エキサイティングシート

座席は前後左右にゆとりがあり、クッション性があって快適に観戦できます。

ヨドコウ桜スタジアム エキサイティングシート
D通路17列122番から

通路前方の最後列(17列目)の座席は、臨場感がありながらピッチ全体がよく見えます。

選手が間近でプレーする臨場感だけでなく、試合全体の流れをよく見たい場合は、できる限り後ろの座席にするとよいでしょう。

ヨドコウ桜スタジアム エキサイティングシート

入場時は選手を正面から見ることができます。

ミックスバックA

ヨドコウ桜スタジアム
AR-4段-2番から

ミックスバックA席は、ヨドコウ桜スタジアムのなかでチケットが安い価格帯の座席です。

ピッチに近い前列の座席だと、逆サイドのプレーが見えにくいというデメリットはありますが、臨場感がある座席ですね。

ホームメイン南指定席A

ヨドコウ桜スタジアム
メイン上層4F O・P通路32段171番からの眺め

ホームメイン南指定席Aは、ピッチ全体を観ることができ、臨場感もある座席です。

4Fなのでピッチから高さがあります。なのでピッチを見下ろすような感覚ですね。

屋根が大きいので、雨の日でも安心です。

スタジアムの特徴

  • スタンド最前列からピッチまでの距離が約5.8mで臨場感がある
  • ホームゴール裏とアウェイゴール裏に格差がある

ホームとアウェイの格差

ヨドコウ桜スタジアム
メインスタンド4Fからピッチを見る

「ヨドコウ桜スタジアム」の大きな特徴は、ホームゴール裏とアウェイゴール裏のスタンド構造に格差があることです。

つまり、ホーム側のスタンドの方が、より選手を応援で後押しできるような構造となっているのです。

ホームとアウェイの違い(ゴール裏)

ホームアウェイ
屋根ありなし
ピッチへの距離近い遠い
座席数多い少ない
ヨドコウ桜スタジアム

ホームゴール裏のスタンドを見てみましょう。

ホーム側はスタンドとピッチの距離が近いですね。

また大きな屋根があるので、音が反響することで、応援がより選手の後押しとなるでしょう。

ヨドコウ桜スタジアム

一方でアウェイゴール裏を見てみます。

こちらは明らかにピッチとスタンドの距離が遠いですね。

屋根もなく、スタンドの後方は開放感があるのでホーム側と比べると応援の圧力は感じにくいことでしょう。


【参考】

  • ヨドコウ桜スタジアム
  • IAO PLANNNIG & DESIGN