国立競技場

杜のスタジアム - National Stadium

国立競技場
国立競技場

スタジアム概要

スタジアム名称国立競技場
着工2016年12月
竣工2019年11月
収容人数約60,000席
所有日本スポーツ振興センター
運営管理日本スポーツ振興センター
設計者大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV
施工者大成建設
建設費1,529億円
設計監理費40億円

スタジアムアクセス

  • 国立競技場駅から徒歩1分
  • 千駄ヶ谷駅・信濃町駅から徒歩5分
  • 外苑前駅から徒歩9分(バックスタンド)
  • 北参道駅から徒歩10分(南スタンド)
  • 青山一丁目駅から徒歩15分(バックスタンド)
  • 表参道駅から徒歩20分(南スタンド)

羽田空港駅(京急)からアクセス

羽田空港から電車でアクセスする場合は、京急線で大門駅にて乗り換え、都営大江戸線で「国立競技場駅」へ行くのが便利です。

北サイドスタンド、メインスタンドに近い駅となります。

所要時間乗り換え運賃(IC)
国立競技場駅44分1回493円
千駄ヶ谷駅46分2回490円
信濃町駅48分2回490円
青山一丁目駅42分1回493円
外苑前駅42分1回609円
北参道駅49分2回628円
出典:Yahoo!JAPAN乗換案内|乗り換え時間「少しゆっくり」で検索

上記の時間、運賃は目安となります。最新情報は検索して確認ください。

東京駅からアクセス

東京駅からアクセスする場合は、「信濃町駅」あるいは「千駄ヶ谷駅」が便利です。

東京駅からの運賃はどちらも同じです。 メインスタンドは「千駄ヶ谷駅」、バックスタンドは「信濃町駅」がよいでしょう。

所要時間乗り換え運賃(IC)
国立競技場駅22分2回276円
千駄ヶ谷駅19分1回168円
信濃町駅18分1回168円
青山一丁目駅12分1回168円
外苑前駅14分1回168円
北参道駅27分1回199円
出典:Yahoo!JAPAN乗換案内|乗り換え時間「少しゆっくり」で検索

上記の時間、運賃は目安となります。最新情報は検索して確認ください。

南サイドスタンドで観戦

南サイドスタンドやメインスタンド・バックスタンドの南側で観戦する場合は、外苑前駅または北参道駅からアクセスするのもよいですね。

国立競技場のモニュメントが南サイドスタンドのEゲート前にありますので、外苑前駅・北参道駅はスタジアムの全景や記念撮影を行いたい方に便利な駅です。

表参道駅はやや遠いものの、利用者が少ないので混雑しません。入場者数が多く混雑を避けたい場合は、表参道駅から帰るのもよいです。

ややこしいですが、"北"参道駅と"表"参道駅の2つあります。

車でアクセス(駐車場)

車でアクセスする場合は、下記サイトにて「国立競技場」と検索し、スタジアム周辺の駐車場を予約していくのが便利です。

座席の紹介

さかとり
さかとり

以下では、わたしが実際に現地で観戦した座席を紹介。

国立競技場 座席図
第101回天皇杯決勝の座席図

ゴール裏(1層目)

国立競技場 ゴール裏1層(北スタンド)
ゴール裏(北サイドスタンド)
国立競技場 ゴール裏(1層目)
ゴール裏(1層目)のコンコースから
国立競技場 ゴール裏(1層目)
ゴール裏(1層目)のコンコースから

ゴール裏(1層目)は、2層目・3層目と比較して、スタジアムの熱気や臨場感をたのしめる座席です。

逆サイドのプレーは見えにくいですが、ゴール裏から迫力あるゴールシーンを見ることができます。

最後列の座席

国立競技場 ゴール裏1層(北スタンド)
ゴール裏(1層目)最後列(24列)118番から

ゴール裏は座席が後ろになるほど、ピッチが観やすくなります。

最後列は座席の後ろが壁になっているため、コンコースの人の動きを気にすることなく、集中して観戦ができますね。

一番後ろでも、逆サイドのプレーが見えづらいのは確かです。

最前列の座席

国立競技場 ゴール裏1層(北スタンド)
ゴール裏(1層目)最前列から

ゴール裏の最前列ともなると、ピッチレベルで見ているような感覚です。

試合を楽しむというよりは、壮大なスタジアムの雰囲気をあじわう気持ちで行くのがよいでしょう。

南サイドスタンド

国立競技場_ゴール裏(南スタンド)

南サイドスタンド1層目の中央には大きなゲートがあり、座席が分断されています。

Jリーグのゴール裏サポーターにとっては、一体感が得られにくい残念な構造となってしまっていますね。

ゴール裏(2層目)

国立競技場 ゴール裏(2層目)

ゴール裏(2層目)は、1層目よりピッチ全体を観ることができ、かつ3層目より臨場感のある雰囲気を楽しめます。

ゴール裏(3層目)

国立競技場
南サイドスタンド(4階席2列目)からの眺め

ゴール裏(3層目)はピッチ全体を観ることができますが、逆サイドのプレーは見えにくいですね。

国立競技場ゴール裏(3層目)
北サイドスタンドのゴール裏(3層目)からの眺め

試合は見えにくいものの、スタジアム全体を上から眺める景色は圧巻です。

大迫力のスケールを体感することができます。

メインスタンドSS席(1層目)

国立競技場
1階コンコースから

1階席は勾配が20度と緩やかなので、逆サイドのプレーは少し見えにくいですね。

国立競技場 メインスタンド1階から
16列目225番から

わたしが16列目の座席で観戦したときは、十分に試合を楽しめました。

ただ、やはりピッチ逆サイドのプレーが少し見えにくいのは否めません。

陸上トラックがあるので、同規模の「埼玉スタジアム2002」と比べると臨場感は劣ります。

バックスタンドS席(1層目)

国立競技場 バックスタンド1層
1層バック125ブロック 18列48番から
国立競技場 バックスタンド1層
1層バック125ブロック 18列48番から

S席はピッチコーナーの位置に近く、ゴール裏(1層目)よりも観やすい座席です。

わたしが「18列目48番」で観戦したときは、ピッチ全体が見えて、臨場感のあるよい座席だったと感じています。

ゴール裏(1層目)と同様に、座席が後ろになるほど満足感が高いですね。

バックスタンドSS席(2層目)

国立競技場 バックスタンドSS席

1層目と比べると臨場感に劣るものの、ピッチ全体がよく見えてゲームの流れを楽しめます。

1層目よりピッチ全体がよく見えて、3層目より臨場感のある、バランスの良い座席ですね。

試合全体が観やすくて、国立競技場のスケール感を味わえる点から、おすすめできる座席です。

バックスタンドSA席(3層目)

バックスタンドSA席
バックスタンドSA席(340ブロック 10列 316番)

バックスタンドSA席(3層目・中央寄り)の座席は、ピッチが遠いものの、選手一人ひとりのプレーはよく見えます。

スタジアムの特徴

  • 東京オリンピック2020のために約1,530億円で建設された巨大スタジアム
  • 自然や景観との調和を意識した"木のぬくもり"を感じるスタジアム
  • 軒庇には47都道府県から調達した森林認証を取得した木材を使用し、方位にあわせて配置
  • 観客席は森の木漏れ日をイメージして、5つの色(白・黄緑・グレー・深緑・濃茶)が使用されている
  • 観客席の配色をランダムにすることで、空席のときも観客がいるような錯覚をおこすねらいもある
  • 屋根鉄骨は木材と鉄骨をあわせたハイブリッド構造
  • 暑さ対策として、気流創出ファンが185台、ミスト冷却装置が8台設置されている
  • 細い柱と木ルーバー、多層の庇の奥ゆき感による軽やかさ
  • 座席勾配は1層目が20度2層目が29度3層目が34度のすりばち状の観客席

>>新建築 2022年3月別冊 JAPAN NATIONAL STADIUM 国立競技場

南サイドスタンド(Eゲート前)

国立競技場
南サイドスタンド前の広場

南サイドスタンド前には、おなじみの「国立競技場」サインがあり、記念撮影スポットとなっています。

南サイドスタンド前の広場

通常のスタジアムはメインスタンドが象徴的なファサードとなっていることが多いですが、「国立競技場」はゴール裏の南サイドスタンド前が大きな広場となり、メイン空間となっています。

国立競技場

夜のライトアップはまた異なる表情を見せていて、魅力的な場所ですね。

メインスタンド前

国立競技場
メインスタンド前

こちらは"メイン"スタンドですが、スタジアムの顔となる"メインの場所"を感じられるところではないですね。

国立競技場
メインスタンド・北サイドスタンド
Bゲート入口
国立競技場 メインスタンド前の広場
メインスタンド前の広場

北サイドスタンド(Aゲート前)

国立競技場
北サイドスタンド前
Aゲート入口
国立競技場
北サイドスタンド Aゲート入口

北サイドスタンドは最寄りの「国立競技場駅」に近く、人が多く集まっている場所です。

ところが北サイドスタンド前は敷地がせまく、南サイドスタンドとは異なり、混雑さを感じます。

スタジアム外部の軒下空間

国立競技場
国立競技場
国立競技場
国立競技場
国立競技場

スタジアムの軒下を歩いてみると、味気ない印象の空間。

こういう目立たないところで建設コストを抑えているのだと思われます。

雨の日は屋根になるので、人だまりができますね。

1階コンコース

国立競技場
Fゲート前コンコース
国立競技場
Fゲート前コンコース

1階コンコースは天井仕上げが無く、設備配管やダクトがあらわしとなっています。

天井はあまり高くない印象で、少し圧迫感があったのと落ち着かない感じがしましたね。

国立競技場
1階コンコースの車いす席
国立競技場

1階コンコースには車いす利用者の座席スペースが設けられています。

2階コンコース

国立競技場
2階コンコース
国立競技場
2階コンコース"風のテラス"

2層目スタンド

国立競技場
2層目スタンドからの眺め

4階コンコース

国立競技場
4階コンコース

4階コンコースは外にひらかれた空間となっていて、東京の街並みを一望することができます。

国立競技場
3層目スタンド入口

3層目スタンド

南サイドスタンド(4階)からの眺めになります。

4階までのぼると、スタジアムの壮大なスケール感に圧倒されますね。

国立競技場
4階席

座席は折りたたみ式です。

観客が座っていないときは通路になりますが、座っている人がいると、座席ブロック間の移動がむずかしくなります。

国立競技場
4階席の最後列からの眺め

4階席の最後列から見おろすと、34度の急傾斜な勾配が体感できます。

雨に降られない座席は?

国立競技場 メインスタンド1階から
雨天時の様子

スタジアム観戦で気になるのが、雨の日の観戦ですよね。

もちろん当日の風向きや風の強さによって異なってくるものの、雨に降られない座席位置の目安を知っておくのがよいでしょう。

結論、1層目の前方の座席3層目の後方の座席は、雨に降られる可能性が高いと思いましょう。

国立競技場 メインスタンド1階から
16列目225番の座席から

わたしが雨の日にメインスタンド1階の16列目で観戦したときの様子です。

激しく雨が降っていた日ですが、メインスタンド1階席で雨具を着ているひとは見かけませんでした。

風は強くなかったので、風がなければ1階席前列の座席でも雨に降られないと言えますね。

ただし、試合終盤で雨が強く降ってきたときは、16列目の座席でも細かい雨がパラパラと降ってきました。

ほとんど気にならないレベルではありましたが、1階席は中段の座席も雨に降られることを想定しておくとよいですね。

以下では、別の角度から屋根の位置を見てみましょう。

国立競技場

こちらはバックスタンド1層目の前方の座席から屋根を見上げた写真です。

スタンド全体を屋根が覆っていて、無風であればほぼ全ての座席が雨に降られないと想像できますね。

国立競技場

バックスタンドの屋根を見てみましょう。

横から見ると、1層目の最前列の座席からやや前方まで屋根が張り出しているのが分かります。

実際には雨の日に無風は考えられないので、1層目の前方の座席は雨に降られることを想定しておきましょう。

国立競技場

次は1層目の最前列から見てみます。

ここまでくると、絶対に雨に降られると思っていたほうが良いですね。

ただ風向きによっては降られないこともありそうです。

1層目の前列は雨に降られなければラッキー。必ず雨に降られることを想定して試合観戦にのぞむのが良いですね。

国立競技場
鉄骨と木材を組み合わせたハイブリット構造の屋根

3層目の最後列から見た写真です。

3層目の後ろは空間があるので、雨風が吹き込んでくる可能性があります。


【参考】