埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002
埼玉スタジアム2002

スタジアム概要

スタジアム名称埼玉スタジアム2002
ホームチーム浦和レッズ
着工1998年5月
竣工2001年7月
最寄り駅浦和美園駅
収容人数63,700人
所有埼玉県
運営管理埼玉県公園緑地協会
設計者梓設計
施工者鹿島建設
建設費約356億円(用地費等を含む公園整備総額:約766億円)
敷地面積約30ha
ピッチ105m×68m

スタジアムアクセス

浦和美園駅から徒歩

浦和美園駅
浦和美園駅

浦和美園駅から徒歩約15分~20分となります。

シャトルバス

浦和レッズのホームゲーム開催時は、下記の駅からシャトルバスが出ている場合があります。

  • 浦和美園駅(往路のみ)
  • JR浦和駅から約40分
  • 北越谷駅から約20分
  • 岩淵駅

車でアクセス(駐車場)

埼玉スタジアム専用の駐車場はありません。

車でアクセスする場合は、下記サイトにて事前に予約するのが安心ですね。

「埼玉スタジアム」と検索して、スタジアム周辺の駐車場を探してみましょう。

座席の紹介

さかとり
さかとり

以下では、わたしが実際に現地で観戦した座席を紹介。

埼玉スタジアム 座席図
出典:浦和レッズ公式サイト

バックスタンド下層(④)

埼玉スタジアム2002
バックスタンド通路・中央からの眺め

バックスタンド下層(④)・中央エリアは「とにかく臨場感にあふれる」素晴らしい座席です。

埼玉スタジアム2002
バックスタンド6列目からの眺め

これほど大規模なスタジアムでありながら、前方の座席は間近に選手を見ることができます。

スタジアムの壮大なスケール感と、迫りくる臨場感を同時に味わうことができますね。

ただ座席が前の方になるほど、逆サイドのプレーが見えにくいのはデメリット。

埼玉スタジアム2002
バックスタンド最前列からの眺め
埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸
バックスタンド6列目からの眺め

こんな風に選手を目の前に見れますよ。

埼玉スタジアム バックスタンド
北サイドスタンドからバックスタンドを見る

バックスタンド下層(④)のデメリットは「雨に降られる可能性が高い」「昼間は日ざし(逆光)があたる」ことです。

上図はバックスタンドを横から見た写真です。

前方の座席は雨に降られることが予想されますね。

バックスタンド下層(④)をおすすめする人

  • 臨場感あふれる座席で観戦したい
  • 少しでもチケット価格が安いほうが良い(メインスタンドよりも安い)
  • スタンド上層にのぼりたくない(階段をのぼって疲れたくない)
  • 最寄りの浦和美園駅に近いほうがよい
埼玉スタジアム2002 バックスタンド最前列

最前列の座席だと、上図のように目の前に手すりがあります。

試合観戦には問題ありませんが、写真を撮りたい場合は手を伸ばす必要がありますね。

背の小さい子を連れていくかたは、手すりが邪魔して試合が見えにくくならないように要注意です。

埼玉スタジアム2002 バックスタンド最前列

最前列の座席は、座席の前方に空間があって少しゆったりとしています。

バックスタンド下層(⑦)

埼玉スタジアム2002 バックスタンドから
215入口 27列162番から

バックスタンド下層(⑦)は、ピッチ全体を見渡すことができて、臨場感もあるバランスのよい座席です。

バックスタンド3階コンコース「埼スタ横丁」
バックスタンド3階コンコースの埼スタ横丁

バックスタンド下層(⑦)は3階コンコースに出入りしやすい座席です。

「埼スタ横丁」というスタジアムグルメも出店されています。

バックスタンド下層(⑦)をおすすめする人

  • 臨場感があってピッチ全体のプレーもしっかり見たい
  • 少しでもチケット価格が安いほうが良い(メインスタンドよりも安い)
  • 雨に降られたくない
  • 最寄りの浦和美園駅に近いほうがよい

バックスタンド上層・中央(パノラマシート・⑧)

埼玉スタジアム バックスタンド
バックスタンド上層11列目から

バックスタンド上層・中央の1~11列目は浦和レッズの席種では「パノラマシート」となっています。

埼玉スタジアム バックスタンド
6列目281番からの眺め

パノラマシートはピッチ全体がよく見えるので、試合全体の流れを細かく見たいかたにおすすめです。

埼玉スタジアムのなかではコストパフォーマンスが高く人気のある座席ですね。

実際に観戦してみて、ややピッチが遠いかな…と感じたので、もっと臨場感があってピッチ全体を観たい場合には、バックスタンド下層(⑦)の座席がよいでしょう。

パノラマシートをおすすめする人

  • メインスタンドの記者席の位置で観たい
  • 屋根があって雨に降られない座席がよい
  • チケット価格を抑えてコスパの良い座席を選びたい
  • ピッチ全体を観たい

バックスタンド上層

埼玉スタジアム バックスタンド
バックスタンド最後列の座席から

バックスタンド上層は、上に行けばいくほどスタジアムの壮大さを感じることができます。

一番上の43列目までのぼると息が切れるくらい疲れますが、その景色は圧巻ですね。

埼玉スタジアム バックスタンド
バックスタンド最上部
埼玉スタジアム バックスタンド

バックスタンド上層・最前部コーナー

埼玉スタジアム バックスタンド
バックスタンド上層・最前部コーナー(×0.5倍)
埼玉スタジアム バックスタンド
バックスタンド上層・最前部コーナー
埼玉スタジアム バックスタンド
バックスタンド上層・最前部コーナー(×0.5倍)

ホーム自由席(南サイドスタンド)

埼玉スタジアム ホーム自由席(南サイドスタンド)
41列121番からの眺め

ホーム自由席はゴール裏の座席で、チケット価格が安いのが特徴です。

北サイドスタンドは浦和レッズの熱狂的なコアサポーターが集まるので、少しライトに観戦したい場合は南サイドスタンドをおすすめします。

埼玉スタジアム ホーム自由席(南サイドスタンド)
49列37番からの眺め

逆サイドのプレーはやや見えにくくなるものの、陸上競技場と比べるとゴール裏でも十分に見やすく楽しめる座席ですね。

埼玉スタジアム ホーム自由席(南サイドスタンド)
42列41番からの眺め

ゴール裏でも全座席に背もたれ・ひじ掛けがついているので、ゆったりと観戦することができます。

ホーム自由席(南サイドスタンド)をおすすめする人

  • チケットを安く購入したい
  • 最寄りの浦和美園駅に近いほうがよい
  • ゴール裏から観戦したい
  • 比較的ライトな観戦者(浦和レッズのサポーターではない)

スタジアムの特徴

  • 日本最大のサッカー専用スタジアム
  • 国内最高クラスの観戦環境を誇るスタジアム
  • 左右対称の膜屋根は"白鷺"をイメージ

左右対称の膜屋根

埼玉スタジアム2002

左右対称の膜屋根は、かつてこの地に生息した白鷺(しらさぎ)をイメージしてデザイン。

埼玉スタジアム ホーム自由席(南サイドスタンド)
南サイドスタンドからの眺め

飛翔感と躍動感のある大空間を生み出しています。

埼玉スタジアム メインスタンドの屋根

屋根材には太陽光の透過率の高い膜屋根が用いられており、芝生の生育に必要な太陽光と適度な通風に考慮されています。

雨の日の屋根はどうか?

埼玉スタジアム バックスタンド

気になるのは、どの座席が雨に降られないか?ですよね。

バックスタンド上層にて横から屋根を見てみましょう。

屋根とスタンドのあいだに空間があるので、雨風が吹き込んでくる可能性があります。

スタンド最上部であっても安心はできないですね。

埼玉スタジアム バックスタンド

それではもう少し前方の屋根を見てみましょう。

写真で見ると1階の半分くらいは屋根が架かっているように見えますね。

実際に現地の1階席で屋根を見上げたところ、最前列の真上に屋根の先がありました。

雨の日は「スタンド下層の前方の座席」と「スタンド上層の最上部の座席」は雨に降られることを想定しておくのがよいでしょう。

春はサクラ咲くスタジアム

埼玉スタジアムと桜

春にはメインスタンドの前にサクラ並木が現れます。

試合観戦の日にお花見もできるぜいたくなスタジアムですね。

埼玉スタジアムと桜
埼玉スタジアムと桜
埼玉スタジアムと桜

【参考】

  • 埼玉スタジアム2002|公式HP
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(1)(334)