東京都

国立競技場で観戦

2021年1月1日

第100回天皇杯決勝

川崎フロンターレvsガンバ大阪

国立競技場
国立競技場

2021年最初の観戦は、元日の「国立競技場

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないため、盛りあがりに欠けるサッカー観戦となりますね。

ここは前向きに考えて、ゆったりと楽しむことにしましょう。

今日は初めての新国立競技場なので、オリンピックのために莫大な資金で建設されたスタジアムがどのようなものか、注目です。

外苑前駅からアクセス

外苑前駅
外苑前駅改札

国立競技場へアクセスする最寄り駅は、外苑前駅・青山一丁目駅・国立競技場駅・千駄ヶ谷駅・信濃町駅…など、いくつかあります。

今回は東京メトロの外苑前駅からアクセスしましょう。

元旦で新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、改札前は閑散としていますね。

外苑前駅
外苑前駅

外苑前駅の2番出口あるいは3番出口から地上に出ます。

2番出口はエスカレータがあるので便利です。

Googlemapでは徒歩16分と表示されていますが、バックスタンド・南サイドスタンド側は徒歩10を目安とすればよいでしょう。

外苑前

外苑前駅から地上にでて「国立競技場」へ向かいます。

外苑前駅の近くにはファミリーマートが3軒、セブンイレブン、ローソンとコンビニがたくさんあります。

外苑前

さっそく、スタジアムが少し見えてきました。

秩父宮ラグビー場
秩父宮ラグビー場

道中にはラグビー"東の聖地"秩父宮ラグビー場がありました。

明治神宮野球場
明治神宮野球場

秩父宮ラグビー場を通り過ぎると、今度は明治神宮野球場があらわれます。

この地域はラグビー・野球・陸上・サッカーといずれもプロチームが使用するスタジアムが密集している、日本で唯一無二のレアな場所ですね。

国立競技場
国立競技場 外苑ゲート前

外苑前駅からスタジアム通りをまっすぐ進むと、「国立競技場」の外苑ゲート前に到着です!

今日は外苑ゲートが開放されていなかったので、こちらを右手に進んで青山ゲートへ向かいましょう。

ちなみに試合終了後はこちらの外苑ゲートも開放されていました。

国立競技場
国立競技場

青山ゲートから入場

国立競技場
国立競技場
国立競技場 青山ゲート

外苑ゲートからスタジアム周囲の仮囲いにそって進み、青山ゲートから入場します。

国立競技場
国立競技場 青山ゲートから

巨大な建造物ですが、確かに近くで見ても圧迫感を感じない柔らかい印象のスタジアムですね。

スタジアム周辺

今日はFゲートですが、スタジアム全体を見たいので、案内にしたがわず右に進みます。

国立競技場

スタジアム庇の内側にはいると、何だか質素な感じ。

国立競技場
国立競技場

庇だけと思ったらここにも木ルーバーが!

国立競技場

むき出しのダクトや配管。

国立競技場

バックスタンドの近くまで来ました。

エスカレーターも整備されていますね。

今後、最上階にある「空の杜」という散歩道が一般開放される際には、エスカレーターを使ってのぼっていけるようです。

国立競技場

こちらはゴール裏の北サイドスタンド前Aゲートになります。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア
三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

北サイドスタンドの前には「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」があります。

いつかここに泊まって最上階のルーフトップテラスから「国立競技場」の写真を撮ってみたいなと思っています。

国立競技場の目の前にあるので便利ですね。遠方から天皇杯決勝を観戦しにくる方は、ぜひここに宿泊してプレミア感を味わってみるのもよいと思います。

ホテルを予約するなら「じゃらん」
国立競技場
メインスタンド前

メインスタンド側までやってきました。

モニュメントやロゴがないので、一般的なスタジアムの"メイン"感がない印象ですね。

南サイドスタンド前の広場
国立競技場
南サイドスタンド前

メインスタンドを通り過ぎて、南サイドスタンド前に来たところ、ようやく「国立競技場」のサインがあった!

南サイドスタンド前(外苑側)が大きな広場となっていて、人が集まる撮影スポットだったことがわかりました。

国立競技場

スタジアムを近くで見ると違和感もありましたが、遠くから全体を見ると柔らかく美しいフォルム。

ほそい柱と木ルーバー、多層の庇による奥行き感によって、見事に軽やかさが表現されていますね。

スタジアムの中へ

国立競技場

スタジアムを1周できたので、Fゲートから入場しましょう。

国立競技場

こちらはFゲートの入場口です。

1層スタンド(1階)

国立競技場
1階コンコース

1階コンコースは、「パナソニックスタジアム吹田」や「サンガスタジアム by KYOCERA」など近年できた専用スタジアムと同様に、コンコースからピッチが見える構造になっています。

ただ、ことなるのは、天井仕上げが張られておらず、設備配管やダクトがむき出しになっていること。

美容院やカフェなど、あえて天井材を張らないデザインにする場所もありますが、国立競技場は建設コストを抑えるためにこうなったのだな…と明らかに分かるような印象でした。

国立競技場

大規模なスタジアムのわりに、天井高もそれほど高くないので、なんとなく圧迫感がありながらごちゃっとした印象がありましたね。

1階コンコースからもこのようにピッチの写真を撮ることができます。

座席が5色のまだら模様になっているのは、空席でも人が入っているように見えるねらいもあります。

たしかに今日は観客が少ないはずなのに、賑やかな印象ですね。

1階コンコースには車いす用のスペースも確保されており、バリアフリーにも配慮されています。

国立競技場
1階コンコース バックスタンド中央から

こちらは1階コンコース・バックスタンド中央から見たピッチの眺めです。

1階は勾配が緩やかなので、前の方は見えづらいのではないかな…と思うところですが、このアースカラーのまだら模様のデザインは斬新で良いなと感じます。

2層スタンド(2階)

国立競技場
2層スタンド(2階)コンコース

2層スタンド(2階)に上がってコンコースを歩いてみます。

2階は1階と雰囲気がガラッと変わり、座席への通用口以外は完全室内空間となっています。

国立競技場
2層スタンド(2階)風のテラス

2階コンコースの随所に「風のテラス」というスペースがあります。

曲線になっている特徴的な照明は、隈研吾氏のこだわった部分(ホタルの光を模したデザイン)だそうです。

国立競技場
2層スタンド(2階)からの眺め
国立競技場
2層スタンド(2階)からの眺め

今日の座席は3層スタンド(4階)となりますが、2層スタンド(2階)にも入場ができました。

せっかくなので写真だけ撮っておきましょう。

国立競技場

再びコンコースに戻ってから、階段をのぼって最上階の3層スタンド(4階)へ向かいます。

階段の数が少ないうえに、どこにあるか分かりづらいので、探すのに少し手間取りました。

今後はエスカレーターや外部階段で上の階にのぼっていけるのかもしれません。

なのでスタジアム内の階段が少ないのかもしれませんね。

3層スタンド(4階)

国立競技場
階段で3層スタンドへ
国立競技場
3層スタンド(4階)コンコース

3層スタンド(4階)のコンコースに到着です!

1階コンコースはピッチにむかって開放的になっていますが、

4階コンコースは外部に向かって開放的なつくりとなっています。

国立競技場
3層スタンド(4階)からの眺め

3層スタンド(4階)から東京の街並みを眺めることができます。

国立競技場
南サイドスタンド正面 座席入口

南サイドスタンド(ゴール裏)の正面には自動ドアが設置されています。

6万人収容の大規模なスタジアム。

最上層のスタンドからは圧巻の光景が広がっていました。

ピッチまで遠いのは難点ですが、

この迫力あるスケール感は大規模なスタジアムならではのもの。

国立競技場

一度コンコースに戻ってから再び自分の座席へむかいます。

国立競技場_座席図
赤線の方向に通路はありません。

3層スタンドは中に入ってから、横の動線となる通路が無いので(上図赤線の方向)、スタンドに入ってから横移動する際には、座席のあいだを通っていく必要があります。

なので適当にスタンドに入ってから座席を探すのではなく、

基本的には自分のチケットに記載されたブロックから忠実に入るのが良いですね。

わたしの座席は322ブロックなので、323ブロックや320ブロックなど近いところから入るのではなく、忠実に322ブロックから入場します。

国立競技場
3層スタンド(4階)2列目の座席付近

今日の座席位置は2列目でした。

座席は折りたたみ式なので、人が居ないところは通路として通り抜けできます。

国立競技場
メインスタンドの南側

メインスタンドをよく見てみると、陸上トラック競技のゴールに近い位置はほとんど記者席で占められていますね。

国立競技場
国立競技場

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、サポーターによるチャントは禁止。

応援は太鼓と手拍子だけ可能となっている状況ですが、これが味気なく、非常に寂しいのです。

今まではスタジアムに入ってサポーターのチャント合戦がスタジアム内に響き渡ることで、高揚感が高まっていましたんですよね。

2021年もこのような状況が続くことになりそうなので、残念でなりません。

国立競技場

川崎フロンターレvsガンバ大阪

国立競技場

まもなくキックオフ!

前半は白のガンバ大阪が手前方向に攻め、水色の川崎フロンターレが奥方向へ攻めます。

元々、攻める方向が逆だったのですが、川崎フロンターレがコイントスに勝ち、前半の陣地を入れかえたようです。

写真で見て分かる通り、おそらく前半の方が南西方向から照らされる逆光の影響が大きいと考え、陣地をかえたのだと想像します。

実際にガンバ大阪の選手が眩しそうに手で覆うしぐさも見られたので、おそらくあっているでしょう。

国立競技場

前半は川崎フロンターレが優位に進める展開も、0-0の拮抗したスコアとなりました。

日が暮れてきて、スタジアム2層目・3層目の一部が日に照らされています。

国立競技場
スタジアム最上部からの眺め
国立競技場
スタジアム最上部から見下ろす

ハーフタイムには座席の最上部までのぼってみました。

3層目スタンドは急な勾配でピッチを見下ろすようです。

国立競技場
後半(16時頃)

後半に入ると、スタジアム内は全て日陰となりました。

後半も川崎フロンターレ優位の展開、後半10分には一瞬のすきをついて裏へぬけ出した三苫選手のゴールで川崎フロンターレが先制。

ガンバ大阪の終盤のパワープレーにも耐え、1-0で川崎フロンターレの勝利となりました。

国立競技場
国立競技場

試合が終わったあと、最後にもう一度ゴール裏の正面から。

国立競技場

今回は初めての新国立競技場での観戦でした。

良いところも悪いところも沢山ありましたが、ここまで多大な建設費をかけて造ったのに、オリンピックが中止となって使われないとしたら、本当にもったいない、寂しいスタジアムですね。

2021年、東京オリンピックが開催されるかどうか怪しいところですが、新型コロナウイルス感染が収束し、元のサッカー観戦という日常が戻ってくることを願うばかりです。

それではまた次回!

-東京都