駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で観戦

2019年10月5日

東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
駒沢オリンピック公園 陸上競技場
メインスタンド外観

東京ヴェルディのホームスタジアムである味の素スタジアムがラグビーワールドカップで使用されているため、Jリーグではあまり使用されることのない、駒沢オリンピック公園の陸上競技場での開催です。

私自身、学生の頃はサッカーの試合でよく訪れていた駒沢オリンピック公園ですが、今日の陸上競技場は初めてなので懐かしさもありながら新鮮な気持ちも感じています。

駒沢大学駅からアクセス

駒沢オリンピック公園へのアクセスは駒沢大学駅から徒歩が便利です。

東口あるいは駒沢公園口を出て徒歩10分~15分程度で到着です。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
メインスタンド前

私はスタジアムまで10分程度で到着しました!

1964年の東京オリンピックに合わせて建設されたスタジアムなので、現代のスタジアムよりは質素な造りではありますが、メインスタンドは特徴的な外観となっていて、当時の時代背景を映した建造物という印象ですね。

メインスタンドの中へ

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
メインスタンド入場後の半屋外空間

スタジアムへ入場しました。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
メインスタンドの屋根

メインスタンドの特徴的な外観は、座席から見るとこのようになっています。

屋根は全体に架かっていないため、座席の位置によっては日差しが当たってしまうので指定席の際は要注意です。

ほとんど屋根がないと思っているくらいがよいですね。

今日は自由席のA席にしたので、最後部の日の当たらない座席を早めに確保しました。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
メインスタンド最後部の通路
駒沢オリンピック公園

メインスタンド一番後ろの通路からスタジアムの外を見てみました。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
駒沢陸上競技場の座席

座席に戻って気づいたのは、このスタジアムは座席の間隔が広く確保されていて良いですね。

スタジアムの多くは座席間隔を詰めてつくられている場合が多いので、両隣に人がいると近すぎて少しストレスになる時もあるのですが、これだけ空いていればおそらく快適に観戦できるのではないかと思いますね。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
メインスタンドからピッチをみる

スタジアムの全体的な印象は、同年代に建設された旧国立競技場に似ている気がします。

陸上トラックの色は2011年より青色に変更されたようです。

青色トラックといえばドイツのベルリンオリンピアシュタディオンがまず第一に思い浮かびますね。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
アウェイゴール裏
駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

こちらはアウェイゴール裏のファジアーノ岡山サポーターです。

7月にホーム岡山の「シティライトスタジアムで観戦」したときは聞くことのできなかった、ファジアーノ岡山のアウェイ限定?のチャントである”桃太郎”を聞くことができました。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

こちらはホーム東京ヴェルディのゴール裏です。

今日の入場者数は6,512人とスタジアム全体としては少なめで、メインスタンドもバックスタンドも空席はたくさんありましたが、なぜかゴール裏は満席だったようです。

東京ヴェルディvsファジアーノ岡山

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

まもなくキックオフです!

東京ヴェルディのユニフォームはチームカラーの緑ではなく、今日はオールブラックです。

最近は夏限定のユニフォームとしてブラックのユニフォームにするチーム(川崎フロンターレや清水エスパルス、ベガルタ仙台など)がいくつかありますが、なんで暑い夏にわざわざ暑そうな黒いユニフォームにするのか、それが不思議なんですよね…。

駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

試合は前半開始早々に東京ヴェルディが先制ゴールを決めました!

しかしその後、逆転され2-1でファジアーノ岡山の勝利となりました。

“駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場”は歴史のあるスタジアムですが、あまり古さは感じられない素晴らしいスタジアムだったなという印象でした。

それではまた次回!