鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで観戦

2019年10月13日

徳島ヴォルティス vs ファジアーノ岡山

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
ポカリスエットスタジアム

J2リーグも残り7節、J1昇格プレーオフ進出に向けて、現在8位のファジアーノ岡山と9位徳島ヴォルティのどちらも負けられない一戦です。

スタジアムへのアクセス

スタジアムへの一般的なアクセス方法はJR鳴門駅から徒歩25分あるいはタクシー・シャトルバスだと思いますが、今回は私が利用した大阪からのアクセス方法をご紹介します。

南海なんば駅スイスホテル5F
南海高速バスセンター

現在大阪に住んでいる私は、電車を乗り継いで途中高速バスに乗り換えて、徳島駅まで行って電車で鳴門駅まで…といった時間(大阪市内から4時間程度)も費用も労力も掛かるルートもあったのですが、、南海バスを利用すれば難波から高速鳴門まで2時間半程度で行けることが分かりました。(大阪駅前からも乗車可能です)

南海なんば駅スイスホテル5F
南海なんば駅直結のスイスホテル5F

南海バスからオンラインで事前に座席を予約し、南海なんば駅直結のスイスホテル南海大阪5Fにバスロータリーがありますので、そこへ向かいます。

5Fからバスに乗れるの?と私も行くまでは不思議でしたが、立体駐車場のようになっていてコンパクトに車寄せスペースがありましたね。

ちなみに私の住んでいる大阪市内から鳴門駅まで、電車・バスを乗り継いで行くのと、南海バスで行くのを比較すると、往復で2,500円程度節約でき、時間も1時間以上削減できましたので、確実にお得ですよね。(※ただバス停の高速鳴門からJR鳴門駅までは徒歩15分程度必要です。)

高速鳴門
高速鳴門のバス停(徳島行き)

南海なんば駅から淡路島を経由して、高速鳴門バス停に到着しました!

本当に高速道路の途中で降りたような感じだったので、想像と違って少しビビりました…。

鳴門駅の近くで降りれるものと思っていたので、ここから鳴門駅まで結構離れていたとは、バスを降りてから気づきました。

高速鳴門バス停を降りて坂道を下る

高速鳴門バス停を降りてから、高速道路の脇を抜けて、坂道の下にある鳴門市観光情報センターへ向かいます。(下り坂の前に鳴門駅方面の長い階段がありますので、そこから行った方が近道かもしれません)

坂を下ると徳島ヴォルティスのホーム感が少し出てきましたが…

鳴門市観光情報センター

鳴門市観光情報センターへすぐに到着です。

しかし鳴門・大塚スポーツパークへは徒歩40分との看板が…!

いやいや私は徒歩40分でも大丈夫なんですけど、、一般的には徒歩40分って表記しないですよね?(笑)

近くにタクシーも止まっていましたが、まずは鳴門駅まで歩きましょう!

鳴門駅
JR鳴門駅前

15分程歩いて、JR鳴門駅前に到着しました。

今日は通り過ぎてこのまま歩いてスタジアムへ向かいます。

ちなみに足湯があるようです。

撫養川
鳴門の撫養川

スタジアムへ向かう途中、きれいな川がありました。

この時はキックオフ1時間前の13時頃でした。

近くに中華そば”いのたに”という人気のラーメン屋があったのですが、店の前に少し列ができていましたので、試合時間も考えて今日は断念しました。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
鳴門・大塚スポーツパーク

高速鳴門バス停を降りて、鳴門市観光情報センターから40分程歩いて、鳴門・大塚スポーツパークのポカリスエットスタジアムに到着しました!

スタジアムまでの道中は静かな住宅街でしたが、阿波踊りの音が聞こえてきて徳島らしい賑わいが出てきました。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
ポカリスエットスタジアム
メインスタンド外観

ジャングルジムのようなメインスタンド…!

元々あった古いスタジアムに後付けで造られたものなので、屋根を支えるための構造体の柱としての機能を持たせ入口の通路も塞がないように、かつメインスタンドとしての特徴的な外観を見せるために、このような構造になったのではないかと想像します。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
バックスタンド外観
鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
バックスタンド外観

今日の座席はメインスタンドですが、スタジアムを1周してバックスタンドの方にきました。

屋根の架かり方は味の素スタジアムに似ていますね。それにメインスタンドよりバックスタンドの方が立派な屋根ですね。

スタジアムの中へ
鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
メインスタンドからピッチをみる

スタジアムの中へ入りました!

今日はA自由席でバックスタンドへの入場も可能でしたが、今回はメインスタンドにします。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
アウェイゴール裏
ファジアーノ岡山サポーター

こちらはアウェイゴール裏スタンドです。

徳島は岡山からアクセスがしやすいということもあり、サポーターの数が多いですね!

勝てばJ1昇格プレーオフ圏内に入る状況でもあり、サポーターも気合が入っているように感じます!

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
バックスタンドをみる

バックスタンドの屋根はスタジアムの中から見ると立派に見えますね。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
メインスタンドの座席

メインスタンドの座席はこのようになっています。

屋根が小さい!

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
南スタンドからピッチをみる
鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
南スタンドからピッチをみる

南スタンドはホーム自由席とビジター自由席なのでA自由席とは座席カテゴリーが異なりますが、メインスタンドの上の通路から南スタンドに渡ることができました。

天気が良くて素晴らしいスタジアムの景色です。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
アウェイゴール裏
ファジアーノ岡山サポーター
鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
ホームゴール裏
徳島ヴォルティスサポーター

試合開始直前、両チームのゴール裏サポーターです。

どっちがホームか分からないくらい、やっぱり今日のファジアーノ岡山サポーターは多い!

岡山は女性や子どもの高い声など色々混じり合った応援という感じでしたが、対照的に徳島は男の低い声で応援というよりは合唱のようなまとまりのある応援といった感じでした。

徳島ヴォルティスvsファジアーノ岡山
徳島ヴォルティス(左)vsファジアーノ岡山(右)
鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティスvsファジアーノ岡山

さあ試合が始まりました!

なんだかんだファジアーノ岡山の試合は2試合連続で今季は3度目になります。

何度か観ていると愛着が湧いてきて応援したくなるんですよね。

そしてこのスタジアムの特徴は海に近いためか、非常に風が強い!気温は低くなかったですが、私は寒くて途中で上着を着ました。

試合は両チームとも追い風を利用した展開になりました。まずは前半早々、ファジアーノ岡山が追い風の勢いで先制ゴール。しかし後半になると今度は徳島ヴォルティスが開始早々に同点弾。その後、徳島ヴォルティスが逆転ゴールを決めて2-1で勝利を掴み取りました。

撫養川沿いのヴォルティスロード
撫養川沿いのヴォルティスロード

良い試合も観れたので、締めの徳島ラーメンを食べに行こう!と誰もいないヴォルティスロードを歩いて、昼に行けなかった”いのたに”に向かいましょう。

この川沿いの道はすごく気に入りました。家の近くにあったら散歩したくなりますね。

撫養川沿いのヴォルティスロード
撫養川沿いのヴォルティスロード

ヴォルティスロードにある木にはさりげなく徳島ヴォルティスカラーが巻き付けられていますね。

そして…中華そば”いのたに”ですが、もうシャッターは閉まって営業はしていませんでした、残念。

それではと鳴門駅近くの”徳島ラーメン ふく利”に向かったところ、こちらも営業が17時からで空いていない…ちなみに餃子の王将も17時からで空いていない…。

帰りの高速鳴門のバスは17時25分発で間に合わなくなるので、お腹空いてますが今回は徳島ラーメンは食べることができませんでした。残念です。

今回は鳴門ご当地のお店に入ることができませんでしたが、純粋に楽しい試合を観ることができましたし、新しい発見がたくさんあって楽しかったです。

それではまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です