徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
ネーミングライツポカリスエットスタジアム
ホームチーム徳島ヴォルティス
開場1971年5月
改修1992年7月・2014年
最寄り駅鳴門駅
収容人数19,514人
所有徳島県
運営管理徳島県スポーツ振興財団
設計者梓設計(バックスタンド改修)
総工費(2014年改修)約37.2億円
敷地面積32,354㎡
フィールド100m×75.7m

スタジアムアクセス

JR鳴門駅から徒歩

鳴門駅
鳴門駅前

JR鳴門駅から歩く場合は、所要時間が約25分となります。

JR鳴門駅からシャトルバス

徳島ヴォルティスのホームゲーム開催日は、シャトルバスが試合前後に数本だけ運行します。

詳細は「徳島ヴォルティス|オフィシャルサイト」で確認しましょう。

JR鳴門駅からタクシー

鳴門駅からタクシーを利用する場合は、所要時間6分、運賃は910円になります。(2021年時点:Japan Taxi)

高速鳴門から徒歩

大阪からポカリスエットスタジアムへアクセスする場合は、難波や大阪駅・梅田から出ている高速バス(南海バス)を利用するのが便利です。

バス停の「高速鳴門」はJR鳴門駅から徒歩15分程度の位置にあり、スタジアムまで歩く場合の所要時間は約40分となります。

高速鳴門からタクシー

「高速鳴門」バス停から歩くと約40分かかりますので、近くにある「鳴門市観光情報センター」からタクシーに乗っていくのが便利です。

ポカリスエットスタジアムまで、所要時間は7分、運賃は1,270円になります。(2021年時点:Japan Taxi)

スタジアムの特徴

海に近く、風の強いスタジアム。

特に風が強い日は、ボールが風に流されるため選手にとっては試合の展開に影響を与えます。

私が以前に観戦した試合では、3得点全て追い風が重なったゴールとなりました。

観客にとっては体感温度が下がるので防寒対策をしておくと良いです。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
メインスタンド側からバックスタンドを眺める

2014年にバックスタンドの改修が完了し、膜素材とシステムトラスが組み合わされた大屋根により、立派なバックスタンドへと生まれ変わりました。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
バックスタンド

観客席後方の支柱からV字型の鋼管で吊る構造により、軽快な印象のスタンドとなっています。

鳴門大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
南スタンドからメインスタンドを眺める

バックスタンドはスタンド全体に屋根が架かっているものの、メインスタンドは中央部分のみ屋根が架かっており、少し寂しい印象です。

【参考】

  • ポカリスエットスタジアム|鳴門・大塚スポーツパーク|公式HP
  • 梓設計|公式HP
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.22(13)(276)