東京スタジアム

味の素スタジアム
味の素スタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称東京スタジアム
ネーミングライツ味の素スタジアム
ホームチームFC東京
東京ヴェルディ
着工1998年6月
竣工2000年10月
改修2018年6月~2019年6月
収容人数48,013席(約5万人収容)
最寄り駅飛田給駅
所有東京都
運営管理東京スタジアム
設計者日本設計
施工者(1工区)大成建設・三菱重工・佐藤工業・西松建設・銭高組・五洋建設・大木・林・坂田JV
施工者(2工区)鹿島建設・竹中工務店・三井建設・住友建設・不動・東亜・京王・白石JV
事業費約307億円
階数地下1階・地上5階
敷地面積約17.7ha
建築面積44,400㎡
延床面積85,800㎡
フィールド110.5m×75.4m

スタジアムアクセス

飛田給駅から徒歩5分~10分程度。

飛田給駅から味の素スタジアムまでの道のりは「味の素スタジアムで観戦」で紹介しています。

飛田給駅
飛田給駅

座席の紹介

メインスタンド下層

味の素スタジアム
メインSS指定席

下層の中でも前の方の座席は選手の目線に近く、試合全体のプレーは見えにくいです。

陸上トラックがあるので、専用スタジアムと比べると臨場感に劣ります。

バックスタンド上層

バックスタンド上層での観戦は「味の素スタジアムで観戦」でも紹介しています。

味の素スタジアム
B13列61番からの眺め

バックスタンド上層はピッチまでやや遠いものの、試合全体を俯瞰して観やすい座席です。

スタジアムの大規模なスケールを体感することができます。

スタジアムの特徴

  • 楕円形の屋根の曲線美
  • 5万人収容の大規模なスタジアム
  • 駅から近くアクセスの良いスタジアム
  • 全席背もたれ付きの2層式スタンド
  • 吊り屋根構造のため柱がなく観戦しやすい

屋根が美しい

味の素スタジアム

味の素スタジアムの屋根は外側からケーブルで支持されているため、スタジアムの中から見るとすっきりしています。

さらに上空から見ると楕円形にスタジアムを取り囲んでいて、美しい屋根となっています。

味の素スタジアム

メインスタンドとバックスタンドはテフロン膜屋根ですが、ゴール裏のサイドスタンドは、天然芝への日照を考慮し、日本で初の採用となるポリカボネート製の屋根(太陽光を70%透過)が使用されています。

また屋根とスタンドの間には全周にガラスサッシが設けられています。

これはスタジアムが市街地にあるため、極力騒音を外に逃がさない配慮があります。

サッシの下部は電動で開くシステムとなっており、天然芝への風通しも考慮されています。

座席勾配

味の素スタジアム

座席は全席が背もたれ付きの2層式スタンドです。

下層は29,000人収容で勾配が20度、上層は21,000人収容で勾配が27度。

スタジアムの高さは33m

調布飛行場が隣接しており航空制限があるため、建物の高さはグラウンドレベルから最後部(避雷針)まで33mに抑えられています。その分、1階部分の4mを地下に掘り込んで建設されています。

【出典】

  • AJINOMOTO STADIUM
  • 鹿島建設|実績紹介
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.24(6)(297) 1995-04
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.29(13)(371) 2000-11