神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

スタジアム概要

スタジアム名称神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
ホームチームヴィッセル神戸
開場1985年
最寄り駅総合運動公園駅
収容人数45,000人
所有神戸市
運営管理神戸市公園緑化協会
設計者日建設計

スタジアムアクセス

総合運動公園駅から徒歩

総合運動公園駅
総合運動公園駅

総合運動公園駅から徒歩約5分となります。

車でアクセス(駐車場)

駐車場台数(身障者用含む)
P1(陸上競技場前)68台
P2(立体駐車場)553台
P3(総合運動公園駅東)56台
P5(野球場北)100台
P7(野球場西)850台
P4・P6・P9(臨時駐車場)
出典:神戸総合運動公園|交通アクセス

「akippa」にて「神戸総合運動公園」と検索してスタジアム近くの駐車場を予約するのも安心です。

【akippa(あきっぱ!)】

スタジアムの特徴

  • ノエビアスタジアム神戸」が完成するまで、ヴィッセル神戸のメインスタジアムとして利用されていた歴史のあるスタジアム
  • 4,5000人収容の大規模な陸上競技場
  • メインスタンドの大きなコンクリート打ち放し面が特徴
  • 山の傾斜地に合わせて計画されたスタジアム

コンクリート打ち放しの外観

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
夕暮れ時

4,5000人と大規模なスタジアムではありますが、遠くから眺めると、それほどスケールの大きさを感じずに周辺環境に溶け込んでいるように見えます。

その理由はバックスタンド側が山の斜面地を利用していることだと考えられます。

コンクリート打ち放しは、夕暮れどきに西日に照らされることで、日中とは全く表情が異なりますね。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
夕暮れ時のメインスタンド
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
夜のメインスタンド

楕円形のスタジアム

スタジアムを上から見ると楕円形状になっており、座席はひと続きでつながっています。

メインスタンドの座席

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンド座席

メインスタンドの座席は古びていますが、背もたれと仕切りがある個席となっています。

スタジアム周辺

神戸総合運動公園
Aゲート前

南側にあるAゲートの横にある通路をのぼっていくと、試合がない日はスタジアムのなかを見わたすことができます。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
南側サイドスタンド
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
Aゲート方面を眺める
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
バックスタンドを眺める

Aゲートから入るとスロープがバックスタンドの1階席と2階席の間につながっていることが分かります。

やや急な勾配だと思いますが、Aゲートから入ってバックスタンドまでスロープで行けるのはバリアフリーと言えますね。

建設当時にバリアフリーを考慮して設計されたかどうかは定かではありませんが…。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
南側サイドスタンド
神戸総合運動公園
スタジアム外の通路
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
バックスタンドを眺める
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンドを眺める

Aゲート横の通路を上っていくと、ご覧のようにスタジアム内のピッチをよく見渡すことができます。

おそらく試合が開催される日は、通路が封鎖されるのではないかと思います。

よく見えるので開放されていたらタダで試合を観れてしまいますね。

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンド
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンドのスロープ
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
メインスタンドの階段
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
Eゲート
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
北側サイドスタンド

【参考】

  • ユニバー記念競技場|神戸総合運動公園