町田市立陸上競技場

メインスタンド

スタジアム概要

スタジアム名称町田市立陸上競技場
ネーミングライツ町田GIONスタジアム
ホームチームFC町田ゼルビア
開場1990年10月
改修2009年~2013年(第1次)
2019年8月~2021年2月(第2次)
最寄り駅鶴川駅
収容人数10,609人
所有町田市
運営管理スポーツパークパートナーズまちだ
設計者(改修)梓設計
施工者(改修)2009年~2013年
フジタ
2019年~2021年
西武建設(建築)栗原工業・協立電工(電気設備)渡辺工業所(空調設備)鶴川設備工業(給排水設備)
 建設費
2013年:約30億円
(メインスタンド:約21.2億円)
2021年:約35億円
(建築・電気・空調・給排水)

スタジアムアクセス

アクセスが良くないと言われている町田市立陸上競技場ですが、2020年から直行バスが増便となりました。

これまで町田駅・鶴川駅のみだったのが、南町田グランベリーパーク駅・淵野辺駅・多摩センター駅から直行バスが運行されるようになり、利便性が向上しました。

特に「南町田グランベリーパーク駅」「淵野辺駅」「多摩センター駅」から出ている直行バスは“無料”なので、お得です。

スタジアムすぐ近くのバスターミナルに停車するので、非常に便利です。

【直行バスの概要】

駅名所要時間便数(往路)
町田駅40分(有料)2便
鶴川駅20分(有料)11便
南町田グランベリーパーク駅60分(無料)2便
淵野辺駅30分(無料)10便
多摩センター駅30分(無料)10便

町田駅からのアクセス

上記では直行バスをご紹介しましたが、町田駅についてはキックオフの2時間前1時間半前の2便のみの運行となるため、混雑具合によっては乗車できない場合や、スタジアムに行きたい時間に合わないことがあるかと思います。

そのため、町田駅から路線バスを利用したアクセスをご紹介します。

乗車場所は町田駅の町田バスセンターになります。

初めての方は分かりにくいと思いますが、JRを利用してきた方は小田急線方面へ、小田急線を利用してきた方は西口改札を出てJR方面へ向かいましょう。

途中で高架下にバスロータリーがあります。

4番~14番乗り場のうち、スタジアムに向かうのは2番・4番・14番乗り場になります。

乗り場によって運行本数が異なりますので、事前に神奈川中央交通HPにて時刻表を確認するのがよいでしょう。

いずれも「野津田車庫行き」に乗り終点の野津田車庫で下車となります。

野津田車庫に到着した後、そこから更に15分程度、上り坂を歩くことになりますので、ご注意ください。

野津田車庫から2つのルートがありますが、「町田市立陸上競技場で観戦」にて1つ紹介していますので、そちらをご覧頂ければと思います。

南町田グランベリーパーク駅からのアクセス

南町田グランベリーパーク駅からのアクセスは「町田GIONスタジアムで観戦 Vol.2」にて紹介しています。

シャトルバスは「南町田グランベリーウォーク」の鶴間公園前(スヌーピーミュージアムや駅に近い方)から出ています。

乗車時には観戦チケットを見せる必要があります。

南町田グランベリーパーク駅前のシャトルバス乗り場
南町田グランベリーパーク駅のシャトルバス乗り場

座席の紹介

実際にスタジアムを訪れて観戦した座席を紹介します。

町田GIONスタジアム

メインスタンドSS席

メインスタンド4FのSS席(アウェイ側)からの眺めになります。

観戦は2018年J2リーグ最終節のFC町田ゼルビアvs東京ヴェルディと注目試合のため、チケットは完売でした。

当時SS席を含めて全て自由席でしたので、私が行ったときには既にほとんどの座席が埋まってしまっている状況でした。

陸上競技場なので、やはりピッチは遠いです。

メインスタンドは2013年に新しくできたスタンドですので、座席からピッチへの視角は問題なく、俯瞰して観ることができます。

ゴール裏

ゴール裏の最前列はほぼピッチレベル。

そして陸上トラックがありピッチが遠いので、試合が非常に見え難い座席です。

近いサイドの選手の動きは見えるが、逆サイドはもう雰囲気で楽しむしかない。

ゴール裏2列目からの眺め
ゴール裏の座席

バックスタンド

町田GIONスタジアム

3F

バックスタンド3Fはゴール裏の座席とは異なり、ピッチを俯瞰して選手の動きをよく見ることができます。

2021年に新しく完成したスタンドなので快適な観戦環境となっています。

特に前方の座席になる程、より観やすいスタンドです。

町田GIONスタジアム
バックスタンド3階からの眺め
バックスタンド3階の座席
バックスタンド3階の座席
町田GIONスタジアム
バックスタンド3階(5列目)からの眺め

スタジアムの特徴・歴史

1990年に開場

町田市立陸上競技場は大きな都市公園内に位置する自然に囲まれたスタジアムです。

山口県の維新みらいふスタジアムのように周囲に山々の景色が見られるというよりは、山の中にあるようなイメージのスタジアムです。

山という程、標高は高くありませんが(最も高いところで116m)、坂道を上って行った先にあり、近くまで行かないと姿を見せませんので、森のスタジアムと言っても良いのではないかと私は思っています。

(2013年の改修工事によってメインスタンドの高さが高くなったため、以前よりも遠くからスタジアムが目立つようになりました)

他のスタジアムと比べるとアクセスは不便であることは否めず、一部批判の声もあるものの、J1リーグ唯一無二の森のスタジアムと考えれば、町田のアイデンティティーとして、このようなスタジアムがあっても良いのではないかと私は思います。

アクセスについては臨時バスの増便など工夫はできると思いますので、FC町田ゼルビアが強いクラブとなって入場者数が増えてくれば、自然と解決していける問題ではないかと考えます。

どのような立地であろうと、現地で観たい人は足を運ぶ、不便だから面倒な人はテレビで見れば良い、というシンプルな問題だと思います。

野津田公園
出典:町田市第二次野津田公園整備基本計画鳥瞰図

2010年には4基の照明塔が設置され、2011年には芝生席だったバックスタンド・サイドスタンドに座席が設置されました。

メインスタンドの改修(2013年竣工)

J2クラブライセンス基準を満たすためにメインスタンドの改修が行われ、2013年にリニューアルオープン。

メインスタンドは2階建てから6階建てに。

観客席は約1,700席増となり、約1万人収容のスタジアムとなりました。

メインスタンド

バックスタンドの改修(2021年竣工)

FC町田ゼルビアは2018年にJ2リーグ4位と歴代最高成績でシーズンを終えましたが、スタジアムがJ1クラブライセンス基準を満たしていないため、J1昇格プレーオフに進出することができませんでした。

最終節に勝利していれば、結果的にはJ2優勝となっていたところ。

FC町田ゼルビアというチームやスタジアムが一躍注目されたシーズンになりました。

町田GIONスタジアム
バックスタンド「入城ゲート」

J1クラブライセンス基準のスタジアムとするために、2019年8月にいよいよバックスタンドの改修工事が着工しました。

バックスタンドの観客席増設により、2021年シーズンにはスタジアムの収容人数は約1万人から約1万5千人へ拡張。

これでFC町田ゼルビアがJ1に昇格するビジョンが明確になりました。

バックスタンド
FC町田ゼルビアvsアルビレックス新潟
FC町田ゼルビアvsアルビレックス新潟

2021年5月16日にバックスタンドの杮落し・落成式が行われました。

対戦相手は2021シーズン負けなしで首位に立つアルビレックス新潟。

バックスタンドの座席は完売となり、一体感のある応援の中でFC町田ゼルビアは見事勝利を収め、町田の歴史に名を刻みました。

2万人収容のスタジアム構想

観客席が約1万5千人収容となることで、J1クラブライセンスの最低基準は満たせることになります。

ただJ1リーグの平均入場者数を考慮すると、まだ収容人数が足りないと思われるということで、南北スタンドも改修して全席屋根付きの2万人収容のスタジアムとする構想も計画されています。

現状の南北スタンドは傾斜が緩く座席数も少ないために、ゴール裏がすごく寂しく感じます。

南北スタンドの改修もぜひ実現してほしいと思いますね。

町田市立陸上競技場
出典:町田市立陸上競技場将来構想作成業務報告書|梓設計

夜景が綺麗なスタジアム

町田GIONスタジアムは丘の上の森に囲まれているため、夜は真っ暗闇になります。

そのため夜になると、スタジアムは光り輝き、暗闇に浮かぶ幻想的な光景となります。

町田GIONスタジアムで観戦 Vol.4」で夜の写真を紹介しています。

町田GIONスタジアム
バックスタンド
町田GIONスタジアム
バックスタンド
町田GIONスタジアム
バックスタンド