トランスコスモススタジアム長崎で観戦

2018年11月10日

J1リーグ 第32節

Vファーレン長崎vs横浜Fマリノス

トランスコスモススタジアム
トランスコスモススタジアム メインスタンド外観

今日の試合、負ければJ2リーグへの降格がほぼ確定してしまうVファーレン長崎と、勝てばJ1リーグの残留がほぼ確定する横浜Fマリノス。

どちらも負けられない重要な一戦です。

東京から長崎へ

関東(東京)から長崎へのアクセスは、ほとんどの人が飛行機を利用すると思います。

Jリーグ観戦において、交通費はできる限り抑えたい出費ではありますが、今回は試合日の直前に観戦に行くことを決めたので、羽田から長崎への飛行機代が高くなってしまいました。

もっと早い時期から計画をしておくことはもちろん、東京から長崎へ観戦に行く際には、羽田空港ではなく成田空港からpeachやJetstarといったLCCを利用して行く方がコストが掛からずベストな選択だと思いました。

ただ、成田空港まで行くための時間やお金も考えて、トータルでどちらが良いのか考える必要があります。

長崎空港からスタジアムまで

長崎空港からスタジアム最寄りの諫早駅までバスが出ています。所要時間は40分~50分程度。

諫早駅からスタジアムまでバスが出ているようですが、今日は歩いてスタジアムへ向かうことにしました。

Vファーレンロード
出典:Vファーレン長崎|公式HP

Vファーレン長崎の公式ホームページでは徒歩約30分との記載がありましたが、概ね徒歩20分程度で行ける距離だと思います。

ちなみに、行きは時間を見ていなかったのですが、帰りは急ぎめの早歩きで、メインスタンドを出てから諫早駅まで約15分程度で到着しました。

トランスコスモスタジアム長崎
トランスコスモススタジアム長崎
メインスタンド

Vファーレン長崎の公式HPに記載の通りに”Vファーレンロード”を歩いて行くと、メインスタンドの前に到着です!

トランスコスモススタジアム長崎
アウェイゴール裏側のスタンド

こちらはメインスタンド側からアウェイゴール裏の北サイドスタンドを眺めた写真になります。

背景には少し紅葉が色づき始めた小山が見えます。岐阜でや山形で観戦した時にも感じましたが、スタジアムの背後に山々など自然の景色が見えることですごく気分が良い。

トランスコスモススタジアム長崎
トランスコスモススタジアム長崎のメインスタンド

こちらはメインスタンド正面の入場口です。2013年にスタジアム全体が改修されたので、比較的新しく外観はきれいで良い感じ。

Vファーレン長崎の選手の「のぼり旗」を見ながら階段を上っていくと、スタジアム内からVファーレン長崎の応援が聞こえてきました。スタジアムに入るときに聞こえる歓声やサポーターの応援がたまらなく、高揚感が高まりますね。

スタジアムの中へ
トランスコスモススタジアム長崎 コンコース
トランスコスモススタジアム長崎のコンコース

スタジアムに入場してコンコースを歩いてみます。開放感があり気持ちの良い空間。

トランスコスモススタジアム長崎
メインスタンドから南サイドスタンドを眺める

今日は一番価格の高いメインS指定席で観戦!

トランスコスモススタジアム長崎は2万人規模のコンパクトなスタジアム。

ユアテックスタジアム仙台のように屋根が同じパターンで連続してスタジアムを囲んでいるデザインとスタンドが楕円形に滑らかに繋がっているのが美しいですね。

陸上トラックがありますが、ピッチまでの距離も遠く感じることもなく、すごく観やすいスタンドでした。

トランスコスモススタジアム長崎
メインスタンドから北サイドスタンドを眺める

こちらは北サイドスタンドのアウェイ側のゴール裏。

トランスコスモススタジアム長崎
選手のウォーミングアップが始まる
Vファーレン長崎vs横浜Fマリノス
横浜Fマリノス(左)vsVファーレン長崎(右)

ウォーミングアップが終わり、選手が入場しました。正面から選手の写真を撮ることができるのは、メインスタンドで観戦するひとつのメリット。

選手宣誓 ヨルディ・バイス選手
選手宣誓を行うVファーレン長崎のヨルディ・バイス選手
Vファーレン長崎 ホームゴール裏
Vファーレン長崎サポーター

ホームVファーレン長崎のゴール裏サポーターです。今日はVファーレン長崎にとってもJ1残留のために絶対に勝たなければ試合のはずですが、サポーターの情熱があまり感じられず、もうあきらめてしまったのかな…と思ってしまいました。

トランスコスモススタジアム長崎 横浜Fマリノスサポーター
トランスコスモススタジアム長崎 横浜Fマリノスサポーター

こちらはアウェイゴール裏、横浜Fマリノスのサポーターです。どこの会場でも多くのサポーターが駆けつけるマリノス。アウェイでのマリノスサポーターの応援の声量はいつもすごいです。今日もマリノスの応援がホームの長崎を圧倒し、私はほぼ中央の位置に居ましたが、終始マリノスの応援しか聞こえない程でした。

Vファーレン長崎vs横浜Fマリノス
Vファーレン長崎vs横浜Fマリノス

試合は終始、横浜Fマリノスが支配する展開で、複数得点も期待できましたが、なかなかチャンスを生かせず、得点は後半73分の伊藤翔選手によるゴールのみ。結局1-0の接戦で横浜Fマリノスの勝利という結果となりました。

トランスコスモススタジアム長崎は陸上競技場ですが、コンパクトで観やすい。

スタジアム周囲の自然環境、デザイン性も素晴らしく、総合的に良いスタジアム。

またぜひもう一度訪れたいと思うスタジアムになりました。

そして今日はそのまま東京へは帰らずに、新山口駅へ向かいます。

なぜなら翌日にはJ2リーグのレノファ山口vsヴァンフォーレ甲府を観戦するからです。

J1とJ2あるいはJ3は土曜日と日曜日それぞれに開催される場合が多いので、近い地域の試合を探して、今回私が計画したように、2日かけて東京→長崎→山口→東京と観戦するのも楽しいですよ。

それではまた次回!

トランスコスモススタジアム長崎で観戦” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です