スタジアム概要

スタジアム名称長崎県立総合運動公園陸上競技場
ネーミングライツトランスコスモススタジアム長崎
ホームチームV・ファーレン長崎
開場1969年(2011年に解体)
新築2011年3月~2013年2月(竣工)
最寄り駅諫早駅
収容人数20,246人
所有長崎県
運営管理一般社団法人長崎県公園緑地協会
設計者日本設計
施工者清水建設・西海建設・長崎土建JV
大林組・谷川建設・野副建設JV
建設費約78億円

スタジアムアクセス

トランスコスモススタジアム長崎へのアクセスは諫早駅から。

Vファーレン長崎の公式ホームページでは徒歩約30分程度ですが、私が観戦したときはスタジアムのメインスタンドを出てから諫早駅まで早歩きで15分程度で到着しました。

諫早駅からバスも出ていますので、Vファーレン長崎の公式ホームページを確認しましょう。

座席の紹介

メインスタンドSS指定席

Vファーレン長崎vs横浜Fマリノス
メインスタンドSS指定席から

トランスコスモススタジアム長崎は、陸上競技場にしては座席からピッチまで近く感じますので、陸上競技場ならではの間延びした感じがありません。

サッカー専用スタジアムの臨場感には適いませんが、陸上競技場としては観やすくて良いと思われます。

スタジアムの特徴

トランスコスモススタジアム長崎
メインスタンド下層SS指定席 最後部の座席から

上の写真はメインスタンドSS指定席の最後部からの眺めになります。

上階の座席が屋根のようになっていることが分かりますね。

このように上層スタンドが前にせり出すことで、陸上競技場ながらピッチを近く感じることができる工夫がなされているのではないかと想像します。

スタジアムは上から見ると楕円に近い形状となっていて、屋根もそれに合わせて楕円にぐるっとスタジアムを1周して架けられています。

屋根の造りはユアテックスタジアム仙台とイメージが似ていると思いますが、トランスコスモススタジアムの屋根の方が軽快で滑らかな感じがしますね。

また屋根とスタンドの間は視線が抜けていて開放感がありながら、ピッチが包み込まれている感覚があります。

スタジアムの工事はメインスタンド側を1工区、バックスタンド側を2工区と分割して施工が行われました。

1工区は清水建設ほかJV、2工区は大林組ほかJVです。2つのJVに加えて設備関連では5つのJV、生コン業者が8社と、関係会社の多い工事でした。

Vファーレン長崎は2023年の完成を目指し新スタジアムの建設計画を進めていて、すごく楽しみではありますが、トランスコスモススタジアム長崎も陸上競技場ではありますがサッカー観戦としても申し分のない素晴らしいスタジアムではないかと思います。

【参考】

  • 大林組|公式HP