カシマサッカースタジアムで観戦 Vol.2

2021年5月15日

J1リーグ 第14節

鹿島アントラーズ vs 横浜Fマリノス

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
カシマサッカースタジアム

今日は1993年に開幕したJリーグの日。

開幕年からJ1リーグに在籍し、一度もJ2リーグに降格したことのない「オリジナル10」の2チームによる伝統の一戦。

横浜Fマリノスにとっては、2012年の勝利以来、実に8年間もここ「カシマ」で勝利ができていないのです。

鹿島アントラーズはザーゴ監督が解任されて、”鹿島”を深く知る相馬直樹監督が就任してからリーグ戦5試合負けなし。(4勝1分)

一方で横浜Fマリノスは、開幕戦の川崎フロンターレに敗戦したものの、その後リーグ戦11試合負けなし。(8勝3分)

そんな好調同士のタイミングで迎える楽しみな対戦です。

潮来ICからスタジアムへ

今回は車でスタジアムへアクセス。

茨城県外から高速を利用する場合は、潮来ICで降りて下記のルートが一般的です。

ただこのルートは利用者が多く、かなり混雑するため要注意

帰りは試合終了後すぐにスタジアムを出ましたが、スタジアムを出てから約1時間掛かってようやく潮来ICに到着しました。(入場者数は11,630人)

スタジアム周辺の民間駐車場を利用
カシマサッカースタジアム周辺 民間駐車場
北サイドスタンド前の民間駐車場から

カシマサッカースタジアム周辺の駐車場利用は初めてということもあり、どこに駐車場があるかも分からない状況でした。

「スタジアム大通り」を通ってスタジアムが見えてきた頃、スタジアム南側(カシマスポーツセンター近く)に民間駐車場がありました。そこはキックオフ2時間前でかなり空きがあり。

しかし今日はもう少し進んで北サイドスタンドの前にある民間駐車場を利用します。(1,000円)

スタジアム周辺には駐車場がたくさんあるので、どこも満車になって困ることはほぼ無いだろうという印象ですね。ただ特に初めて来る方は、車でアクセスする場合は早めの来場を心掛けるのが良いと思います。

カシマサッカースタジアム
北サイドスタンド前

さあそれではスタジアムへ向かいましょう。

まずはこちらが北サイドスタンド(アウェイゴール裏)前の広場です。

カシマサッカースタジアム
スタジアムマップ

スタジアムマップを見てみましょう。上図左上が現在地。今日の座席はメインスタンドなので、1GATEの方へ行きます。

北サイドスタンドの前を通って1GATEまで行く間に、メインスタンドの方から歩いてくるマリノスサポーターも見られました。おそらくメインスタンド前のV駐車場・G駐車場・F駐車場に駐車されていたのではないかと想像します。

カシマサッカースタジアム
1GATE

1GATEから入場。

メインスタンドへ入場
カシマサッカースタジアム
メインスタンド
カシマサッカースタジアム
メインスタンド

メインスタンドの中へ入りました。

カシマサッカースタジアムへの来場は今回で3回目なのですが、いつも感じるのは、言葉で言い表すのが難しい”独特の空気感”を感じること。

スタジアムに居るほとんどの方が”鹿島アントラーズのユニフォーム”を着ているということもありますが、”カシマ”のホームを肌で体感することができます。

カシマサッカースタジアム
メインスタンド

赤いユニフォームを着ていない方が目立つスタジアム。コンコースの周囲に座ったりくつろいでいる人が多いので何となく視線を感じる。なので写真はあまり人が居ないところを撮っています。

スタジアムのトイレがリニューアル
カシマサッカースタジアムのトイレ
カシマサッカースタジアムの男性用トイレ

2019年に女性トイレがリニューアル、女性に優しい改装となったことで話題になりました。

女性トイレは当然行くことができないので、男性トイレを見てみましょう。女性ほどインパクトはないですが、綺麗になっていますね。

スタジアムグルメ
カシマサッカースタジアム
スタジアムグルメ
居酒屋ドリームの「ハラミメシ」

鹿島のスタジアムグルメ。特に迷うことなく、前回の観戦(カシマサッカースタジアムで観戦)と同じく「居酒屋ドリーム」さんの”ハラミメシ”にします。

前回は大盛にして失敗(量が多い)しましたので、今回は並盛にしておきましょう。並盛は700円、プラス100円で温玉を付けることができます。

カシマサッカースタジアム
メインスタンド1階

ハラミメシを片手にメインスタンドへ入場。

ハラミメシ
ハラミメシ並盛+温玉(800円)

座席で”ハラミメシ”を食べます。ハラミも美味しいですが、豆腐も美味しい😋

他のスタグルも気になるのですが、鹿島ではついこの”ハラミメシ”に惹かれてしまう。

ガッツリ食べたい人も、ボリュームたっぷりなので並盛で十分なはずです。ちなみにミニ盛を注文する人も多く見られます。

メインスタンド中央からの眺め
カシマサッカースタジアム
メインスタンド正面からの眺め(1階通路の高さ)

お昼ご飯を食べたので、メインスタンドの中央へ行ってみます。

圧巻の眺め。アクセスやスタジアムの立地を除き、観戦環境だけ考えれば日本屈指のスタジアムだと思います。

カシマサッカースタジアム
メインスタンド1階最後列から

1階席の最上部に上ってみました。

カシマサッカースタジアム
メインスタンド正面からの眺め(1階最後部の高さ)

写真だと分かりにくいですが、ピッチをより俯瞰で観ることができます。

メインスタンド1階の7列目から観戦
カシマサッカースタジアム
メインスタンドの座席

今日は1階の7列目で観戦!

カシマサッカースタジアム
メインスタンド1階の7列目54番からの眺め

ピッチが近い。素晴らしい雰囲気。

少し冷えているので、上着を持ってきて良かったです。

カシマサッカースタジアム
南サイドスタンドを見る

南サイドスタンドを見てみます。屋根のフォルムが美しい。

カシマサッカースタジアム
横浜Fマリノスのゴールキーパーが入場

横浜Fマリノスのゴールキーパー(高丘陽平・梶川裕嗣)がピッチに入り、サポーターへ挨拶します。

カシマサッカースタジアム
北サイドスタンド(アウェイゴール裏)

アウェイゴール裏には既に多くのマリノスサポーターがいますね。

カシマサッカースタジアム
ゴールキーパーのウォーミングアップ

マリノスのゴールキーパー(以下、GK)のウォーミングアップはフィールドプレーヤーのようなパス回しから始まります。マリノスのディフェンス(以下、DF)は常に高い位置をとっているため、GKは相手やボールがDFラインの裏を抜け出た場合に、カバーをする必要があります。また前線へのビルドアップを行う場面も多くあり、足下の技術がかなり重要視されています。

横浜Fマリノスメンバー
マリノスの選手が入場

マリノスのフィールドプレーヤーが目の前を走って入場です。

横浜Fマリノスメンバー
マリノスの選手が入場

前田大然だけスタンド目線ですね。アップ中もスタンドに向けて手を振ったりしていたので、家族が応援に来ていたのかもしれません。

横浜Fマリノスメンバー
マリノスサポーターへ挨拶

フィールドプレーヤーもゴール裏のサポーターへ挨拶に行きます。

横浜Fマリノスメンバー
横浜Fマリノスの選手

スタンドの観客へ挨拶。

鹿島アントラーズメンバー
鹿島アントラーズの選手

ピッチ南側では、鹿島アントラーズの選手が入場です。

鹿島アントラーズメンバー
鹿島アントラーズの選手

マリノスキラーと言われる?上田綺世が今日は控えからのスタート。ボランチには三竿健斗とレオシルバの強力コンビが戻ってきています。FWのスタメンは、試合に出ればしっかり仕事をするイメージの土居聖真。他には若手選手が多く台頭する鹿島。特に気になっているのは、今シーズンから明治大学より加入した常本佳吾ですね。

カシマサッカースタジアム
選手入場

さあ、そしてまもなくキックオフ。選手が入場です。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス

鹿島アントラーズと横浜Fマリノスが対戦するときは、両チーム共にホームユニフォームを着用することが多いイメージ。しかし今日はマリノスがビジターユニフォームの”白”で臨みます。おそらく今年は鹿島のソックスが”赤”のためでしょう。鹿島のソックスが”黒”のシーズンは、マリノスのソックスが”赤”なので、ホームユニフォーム同士でできるということだと思います。

横浜Fマリノスのスタメン
横浜Fマリノスのスタメン

横浜Fマリノスのスターティングイレブン。日本代表が2人(畠中槙之輔・松原健)、元世代別代表が4人(喜田拓也・扇原貴宏・前田大然・オナイウ阿道)に加え、タイ代表(ティーラトン)とブラジル人トリオ(チアゴマルチンス・マルコスジュニオール・エウベル)と豪華なメンバーですね。GKの高丘陽平はユース年代で代表歴があります。

横浜Fマリノスのスタメン
試合へ気持ちを上げていく

両チーム円陣を組みます。

横浜Fマリノスサポーター
横浜Fマリノスのサポーター

もう一度、横浜Fマリノスサポーター。ビジター席は完売。ギチギチに詰まっているように見えますね…。

カシマサッカースタジアム
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス

前半キックオフ!

カシマサッカースタジアム

試合は立ち上がりから激しいぶつかり合い。

鹿島のレオシルバと横浜のエウベルが接触したとき、「バチン!」と凄い音がしました。

その他にも目の前で繰り広げられる激しい戦いは見応えがあります。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス

鹿島のフリーキックは永戸勝也と荒木遼太郎。

横浜Fマリノス

飲水タイム中です。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
横浜Fマリノスが先制点

飲水タイムが終わった直後、右サイドのエウベルがマルコスジュニオールとのワンツーで抜け出し、中へクロス。オナイウ阿道がヘッドで合わせ、横浜Fマリノスが先制点!

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズが同点に追いつく

遂にカシマで勝利を収める日が来るか…と思っていた矢先、前半40分に土居聖真のゴールで鹿島アントラーズが同点に追いつきます。

後半キックオフ
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス

1-1の同点で後半が始まります。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島の常本佳吾と横浜の前田大然がマッチアップ

後半に入ると、鹿島の右サイドバック常本佳吾と、横浜の左ウイング前田大然のマッチアップを近くで見ることができました。驚異の俊足を誇る前田大然ですが、今日は常本佳吾に上手く抑えられていたような印象がありました。前田大然が裏へ抜け出るとき、スピードに乗る前に体を入れて抑えていた見事なシーンがありました。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズが逆転

そして後半開始1分、不意に試合が動きました。

横浜の松原健が最終ラインで鹿島の白崎凌兵にボールを奪われ、土居聖真が裏へ抜け出しGKと1対1。

ファーサイドへ体を向けながらニアサイドへ蹴り込む秀逸なゴールで鹿島が逆転に成功します。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズが3点目
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
土居聖真のハットトリック

後半53分には鹿島がPKを獲得し、土居聖真が決めてハットトリック。3-1で鹿島がリードとなりました。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズが4点目

マリノスにとってはショッキングな追加点となりましたが、2点差ならまだ大丈夫。

…と思っていたところ、2分後に鹿島アントラーズが荒木遼太郎のゴールで4点目。

ポステコグルー監督も啞然としている様子でした。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
横浜Fマリノスが4枚替え

さすがにマリノスにとっては危機的状況。これは選手を交替して流れを変えるしかありません。

58分に小池龍太、天野純、渡辺皓太、レオセアラの4選手を同時投入します。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズの選手交代

しかし流れは変わらない。鹿島アントラーズは66分にファンアラーノと上田綺世を投入します。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス

74分にはオナイウ阿道の今日2得点目で2-4。マリノスは少しだけ望みが出てきました。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズが5点目

しかし希望も束の間。77分には、横浜のGK高丘陽平のトラップミスを上田綺世が奪い、駄目押しの5点目。マリノスキラーが終止符を打ちました。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
天野純のフリーキック
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
天野純のフリーキック
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
畠中槙之輔が脳震盪で途中交代

86分には鹿島の町田浩樹と接触した畠中槙之輔が脳震盪のため、ピッチを後にします。マリノスは81分にも水沼宏太が入ったため交代枠を使い切っていましたが、怪我の理由があるので交代することができます。代わりに岩田智輝がピッチへ。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
横浜Fマリノスが3点目
鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
横浜Fマリノスが3点目

試合終了直前、天野純のゴールでマリノスは1点を返すも時すでに遅し。

鹿島アントラーズvs横浜Fマリノス
鹿島アントラーズ5-3横浜Fマリノス

試合は5-3で鹿島アントラーズの勝利となりました。

ただ最後までマリノスは諦めない強い気持ちを感じました。今回は鹿島アントラーズが一枚上手だったという印象です。

カシマサッカースタジアム
試合終了
カシマサッカースタジアム
カシマサッカースタジアム

久しぶりの鹿島での観戦でしたが、やはり今回も素晴らしいスタジアムでした。

アクセスに時間が掛かるのは難点ですが、またいつか観戦に訪れたいと思います。

それではまた次回!

カシマサッカースタジアムで観戦 Vol.2” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です