カシマサッカースタジアム
南サイドスタンド
 目次
  • スタジアム概要
  • スタジアムアクセス
  • 座席の紹介
  • スタジアムの特徴
 スタジアム概要
スタジアム名称茨城県立カシマサッカースタジアム
ホームチーム鹿島アントラーズ
着工1992年
1998年(大規模改修)
竣工1993年
2001年(大規模改修)
最寄り駅鹿島サッカースタジアム駅
収容人数40,830人
所有茨城県
運営管理鹿島アントラーズ・エフ・シー
設計者日建設計
施工者竹中工務店・住友建設・常総開発工業・勝村工業・岡部工務店JV
建設費74億円
193億円(改修)
 スタジアムアクセス
  • 鹿島サッカースタジアム駅から徒歩2、3分
  • 東京駅から高速バスで約120分~130分(以前に予約制の高速バスでアクセスした時は、時刻表の所要時間が95分だったのですが、実際には130分掛かりました。)
 座席の紹介
カテゴリー2

鹿島サッカースタジアム駅および高速バス乗り場の反対側、バックスタンドの座席になります。メインスタンドのカテゴリー1よりチケットの価格が安く、ピッチの横から全体を眺めることができます。日中は逆光となるので、ナイターの試合でおすすめの座席です。

カシマサッカースタジアム
カテゴリー2
最後列の座席からの眺め
 スタジアムの特徴
  • アクセスは不便だが、臨場感の溢れる観戦しやすいサッカー専用スタジアム
  • 鹿島アントラーズの圧倒的なホームを感じられるスタジアム
  • 都会の喧騒から離れた土地で盛り上がる非日常感
  • スタンドの傾斜は1層目が29度、2層目が33度
  • 天然芝の維持管理のために必要な日照を確保するために、南側の屋根は透明なポリカーボネイト板を採用

カシマサッカースタジアムの特徴は、他の専用スタジアムと比較して1層目スタンドの勾配が29度と急傾斜であることです。吹田スタジアムやサンガスタジアムなどのように2層目スタンドの勾配の方が1層目スタンドと比べて急傾斜であることが通常だと思われますが、カシマサッカースタジアムは元々1万5千人収容のスタジアムとして建設され、その後、2層目スタンドが増築された経緯があります。そのため、スタジアム内からスタンドを見ると、1層目スタンドの周りに別の建造物として2層目のスタンドが自立していることがよく分かります。

カシマサッカースタジアム
カシマサッカースタジアム
2019年に女性トイレが一部リニューアル

カシマサッカースタジアムへ観戦にくる観客の45%が女性という。そこで女性の満足度向上の一環として、女性トイレの一部が2019年にリニューアルされました。アントラーズカラーを意識して、壁面はネイビー、個室扉はレッドの配色となっています。動線が整理され、洗面台の背後にパウダーコーナーが5か所設置されています。

【参考】

  • 茨城県立カシマサッカースタジアム|公式HP
  • 国内の主なサッカースタジアムの概要|秋田県
  • 日刊建設工業新聞