東平尾公園博多の森球技場

スタジアム概要

スタジアム名称東平尾公園博多の森球技場
ネーミングライツベスト電器スタジアム
ホームチームアビスパ福岡
竣工1994年10月
収容人数21,562人
最寄り駅福岡空港駅
所有福岡市
運営管理福岡市森と緑のまちづくり協会
設計者大建設計
施工者戸田建設・東海・地崎・九州・日立建設JV
事業費約100億円
フィールド154m×90m

スタジアムアクセス

東平尾公園博多の森球技場へのアクセスは福岡空港から。

  1. 駅3番出口からシャトルバス
  2. 駅4番出口から路線バス
  3. 徒歩20分~30分程度
  4. タクシー

シャトルバス

  • 福岡空港駅3番出口から、キックオフ3時間前より約10分~20分間隔で運行しています。
  • 運賃は片道で大人170円(小人90円)※2021年時点
  • 所要時間は約8分
  • ICカード利用の場合は、乗車時と降車時にタッチ
  • 復路のシャトルバス乗り場は往路の降車場所と異なりますので注意です(東平尾公園入口付近)
3番出口のシャトルバス乗り場

路線バス

アビスパ福岡ホームゲーム開催時に来場する方は、基本的にシャトルバスを利用がベストですが、路線バスでアクセスも可能です。その場合、福岡空港駅4番出口付近にあるバス停「福岡空港前」で乗車します。

  • 「福岡空港前」から所要時間4分「東平尾公園入口」で下車
  • 「東平尾公園入口」からスタジアムまで徒歩5分~10分程度
  • 運賃は片道170円
  • 1時間に1本~2本程度の間隔で運行

福岡空港駅から徒歩

福岡空港から徒歩でアクセスする場合は、所要時間が20分~30分程度。

行きはシャトルバスがベスト。ただ帰りのシャトルバス乗り場はスタジアムから少し離れたところにあるので、そのまま福岡空港まで歩いて行くのも良いでしょう。

福岡空港からタクシー

タクシーを利用する場合の参考金額は片道1,190円(3km、JapanTaxi)

座席の紹介

私が実際に訪れたときに感じた内容を紹介します。

バックスタンド

バックスタンドでの観戦は「ベスト電器スタジアムで観戦」でも紹介しております。

球技専用スタジアムなので、ピッチは観やすいことは確かです。

ただ「パナソニックスタジアム吹田」や「サンガスタジアム」といった最新の専用スタジアムと比較すると、観客席からピッチまでの距離が若干遠いように感じます。

バックスタンド

またパナソニックスタジアム吹田やサンガスタジアムよりもバックスタンドの高さが低いことも、臨場感を得られにくい要因のひとつだと思われます。

上の写真を見ていただくと、サイドラインから観客席まで思ったより距離があること、最前列は高さが低いことが分かりますね。

ゴール裏

ホームゴール裏

ゴール裏スタンドの傾斜がすごく緩やかです。

ホームゴール裏からの眺め

球技専用スタジアムはラグビーの「インゴール」のエリアを確保するために、サッカー専用スタジアムよりゴール裏のスペースが広く確保されています。

そのため、当スタジアムは傾斜の緩やかなスタンドに加えて、ピッチまで距離があり、試合は見えにくいことが想像できます。

スタジアムの特徴

  • 福岡空港や博多駅に近く、全国どこからでもアクセスの良いスタジアム
  • 主にサッカー・ラグビーで使用される球技専用スタジアム
  • 全長約215mのアーチ形状をしたキールトラス

キールトラスの大屋根

メインスタンド

「東平尾公園博多の森球技場」で最も特徴的なのは、メイン・バックスタンドに架かる”キールトラス”の大屋根です。

テフロン膜の屋根と、それを支持する半径265m、スパン172.8m、全長214.8mのアーチ形状をした鋼管構造のキールトラス。

キールトラスはフィールド照明にも利用されています。

背骨のような1本のアーチで構造を支えるため、スタンドの外までアーチが伸びていることが分かります。

アーチの先端が森を貫いているような絵になっていますね。

バックスタンド

キールトラスによってスタンド全体を覆う大屋根が実現。

これにより前列の座席を除き、雨に降られる心配がありません。

また柱は座席の後部にあり、すっきりした視界が広がっています。

【参考】

  • アビスパ福岡公式サイト
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.26(1)(320)