エコパスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称静岡県小笠山総合運動公園スタジアム
愛称エコパスタジアム
ホームチームジュビロ磐田
着工1998年4月
竣工2001年3月
最寄り駅愛野駅
収容人数50,889人
所有静岡県
運営管理静岡県サッカー協会
設計者佐藤総合計画・斎藤公男JV
施工者鹿島建設・竹中工務店・大林組・住友建設・銭高組ほか
構造・階数SRC造・地下1階地上5階
延床面積70,560㎡

スタジアムアクセス

 電車を利用

最寄り駅はJR愛野駅です。ジュビロ磐田のホームスタジアムであるヤマハスタジアム最寄りの磐田駅から電車で10分程度の距離になります。 関東から新幹線を利用してくる場合は掛川駅で在来線に乗り換え、関西から来る場合は浜松駅で在来線に乗り換えがよいと思われます。 愛野駅からは徒歩15分程度でスタジアムに到着です。

 飛行機を利用

遠方から応援に来られる方は、新千歳・出雲・北九州・福岡・鹿児島・沖縄から富士山静岡空港へ飛行機でのアクセスも可能です。ただ、便が少ないので試合に合わせた時間に空港へ到着するのは難しいかもしれません。 空港から島田駅までバスが出ています(所要25分程度)ので、島田駅から電車に乗り換えて愛野駅に向かいましょう。

また空港からタクシーで直接スタジアムに行くのも良いと思います。バスや電車を利用するよりも費用は掛かりますが、最短30分程度で行けるのではないかと思います。ちなみにタクシー料金を検索してみたところ、8,700円/台でした。4人乗車できれば選択肢としては良いかもしれませんね。

スタジアムの特徴

巨大な建造物でありながら、軽さのある自然と調和したスタジアム

小笠山の自然と山並みをイメージ

エコパスタジアム

エコパスタジアムの観客席は2層式のスタンドとなっており、座席には小笠山の自然をイメージしたグリーンを配色し、オレンジのウェーブで山並みがイメージされています。

可動式のスタンド

エコパスタジアム

サッカー等の試合では、陸上競技の際には収納されている可動式スタンドが引き出され、前方の座席はよりピッチの近くで観戦が可能となります。

上の写真は可動式スタンドが引き出された状態となります。

陸上トラックのレーンが間近にあることが分かりますね。

美しい屋根

エコパスタジアム

エコパスタジアムの全面を覆う浮遊感のある膜屋根は、連続的なパターンの美しいアーチを描いています。

ゴール裏上部から見える景色は、圧巻の光景。

スタジアム周辺は自然豊かで緑があふれる

エコパスタジアム

スタジアム周囲は緑が溢れていて、のんびりした雰囲気であり開放感があります。

約5万人収容の大規模なスタジアムですが、スタジアムの外観は軽さがあり、主張せずに周囲と調和しているようなデザイン。

膜屋根は浮遊感があり、重たい印象のコンクリートのスタンドの前に鉄骨トラスを連続したパターンで配置することで、軽さが生み出されているのではないかと思われます。

【参考】

  • エコパスタジアム公式HP
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(1)(334)
その他データ
  • 屋根構造はハイブリッドシステム(鋼管トラス梁、スティケーブル、膜を組み合わせた混構造)を採用。出寸法が40mとなることから軽量化を図り、仕上げはテフロン膜を用いている。