フクダ電子アリーナ

千葉市蘇我球技場

フクダ電子アリーナ

スタジアム概要

スタジアム名称千葉市蘇我球技場
ネーミングライツフクダ電子アリーナ
ホームチームジェフユナイテッド市原・千葉
着工2003年
竣工2005年
収容人数約18,500席
所有千葉市
運営管理SSP UNITED(千葉マリンスタジアム・ジェフユナイテッド・日本メックス・日本体育施設)
設計者日本設計
施工者清水建設・大林組・新日本建設JV
建設費約81億円

スタジアムアクセス

蘇我駅から徒歩

蘇我駅西口から徒歩約8分。

蘇我駅

車でアクセス(駐車場)

ジェフユナイテッド千葉ホームゲーム開催時には「蘇我スポーツ公園第3駐車場」の駐車券(1,000円)が販売されます。

上記の駐車場予約が難しい場合は、下記サイトにて「フクダ電子アリーナ」と検索しスタジアム周辺の駐車場を予約するのもよいですね。公式の駐車場よりも安く利用できることが多いです。

【akippa(あきっぱ!)】
パーキング予約なら特P(とくぴー)
予約できる駐車場 タイムズのB
軒先パーキング

座席の紹介

バックスタンド

ジェフ千葉vs東京ヴェルディ
バックスタンド最上部の座席から

こちらはバックスタンド最上部の座席からの眺めになります。

一番後ろの座席でもとても観やすいです。

フクダ電子アリーナ
バックスタンド最上部の座席から
ジェフ千葉vs東京ヴェルディ
バックスタンド最上部の座席から

スタジアムの特徴

  • サッカー専用で国内トップクラスの観戦環境
  • 駅から近く利便性のよいスタジアム

スタンドの階段

フクダ電子アリーナ

スタンド上層への階段はめずらしく、横向きに鉄骨階段が取りつけられています。

デザインや利便上あまり好ましくないと感じるところですが、設計の様々な制約からこのようになったのでしょう。

屋根を支えるブレース材

フクダ電子アリーナ

「フクダ電子アリーナ」は屋根を支える構造体が特徴的。

スタンド外部の通路に屋根から垂直にのびる細いブレース材がならんでいます。

フクダ電子アリーナ

スタンドの上から見るとこのようになっています。

自動販売機が設置されている

フクダ電子アリーナ 自動販売機

フクダ電子アリーナに訪れて気がついたのは、スタジアム内に自動販売機が設置されていることです。

どこのスタジアムでも設置されていそうだと思うのですが、スタジアムの中には意外とないのです。

ビン・カンの持ち込みは禁止されていますので、当然ペットボトルの販売のみですね。


【参考】

  • 千葉市蘇我スポーツ公園|フクダ電子アリーナ