フクダ電子アリーナ

千葉市蘇我球技場

フクダ電子アリーナ

スタジアム概要

スタジアム名称千葉市蘇我球技場
ネーミングライツフクダ電子アリーナ
ホームチームジェフユナイテッド市原・千葉
着工2003年
竣工2005年
収容人数約18,500席
所有千葉市
運営管理SSP UNITED(千葉マリンスタジアム・ジェフユナイテッド・日本メックス・日本体育施設)
設計者日本設計
施工者清水建設・大林組・新日本建設JV
建設費約81億円

スタジアムアクセス

蘇我駅から徒歩

蘇我駅西口から徒歩約10分。

蘇我駅

車でアクセス(駐車場)

駐車場は「ジェフユナイテッド千葉|駐車場について」で最新情報を確認。

公式で紹介されている駐車場が利用できるか不安な場合は、下記サイトにて「フクダ電子アリーナ」と検索しスタジアム周辺の駐車場を予約するのがよいでしょう。

事前に予約しておけば、試合当日も安心ですね。

座席の紹介

以下では、わたしが実際に現地で観戦した座席を紹介。

フクダ電子アリーナ 座席図
出典:ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト

Sメイン指定席(1階)

フクダ電子アリーナ

Sメイン指定席はピッチ中央ラインから離れた位置になりますが、臨場感があって観やすく、コスパの良い座席です。

座席が前方になるほど逆サイドのプレーは見えにくいものの、迫力あるプレーを間近で体感できますね。

ピッチ全体を観たい場合は、後方の座席を選ぶのがよいでしょう。

フクダ電子アリーナ

コーナーに近いので、ピッチに入退場する選手を近くで見ることもできますよ。

フクダ電子アリーナ

コーナーキックのシーンもすぐ目の前。

Sメイン指定席(1階)をおすすめする人

  • ピッチに近く臨場感のある試合を楽しみたい
  • 日かげで観戦したい
  • コーナーキックや入退場する選手を近くで見たい
  • チケット価格を抑えたい(SS指定席やジェフシートよりも安い)

Sバック指定席(2階)

ジェフ千葉vs東京ヴェルディ
バックスタンド最上部の座席から

こちらはSバック指定席の最上部の座席からの眺めになります。

一番後ろの座席でもとても観やすいですね。

Sバック指定席(2階)をおすすめする人

  • スタンド中央からピッチ全体を俯瞰して観たい
  • チケット価格は安いほうがよい

スタジアムの特徴

  • 国内トップクラスのサッカー専用スタジアム
  • 駅から近く利便性のよいスタジアム
フクダ電子アリーナ
メインスタンド2階(南側)から

スタンドの階段

フクダ電子アリーナ

スタンド上層への階段はめずらしく、横向きに鉄骨階段が取りつけられています。

デザインや利便上あまり好ましくないと感じるところですが、設計の様々な制約からこのようになったのでしょう。

屋根を支えるブレース材

フクダ電子アリーナ

「フクダ電子アリーナ」は屋根を支える構造体が特徴的。

スタンド外部の通路に屋根から垂直にのびる細いブレース材がならんでいます。

フクダ電子アリーナ

スタンドの上から見るとこのようになっています。

自動販売機が設置されている

フクダ電子アリーナ 自動販売機

フクダ電子アリーナに訪れて気がついたのは、スタジアム内に自動販売機が設置されていることです。

どこのスタジアムでも設置されていそうだと思うのですが、スタジアムの中には意外とないのです。

自動販売機がコンコースに設置されているスタジアムの例:「Axisバードスタジアム」「相模原ギオンスタジアム

ビン・カンの持ち込みは禁止されていますので、当然ペットボトルの販売のみですね。


【参考】

  • 千葉市蘇我スポーツ公園|フクダ電子アリーナ