さいたま市駒場スタジアム

浦和駒場スタジアムのメインスタンド前

スタジアム概要

スタジアム名称さいたま市駒場スタジアム
ネーミングライツ浦和駒場スタジアム
ホームチーム浦和レッズ
竣工1967年9月
改修1982年9月・1993年4月・1995年8月
収容人数21,000人
所有さいたま市
運営管理さいたま市公園緑地協会
設計者(改修)セントラルコンサルタント
施工者(改修)斉藤工業・田中工務店JV
事業費(改修)約45億円
敷地面積66,353㎡
建築面積14,464㎡
フィールド106×70m

スタジアムアクセス

浦和駅東口
浦和駅東口

浦和駅東口から徒歩

浦和駅東口から歩く場合は、徒歩20分~30分程度が目安になります。

浦和駅から浦和駒場スタジアムまでの道のりは「浦和駒場スタジアムで観戦」でも紹介しています。

浦和駅から路線バス

浦和駅から路線バスがたくさん出ていますので、歩きたくない人は、こちらを利用するのがよいでしょう。

浦和駅東口→本太坂下

  • 浦和駅東口1番のりばにて乗車、「本太坂下」にて下車、徒歩5分程度。
  • バスは概ね10分間隔で運行しています。
  • 浦01系統、浦02系統、浦09系統
  • 運賃は200円

浦和駅東口→駒場運動公園入口

  • 浦和駅東口2番のりば、4番のりばにて乗車、「駒場運動公園入口」にて下車。
  • バスは概ね10分間隔で運行しています。
  • 美01系統、浦08系統、浦08-2系統、浦51系統、浦51-3系統
  • 運賃は200円

浦和駅西口→駒場運動公園入口

  • 浦和駅西口1番のりばにて乗車、「駒場運動公園入口」にて下車。
  • 浦51系統、浦51-3系統
  • 運賃は200円

浦和駅からタクシー

浦和駅からタクシーを利用する場合は、所要時間8分、運賃は1,200円(2021年時点:JapanTaxi)

座席の紹介

メインスタンド

浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム

陸上トラックがあって、スタンドの傾斜は緩やかなため、ピッチが遠く感じるのは否めません。

ゴール裏

浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム

ゴール裏のスタンドは、バックスタンドが途切れ、離れ小島になっている独特さがあります。

スタジアムの特徴

  • 浦和レッズにとって原点であり、サポーターに「聖地」と呼ばれるスタジアム
  • ピッチが観やすいとは言えないが、浦和の歴史を肌で体感することができる

メインスタンド2階席には屋根がある

浦和駒場スタジアムのメインスタンド

試合の日に雨が降っていると、自分の座席に屋根があるのか気になる人は多いと思います。

浦和駒場スタジアムはメインスタンドの2階席に屋根がかかっています。

座席は10列目までありますので、後ろの方の座席にしておけば、風が強くても概ね雨に降られにくいです。

バックスタンド1階席の後ろも、2階スタンドが屋根となっている部分があるので、そちらを狙うのもよいでしょう。

【参考】

  • 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.24(6)(297) 1995-04
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.24(12)(303) 1995-10
その他データ

【改修時の専門工事施工業者】

  • 屋根:三晃金属工業
  • 芝生:三井物産アグロビジネス
  • 照明・音響・電光表示:三菱電機
  • 観客席:中村製作所
  • PC板:フドウ建研
  • 整備機器:三國商工・東興産業