タピック県総ひやごんスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称沖縄県総合運動公園陸上競技場
ネーミングライツタピック県総ひやごんスタジアム
ホームチーム FC琉球
着工1982年10月(公園全体の整備)
開場1987年3月
改修2015年
収容人数12,270人
所有沖縄県
運営管理トラステック・ミズノ
設計者(改修)久米設計・具志堅建築設計事務所・エスジーエンジニアリングJV
施工者(新築・公園整備)あい造園設計事務所(全体計画)、国建(土質調査・造成計画)、協和コンサルタンツ(設備計画)、愛植物設計事務所(植栽)ほか
総事業費(公園整備)約186億円
総工費(新築)約18.3億円
総事業費(改修)約35億円
敷地面積43,656㎡
フィールド104m×70m

スタジアムアクセス

  • 「那覇バスターミナル」など各バス停から「県総合運動公園北口」で下車。
  • 自家用車・レンタカーでアクセス。スタジアム周辺の駐車場を利用。(公園内の駐車場またはakippaの予約制駐車場、無料臨時駐車場)

路線バスを利用

沖縄県外から来て、レンタカーを借りる必要もないという方は、那覇市内の旭橋駅前「那覇バスターミナル」から始発で出ている路線バスを利用するのが便利です。

ただし、「那覇バスターミナル」から「県総合運動公園北口」までの所要時間の目安は1時間30分~2時間程度と長い時間を要するので注意です。

概ね1時間に1本~2本程度に発車、料金は910円です。(NAVITIME:東陽バス(2021年4月時点)

総合運動公園内の駐車場を利用

総合運動公園内の駐車場は無料なので競争率が高くなります。

駐車スペースの総数は933台となるものの、駐車場が8か所に分散されているため、空き状況は当日の来場者数や運に左右されます。

そのため、スタジアムに早めに来られない方や慣れていない方は後述する「akippa」で予約するのが確実です。

沖縄総合運動公園
かりゆし口駐車場(25台)

2021年2月28日にタピック県総ひやごんスタジアムで観戦した際には、キックオフ1時間前に「かりゆし口駐車場」を確認したところ、2台のみ空きがある状況でした。

「akippa」で予約制の駐車場を利用(有料)

「akippa」の駐車場予約サービスにより、550円(/日)で時間を気にせずに駐車場を利用できます。

タピック県総スタジアム周辺には、「沖縄中部療育医療センター」「東部クリニック職員駐車場」「東部クリニック駐車場」の3か所あります。

「akippa」に登録して事前に予約、クレジットカードなどで支払い。車種等を登録して、当日は現地の係員に予約番号を見せるだけです。

安心して駐車場を利用したい方にとっては非常に便利なサービスですね。

沖縄中部療育医療センター
沖縄中部療育医療センター

無料臨時駐車場を利用

「イオンモール沖縄ライカム」「イオンモール具志川店」「泡瀬漁港」の3か所で無料臨時駐車場が利用できます。(※運用状況は試合当日のホームゲーム情報を参照)ただいずれも総合運動公園から離れた場所にあるので、駐車場から無料臨時シャトルバスを利用できます。徒歩の場合は概ね30分以上が目安になります。

那覇市内から「FC琉球シャトルバス」を利用

那覇市内の「県庁前 県民広場」または「おもろまち駅 駅前ロータリー」から直行シャトルバスが出ている場合があります。運賃が3,000円と、路線バスより高めですが、運行している場合は利用すると便利だと思われます。(※運行状況はFC琉球公式サイトを要確認)

スタジアムの特徴

1987(昭和 62)年に開かれた第 42 回国民体育大会「海邦国体」に向けて整備された沖縄県総合運動公園。

2013年度に改修工事が始まり、2015年に工事が完了。メインスタンド・バックスタンド・ゴール裏スタンド合わせて約1万席が設置され、ナイター照明設備やゴール裏の大型モニター、選手更衣室、ドーピングコントロール室も設置されました。

タピック県総ひやごんスタジアム
メインスタンド

メインスタンドの座席

タピック県総ひやごんスタジアム
メインスタンドの座席

座席には背もたれが無いものの、隣との間隔は十分に確保されています。

南サイドスタンドの大型モニター

タピック県総ひやごんスタジアム
大型モニター

メインスタンド

タピック県総ひやごんスタジアム
メインスタンドSS席からの眺め

メインスタンドSS席(スタンド上層)から眺めると、ピッチが観やすい。写真よりも実際にはピッチが近く感じます。

タピック県総ひやごんスタジアム
メインスタンドの屋根

屋根はスタンドの一部分だけ。観客席は雨に降られます。

【参考】

  • FC琉球|公式サイト
  • 琉球新報|2015年3月12日
  • 株式会社国建|国建の半世紀