キューアンドエースタジアムみやぎ

宮城スタジアム

キューアンドエースタジアムみやぎ

スタジアム概要

スタジアム名称宮城スタジアム
ネーミングライツキューアンドエースタジアムみやぎ
着工1996年10月
竣工2000年3月
収容人数約49,133人
所有宮城県
運営管理G21指定管理グループ
設計者針生・阿部共同アトリエ
施工者奥村組
総事業費約250億円
構造・階数SRC一部RC造・S造
地上6階建て
敷地面積約146.1ha
フィールド107m×71m

スタジアムアクセス

イベント開催時には仙台駅や利府駅からシャトルバスがでる場合があるので、各イベントのページで最新情報を確認しましょう。

利府駅から路線バス

利府駅前バス2番のりば時刻表
利府駅前2番のりば時刻表

利府駅2番のりばから路線バスがでています。

  • 「菅谷台3丁目」にて下車、徒歩約7分。
  • 所要時間は10分~15分。
  • 運賃は250円

本数が少ないので、キックオフ時間に合う発車時刻があるか事前に確認しておきましょう。

利府駅からタクシー

利府駅前
利府駅前

利府駅でバスに乗れない場合は、タクシーを利用するのがよいですね。

所要時間は約9分、運賃は約1,900円です。

(参考:Japan Taxi)

利府駅から徒歩

利府駅
利府駅

利府駅から徒歩1時間くらいです。

「宮城県総合運動公園」は高台にあるため、利府駅からスタジアムまで行くまでに"長い坂"があります。行き帰りどちらか歩くのであれば、帰り(スタジアム→利府駅)の方が下り坂ですいすいと歩くことができます。

岩切駅から徒歩

どうせ利府駅から歩くなら…岩切駅から歩いてもよいですね。

ただGoogleMapでは利府駅より12分も長く表示されています。

利府駅ではなく岩切駅を利用するメリットは下記の通り。

  • 仙台駅に近い
  • 仙台駅→利府駅よりも片道運賃が40円ほど安い
  • 運行本数が多い(利府線と仙石東北ラインの分岐駅のため)

岩切駅からタクシー

岩切駅からタクシーを利用する場合、所要時間は約10分、運賃は約2,200円。

(参考:Japan Taxi)

座席の紹介

メインスタンド(1F)

キューアンドエースタジアムみやぎ
メインスタンド1F通路(20列目)から
キューアンドエースタジアムみやぎ
メインスタンド(WD13) 8列5番から

1階席は、前の方の座席になるほど、逆サイドのプレーが見えづらくなります。

試合全体を観たい場合は、できる限り後ろの座席、ベンチの選手を見たい場合は、前の座席がよいでしょう。

スタジアムの特徴

キューアンドエースタジアムみやぎ
メインスタンド外観

スタジアム最上階から地盤レベルまで流れるように架けられた大屋根は、巨大な銀色の三日月をイメージ。

屋根はステンレス、外壁はコンクリート打放しとなっています。

1階席はほぼ屋根がない

キューアンドエースタジアムみやぎ

1階席はほぼ屋根が架かっていないことが分かりますね。

キューアンドエースタジアムみやぎ

ただ2階席が重なる、後ろから8列目あたりまでは雨でも心配ありません。


【参考】

  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(1)(334)
  • 日本フットボールリーグ|オフィシャルウェブサイト