北九州スタジアム

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム外観
  • スタジアム概要
  • スタジアムアクセス
  • 座席の紹介
  • スタジアムの特徴
 スタジアム概要
スタジアム名称北九州スタジアム
ネーミングライツミクニワールドスタジアム北九州
ホームチームギラヴァンツ北九州
着工2015年4月
竣工2017年1月
最寄り駅小倉駅
収容人数15,066席
所有北九州市
運営管理美津濃・日本施設協会
設計者梓設計
施工者奥村組・若築建設・九電工
整備費99.9億円
 スタジアムアクセス
  • 新幹線も停車する小倉駅から徒歩10分以内
 座席の紹介
メインスタンド G指定席

下記はメインスタンドG指定席の最後列からの眺めとなります。

メインスタンドG指定席は最後列の座席でも臨場感が抜群です。

 南北サイドスタンド(上層階)

スタンドの上層階は下層階よりも座席の勾配が急になっていて、ピッチを近くから見下ろすような感覚です。

 スタジアムの特徴

海と山を眺める球技専用スタジアム

ミクニワールドスタジアム北九州
メインスタンド正面には山々の景色を望める
  • メインスタンド下層階の正面からピッチを見ると、バックスタンドと背後の街並みや山々の景色が一体となったような素晴らしい眺めとなっています。
ミクニワールドスタジアム北九州
バックスタンドの裏は海
  • ゴール裏スタンドからバックスタンドを見ると、すぐ目の前に海が広がっており、まるで海に浮かぶスタジアムのようです。
ミクニワールドスタジアム北九州
  • スタンド上層階からバックスタンドを見ると、海と山の景色を同時に眺めることができます。
ミクニワールドスタジアム北九州
メインスタンド
  • 最前列の座席からピッチのタッチラインまでの距離は8m程度。
  • メインスタンド中央付近は選手入場口やベンチがあるため、最前列はピッチから高くなっていますが、その他の部分やゴール裏などはピッチの選手目線に近い高さ(ゼロタッチスタンド)となっています。
 スタジアム建設計画時のコンセプト

平成26年1月に「北九州スタジアム整備等PFI事業」の要求水準として北九州市から下記のコンセプトが提示されました。(抜粋)

出典:北九州市|選定された民間事業者から提出された提案概要
みんながつどい、にぎわいを生む”海ちか・街なか”スタジアム
  1. ランドマークとしての魅力ある施設デザイン
  2. 海ちか立地を活かした眺望・親水空間
  3. 試合開催日以外の日常利用の促進
  4. 周辺機能との連携
  5. 回遊性の強化 (スタジアムへの多様なアクセスルート)
  6. 防災施設としての活用
夢と感動をうみだす”ダイナミック”スタジアム
  1. スタンドとフィールドが近接することによる躍動感・臨場感の創出
  2. 選手と観客の一体感の創出
  3. 快適な観戦環境と多様な観戦スタイル
  4. 人にやさしく使いやすい施設
  5. 大型映像装置による高水準の演出・ハイレベルなメディア環境
環境未来都市にふさわしい”エコ”スタジアム
  1. 再生可能エネルギーの最大限活用・導入
  2. 省エネルギー・省資源対応
  3. 環境負荷低減につながる資材の活用
  4. 環境にやさしい交通手段によるアクセスの促進
  5. 長寿命化計画の立案と実践
ものづくりの街北九州を発信する”街かどショールーム”
  1. 街かどショールームとしての活用
  2. 地元業者等への配慮

【出典】

  • 北九州市|公式HP > ビジネス・産業・まちづくり > 都市計画・建築・景観・開発 > 開発整備事業-各種整備事業 > スタジアムの整備_スタジアム工事の経緯
  • 近代建築社|2017年1月号
  • 梓設計|公式HP > 実績紹介