群馬県立敷島公園県営陸上競技場

正田醤油スタジアム
正田醤油スタジアム群馬

スタジアム概要

スタジアム名称群馬県立敷島公園県営陸上競技場
ネーミングライツ正田醤油スタジアム群馬
ホームチームザスパクサツ群馬
着工1950年
竣工1951年
改修1981年
収容人数17,891人
最寄り駅前橋駅
所有群馬県
運営管理敷島パークマネジメントJV
総工費13億5,000万円
敷地面積44,000㎡
トラックフィールド22,079㎡
フィールド100m×80m

スタジアムアクセス

群馬県立敷島公園県営陸上競技場へのアクセスは、前橋駅から下記の通り。

  1. シャトルバス
  2. 路線バス
  3. 徒歩
  4. タクシー

シャトルバス

  • ザスパクサツ群馬ホームゲーム開催時に、前橋駅南口の東横イン前から出ています
  • キックオフ3時間前から30分間隔で運行
  • 所要時間は15分程度
  • 運賃は片道250円、往復500円
前橋駅
東横イン前のバス乗り場を見る

路線バス

前橋駅北口から敷島公園行きの路線バスが出ています。ただし運行時刻が少ないので、シャトルバスを利用するのが賢明でしょう。運賃はシャトルバスと同じ片道250円になります。2021年時点で土日・祝日の前橋駅→敷島公園バスターミナルの発車時刻は下記の通りです。

  • 7時55分発(3番乗り場)
  • 9時27分発(3番乗り場)
  • 10時20分発(1番乗り場)
  • 11時00分発(3番乗り場)
  • 13時10分発(3番乗り場)
  • 14時45分発(3番乗り場)
  • 16時27分発(3番乗り場)

徒歩

前橋から歩く場合は、徒歩約50分~60分程度が目安です。

タクシー

前橋駅からタクシーを利用する場合は、片道2,400円程度になります。(2021年、Japan Taxi)

座席の紹介

メインスタンド

メインスタンドでの観戦は「正田醬油スタジアムで観戦」でも紹介しています。

正田醤油スタジアム
メインスタンド正面から

スタジアムは1951年竣工と歴史があり、陸上トラックもあるものの、思ったより観やすいです。

私が観戦したときは、前から3列目でしたが、特にストレスなく観戦することができました。

試合を楽しみたい場合は、できる限り上の方の座席が良いです。

逆に前の方の座席にすれば、入退場する選手を間近で見ることができます。

スタジアムの特徴

  • 自然に囲まれたのどかなスタジアム
  • 北スタンドの背景には赤城山が見える
  • 築70年の歴史があるスタジアム
正田醤油スタジアム
メインスタンドのコンコース

築70年だけあって、スタジアムのコンコースは本当に古びています。

私が訪れたJリーグのスタジアムの中でも、最も老朽化を感じるスタジアムでした。

正田醤油スタジアム
メインスタンドから北サイドスタンドを見る

スタンドの中に入ってみると、一転して綺麗な景色が広がります。

コンコースがとても古いので、ギャップでより綺麗に感じるのかもしれません。

【参考】

  • 群馬県立敷島公園
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.22(13)(276)