エディオンスタジアム広島

エディオンスタジアム広島

スタジアム概要

スタジアム名称広島広域公園陸上競技場
ネーミングライツエディオンスタジアム広島
ホームチームサンフレッチェ広島
着工1990年1月
竣工1992年9月
収容人数40,350人
所有広島
運営管理広島市スポーツ協会
設計者東畑建築事務所+住宅都市整備公団
施工者大林組・フジタ・中電工・東芝・五建JV
構造・階数SRC・RC・S造、地上5階
敷地面積482,772㎡
建築面積17,684㎡
延床面積14,895㎡

スタジアムアクセス

スタジアムへのアクセスは下記のとおり。

広域公園前駅から徒歩

広域公園前駅

広域公園前駅から徒歩約10分となります。

サンフレッチェ広島ホームゲーム開催時は、広域公園前駅からスタジアムまで無料シャトルバスが運行しています。

アストラムライン路線図
出典:広島高速交通株式会社

広島駅からアクセス

広島駅からアクセスする場合は、JRで"新白鳥駅"あるいは"大町駅"に行き、アストラムラインに乗り換えます。

本通駅からアクセス

広島駅から徒歩25~30分ほどの距離にある"本通駅"からアストラムラインで電車乗り換えせずにアクセスできます。

平和記念公園の近くにある駅なので、広島観光したあとにスタジアムに行けます。

始発駅なので座っていくこともできますね。

横川駅からシャトルバス

JR横川駅からスタジアムまで直行シャトルバスが運行しています。

  • 4番のりばから発車
  • キックオフ4時間前から10分間隔で運行
  • 所要時間は約20分
  • 大人380円/小人190円

予約制直行バス(広島駅・ゆめタウン廿日市店)

"広島駅"あるいは"ゆめタウン廿日市店"から予約制の直行バスを利用できます。(土日祝のみ)

新型コロナウイルスの影響で現在は運行休止

広島駅南口

  • キックオフ3時間前と1時間15分前の2便運行
  • 所要時間は約30~40分
  • 運賃は往復 大人1,600円/小人800円

ゆめタウン廿日市店

  • キックオフ3時間前と1時間30分前の2便運行
  • 所要時間は約30~40分
  • 運賃は往復 大人1,600円/小人800円

広島バスセンターから路線バス

県庁前駅前の広島バスセンターから路線バスが出ています。

広電バス62・63番線

  • 花の季台・こころ団地方面
  • 所要時間は約25分
  • 運賃は大人410円/小人210円
  • 「Aシティ中央」バス停で下車
  • スタジアムまで徒歩約8分

広電バス60・61番線

  • 藤の木・ジ アウトレット広島方面
  • 所要時間は約30分
  • 運賃は大人410円/小人210円
  • 「広域公園前」バス停で下車
  • スタジアムまで徒歩約10分

広島駅からタクシー

広島駅からエディオンスタジアム広島までタクシー
出典:Japan Taxi(2023年3月3日に検索)

広島駅からタクシーを利用する場合は、所要時間は約34分、運賃は約5,680円が目安となります。

車でアクセス(駐車場)

車でアクセスする場合は、下記サイトにて「広島広域公園」と検索してスタジアム周辺の駐車場を予約できます。

座席の紹介

プロフィール
さかとり

以下では、わたしが実際に現地で観戦した座席を紹介。

エディオンスタジアム広島の座席図
出典:サンフレッチェ広島オフィシャルサイト

メインスタンドS指定席

エディオンスタジアム広島
メインS指定席から眺める

最寄り駅の広域公園前駅に近いのがメインスタンドになります。

5万人規模の大きなスタジアムなので、試合後の混雑を考えると、試合を最後まで観戦して早く帰りたい方はメインスタンドの座席がおすすめです。

またメインスタンドに屋根が架かってはいますが、屋根の恩恵(防雨,日射遮蔽)を受ける座席の方が少ない印象ですので、チケット価格を考えると、バックスタンド自由席の方がコスパが良いですね。

スタジアムの特徴

  • メインスタンドの大屋根(ビッグアーチ)は広島市の平和への祈りと未来への架け橋を象徴したイメージシンボルとなっている。
  • 上空から見ると真円形のスタジアム

平和への祈りと未来への架け橋

エディオンスタジアム広島
メインスタンド前の並木道

広島市の平和への祈りと未来への架け橋がイメージされているため、メインスタンドの並木道は平和記念公園を想起させるようなアプローチです。

メインスタンドには長さ220mの大アーチがかかり、スタジアムの象徴となっています。

スタジアムは「広島ビッグアーチ」の愛称で親しまれてきました。

アーチは小さな部材が緊結していることにより成立しているため、アジア諸国の協調を暗示し、広島市の平和への祈りと未来への架け橋を象徴しています。

メインスタンドの大屋根

エディオンスタジアム広島
メインスタンドの大アーチ

バックスタンドやピッチレベルからメインスタンド屋根を見ると、巨大な屋根に見えますが、思ったよりも屋根の面積は小さいように感じられます。

日中の試合では、15時過ぎなど太陽が西に動いてくる時間になると、メインスタンド後方の座席でも完全に日差しが当たる場合があります。

屋根が小さいことと、メインスタンドが南東の方角を向いていることから、日差しを遮るという目的においてビッグアーチはあまり機能していないようです。

真円形のスタジアム

エディオンスタジアム広島
メインスタンドからバックスタンドを見る

バックスタンドはメインスタンドから見ると、スタンド上部が滑らかな曲線状となっていて、独特な形状をしています。

これをスタジアム上空から見てみると、真円形になっていることが分かりますね。

そしてスタジアムの設計は、真円形の中心軸に対して、フィールドの長軸をメインスタンド側に寄せることで、メインスタンドからの視角条件が向上しています。

従来の陸上競技場の配置は、夕方の西日を避けるために長軸を南北軸に取る場合が多いが、当スタジアムは陸上競技場で最も重要な風向きを重視し、年間風向調査資料に基づいて風の影響の少ない東北東-西南西の方向に長軸をとっています。

競技場のすぐ西側が山となっており、夕方の西日は山かげでほとんど影響がないようです。

大型ビジョン

ホームゴール裏には今もなお古い電球方式の電光掲示板が使用されています。

比較的新しいと思われるアウェイゴール裏の電光掲示板はフルカラーですが、画面が小さくて映像が見え難いというのが残念なところです。

自然に囲まれたスタジアム

エディオンスタジアム広島
メインスタンド前の広場

バックスタンドの後ろだけでなく、メインスタンド側にも山々が広がっていて自然に囲まれたスタジアムです。


【参考】