鳥取市営サッカー場

Axisバードスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称鳥取市営サッカー場
ネーミングライツAxisバードスタジアム
ホームチームガイナーレ鳥取
竣工1995年4月
収容人数16,033人
最寄り駅鳥取駅
所有鳥取市
運営管理鳥取県サッカー協会
事業費約40.3億円
構造・階数RC一部S造、地上3階
フィールド125m×88m

スタジアムアクセス

路線バス

鳥取駅北口

Jリーグの試合開催時にシャトルバスが運行される場合は、そちらを利用するのがよいでしょう。シャトルバスが運行されない場合は、鳥取駅北口から路線バスでのアクセスが一般的です。

鳥取駅北口→国安(往路)

鳥取駅北口9番のりばから用瀬・智頭行きで「国安」にて下車。スタジアムまで徒歩10分程度。

「国安」バス停からスタジアムまでの現地の様子は「Axisバードスタジアムで観戦」で紹介しています。

鳥取駅バスターミナル
鳥取駅北口9番のりば
鳥取駅バス時刻表(9番のりば土日祝)
9番のりば(土日祝)の時刻表

土日祝は1時間に1本~3本、9時台と15時台は運行していないので注意です。

「国安」までの所要時間は、市民病院経由の便は20分程度、市民病院を経由しない場合は10分程度になります。

運賃は300円(2021年時点)

国安バス停
「国安」バス停

国安→鳥取駅北口(復路)

国安バス停付近

復路のバス停は、スタジアム側の「国安」バス停近くの横断歩道を渡ってすぐのところにあります。

国安バス停付近
鳥取駅行きの「国安」バス停
国安バス停時刻表
鳥取駅行きの「国安」バス停の時刻表

土日祝日の鳥取駅行きの発車時刻は、19時39分が最終便となります。

ナイターの試合だと帰りのバスがなくなってしまうので、要注意です。

シャトルバスが運行されない試合のときは確認しておきましょう。

鳥取駅北口→バードスタジアム(往路)

鳥取駅バスターミナル
鳥取駅北口7番のりば
鳥取駅バス時刻表(7番のりば)

スタジアムに最も近い「バードスタジアム」バス停へ向かう路線バスは、7番のりばの八坂線あるいは倉田⇔津ノ井循環線になります。

9番のりばのバスよりも運行本数が少ないものの、タイミングが合えばこちらに乗車するのがよいでしょう。

バードスタジアム→鳥取駅北口(復路)

バードスタジアムバス停
「バードスタジアム」バス停
「バードスタジアム」バス停の時刻表
「バードスタジアム」バス停の時刻表

鳥取駅行きの「バードスタジアム」バス停の運行本数も非常に少ないので、要注意です。

基本的に乗れないものと思っていた方がよいでしょう。

鳥取駅から徒歩

鳥取駅から徒歩でアクセスする場合は、約50分~1時間程度かかります。

シャトルバスが運行していないナイターの試合開催時には、路線バスが利用できなくなるため、帰りは徒歩で鳥取駅に戻ることも考えられます。

鳥取駅からタクシー

鳥取駅からタクシーを利用する場合の目安は、所要12分、運賃は1,810円です。(2021年時点:Japan Taxi)

座席の紹介

メインスタンド

Axisバードスタジアム
中央のA14列-119番からの眺め

メインスタンドは、スタンドの高さがあるので、ピッチ全体を俯瞰して観やすいです。

臨場感を求めたい場合は、なるべく前方の座席にするのがおすすめ。

雨の日は、後方の一部の座席は降られませんが、90%くらいの座席は雨に降られると思っていた方がよいです。

Axisバードスタジアム
南側の最後列からの眺め
Axisバードスタジアム
南側の最後列からの眺め
Axisバードスタジアム
南側の通路からの眺め
Axisバードスタジアム
南側の最前列から

最前列でも少し高さがあるので、バックスタンドよりも観やすいです。

Axisバードスタジアム
Axisバードスタジアム

メインスタンドの座席は、背もたれはありませんが、個別席となっています。

バックスタンド

Axisバードスタジアム
バックスタンド中央通路からの眺め

バックスタンドは、メインスタンドと同様の視角から、チケット価格を抑えて観戦することができます。

メインスタンドよりも低いスタンドなので、選手の目線により近くなります。

昼間は逆光となるので注意です。

Axisバードスタジアム
北側からの眺め
Axisバードスタジアム
南側の最前列からの眺め
Axisバードスタジアム
南側からの眺め
Axisバードスタジアム
中央最後列からの眺め
Axisバードスタジアム

バックスタンドの座席はベンチシートとなっています。

ゴール裏

Axisバードスタジアム

ゴール裏は選手の目線に近く、臨場感のある試合を楽しめます。

Axisバードスタジアム

スタンドが低いので、逆サイドのプレーは見えにくいです。

Axisバードスタジアム

座席はベンチシートで3列のみとなります。

スタジアムの特徴

  • 「はばたく鳥」がイメージされたメインスタンドの屋根
  • 最前部からフィールドのタッチライン及びゴールラインまで各々10m
  • 屋根はメインスタンドの20%をカバーしている。
  • のどかな田園地帯にあるスタジアム

「はばたく鳥」をイメージ

Axisバードスタジアム

スタジアムデザインのコンセプトは「はばたく鳥」がイメージされています。

メインスタンドの屋根はまさに「鳥の羽根」のような「羽ばたく翼」のような象徴的なデザインですね。

Axisバードスタジアム
メインスタンド

のどかな田園地帯のスタジアム

Axisバードスタジアム

スタジアム周辺は建物が少なく、緑の田園地帯が広がっていてのどかな雰囲気です。

開放感があって、晴れた日は気持ちのよい気分になります。

Axisバードスタジアム
メインスタンド

闇夜に輝くスタジアム

Axisバードスタジアム

スタジアム周辺に明かりがほとんどないので、ナイターの試合時には、スタジアムが真っ暗闇の中に浮かび上がるように輝きます。

Axisバードスタジアム

【参考】

  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.24(6)(297) 1995-04
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.26(1)(320)
  • 一般財団法人 鳥取県サッカー協会