鳥栖スタジアム

駅前不動産スタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称鳥栖スタジアム
ネーミングライツ駅前不動産スタジアム
ホームチームサガン鳥栖
着工1994年12月
竣工1996年5月
大規模塗装改修2017年6月~2019年6月
最寄り駅鳥栖駅
収容人数約25,000人
所有鳥栖市
運営管理鳥栖市
設計者日揮、類設計室
施工者(建築)新築:大林組・松尾・大島・今泉JV
改修:三井住友建設
総事業費約97億円(用地費:約30億円、建設費:約67億円)
構造・階数RC+S造、地上3階
敷地面積36,119㎡
建築面積10,036㎡
延床面積20,530㎡
最高高さ約29m
フィールド115m×79.5m

スタジアムアクセス

  • JR鳥栖駅から徒歩3分程度
  • 博多駅から鳥栖駅まで47分(快速は28分、特急は20分)
  • 佐賀駅から鳥栖駅まで31分(特急は16分)

座席の紹介

私が実際に訪れて観戦した座席を下記の記事で紹介しております。

メインスタンド1階席:「駅前不動産スタジアムで観戦

バックスタンド3階席:「駅前不動産スタジアムで観戦Vol.2

スタジアムの特徴

  • チームカラーのブルーとピンクの配色が象徴的で”サガン鳥栖“のホームを感じるスタジアム。
  • 鳥栖駅の目の前、アクセスの良いスタジアム。
  • スタンドの屋根を支える鉄骨柱は、鳥栖市から出土した弥生時代の細形銅剣をモチーフにデザインされている。
  • 上層スタンドの傾斜は約40度と急峻な勾配。
  • 球技専用なのでピッチに近く、臨場感が抜群に良いスタジアム。
  • スタジアム構造としては珍しく、上層スタンドは鉄骨造

アクセスの良いスタジアム

鳥栖駅から駅前不動産スタジアム
駅のホームから見えるスタジアム

JR鳥栖駅で電車を降りると、ホームから間近にスタジアムが見えます。

2019年6月に塗装改修工事が完了し、サガン鳥栖のチームカラーであるブルーとピンクによってインパクトのある象徴的なスタジアムと変貌しました。

特徴的な鉄骨構造

駅前不動産スタジアム
メインスタンド

こちらが弥生時代の細形銅剣をモチーフにしたという鉄骨柱です。

鋭さや堅固さを感じますね。

スタジアムの構造としては珍しく上層スタンドは鉄骨造となっています。

これは建設コストを抑えるためであり、主要構造部を耐火鋼の鉄骨を用いることで、躯体重量の低減と工期の短縮が図られています。

駅前不動産スタジアム
北サイドスタンド

北サイドスタンドの鉄骨ブレース材はブルーとピンクに塗り分けられています。

急傾斜のスタンド

駅前不動産スタジアム
バックスタンド

メインスタンドおよびバックスタンドの上層階は傾斜が約40度と急峻な勾配となっています。

駅前不動産スタジアム
北サイドスタンド
駅前不動産スタジアム
南サイドスタンド

大型ビジョン

駅前不動産スタジアム
南サイドスタンド
アウェイゴール裏

スタジアム内の大型ビジョンはアウェイ側の南サイドスタンドコーナーに1か所だけ設置されています。

バックスタンドからほぼ見えないのと、設置位置も低いのでホーム側の北サイドスタンドからも非常に見えにくいと思われます。

国内屈指のスタジアム

駅前不動産スタジアム サガン鳥栖vs横浜Fマリノス
メインスタンド下層階からの眺め

国内にも徐々に球技専用スタジアムが増えてきている昨今ですが、現在でも間違いなく国内屈指の素晴らしいスタジアムであることは確かです。

日本国内全てのスタジアムを観戦した中で、ベストスタジアムのひとつだと私は評価しています。

満足できるはずですので、一度観戦に行ってみることをおすすめします!

【参考】

  • 鳥栖市|スポーツ・文化・学ぶ > サガン鳥栖 > スタジアム
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.24(6)(297) 1995-04
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.26(1)(320)
  • 近代建築.50(9) 1996年9月号