札幌ドーム
札幌ドーム

スタジアム概要

スタジアム名称札幌ドーム
ホームチームコンサドーレ札幌
着工1998年6月
竣工2001年5月
最寄り駅福住駅
収容人数41,484席(サッカー)
所有札幌市
運営管理株式会社札幌ドーム
設計者原広司+アトリエファイ建築研究所、アトリエブンク
施工者札幌ドーム(仮称)新設工事特定共同企業体:大成建設、竹中工務店、シャール・ボヴィス
事業費約422億円(建設費)
約115億円(土地代)
構造・階数RC造・S造・SRC造
地下2階・地上4階
敷地面積305,230㎡
建築面積55,168㎡
延床面積98,232㎡
サッカーフィールド120m×85m

スタジアムアクセス

  • 福住駅から徒歩10分程度
  • 平岸駅・真駒内駅・南郷18丁目駅・白石駅からシャトルバス

スタジアムの特徴

  • 浮動する移動式天然芝サッカーフィールド
  • ホヴァリングサッカーステージによりサッカーと野球の両立が可能
  • 屋根の形状・構造は古くから農作業で用いられてきた道具の”“をイメージして設計された
  • シングルスロープと呼ばれるすり鉢状のスタンド
  • ドームのため空調が効いていて快適な観戦環境
  • 雪国の札幌でも除雪作業が不要になるように、屋根はシェル(貝)型となっており、卓越風によって積雪が自然と吹き飛ばされる仕組み
  • 座席の足元から送風する空調システム
  • アリーナの大部分が地下に囲まれた半地下構造により、断熱性が良く省エネルギーに繋がる
札幌ドーム
北ゲート側入口
札幌ドーム
北ゲート側の「タウン」

北ゲート側のアトリウムのような半屋外空間。「タウン」と呼ばれ、レストランやグッズショップがあります。

札幌ドーム
ドーム内のコンコース

ドームの中に入ると、黒と赤を基調とした空間。非日常感が演出されています。

札幌ドーム

近未来感を思わせるような雰囲気のドーム内。西側のコンコースには大階段が連続し、木の枝が伸びるように柱が林立しています。

札幌ドーム
札幌ドーム
エレベータシャフト

こちらも近未来的なかっこいいエレベーターシャフトです。

札幌ドーム
スタンド東側

2階からスタンドに入ると、観客席の最後部から素晴らしい景色を見渡すことができます。初めてスタンドに入った時は感動的でした。

札幌ドーム
札幌ドーム
札幌ドーム
札幌ドーム
札幌ドーム

【参考】

  • 新建築|2001年7月号
  • 札幌ドーム|札幌ドームの裏側
  • 竹中工務店|建築作品
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(1)(334)