新潟スタジアム

デンカビッグスワンスタジアム
デンカビッグスワンスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称新潟スタジアム
ネーミングライツデンカビッグスワンスタジアム
ホームチームアルビレックス新潟
着工1997年10月
竣工2001年2月
最寄り駅新潟駅
収容人数42,300人
所有新潟県
運営管理アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ
設計者日建設計
施工者鹿島建設ほかJV
清水建設ほかJV
大成建設ほかJV
建設費約300億円
構造・階数SRC造・地上5階建て
屋根:S造
敷地面積約480,000㎡
建築面積約36,700㎡
延床面積約88,420㎡
最高高さ約57.8m
フィールド110m×74m

スタジアムアクセス

  • 新潟駅南口からシャトルバスで10分~15分程度(キックオフ4時間半前より10分~15分間隔で運行)
  • 新潟駅南口1番線乗り場から路線バス。(スポーツ公園線で”新潟市民病院行き”または”新潟市民病院経由曽野木ニュータウン行き”に乗車、”スポーツ公園”または”ビッグスワン前”下車)
  • 新潟駅南口から徒歩50分程度
新潟駅前
シャトルバス乗り場の行列

以前に観戦に行った際には、シャトルバス乗り場に行列ができていましたが、10分間隔でバスが来るので、それほど待つこともなく乗ることができました。

スタジアムの特徴

  • 愛称は”ビッグスワン”。屋根のデザインは鳥屋野潟に白鳥が飛来し羽を広げた瞬間をイメージしている
  • Jリーグベストピッチ賞を幾度も受賞しているスタジアム
  • 2002年FIFAワールドカップを機に建設され、試合会場となった国際規格のスタジアム
  • 2層式スタンドで透光性のある膜屋根
  • 観客席は全て背もたれ付き
デンカビッグスワンスタジアム

スタンドは観客席とピッチを近づける2層式スタンドとなっています。

メインスタンド・バックスタンドの上部を大きく膨らませた形状とすることで、ピッチ全体を見渡せる座席が多く確保されています。

観客席の9割以上が透光性のある膜屋根で覆われ、晴天時にはフィールドの日向と日影の明暗さが少ない観やすくプレーしやすい環境に配慮されています。

デンカビッグスワンスタジアム
バック(E)スタンドから北(N)スタンドを眺める
デンカビッグスワンスタジアム
北(N)スタンド
デンカビッグスワンスタジアム
南(S)スタンド

【参考】

  • デンカビッグスワンスタジアム|公式HP
  • 新潟市|公式HP > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net
  • アルビレックス新潟|公式HP
  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.27(1)(334)
その他データ
  • 3階にはバルコニー付きの観覧席が14室
  • 長さ200mを超える屋根は、井桁状に組まれた4本のアーチが、スタンド頂部に巡らされたテンションリングに接続する構造