名古屋市瑞穂公園陸上競技場

パロマ瑞穂スタジアム
パロマ瑞穂スタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称名古屋市瑞穂公園陸上競技場
ネーミングライツパロマ瑞穂スタジアム
ホームチーム名古屋グランパス
開場1941年2月
改築1982年
改修1994年
最寄り駅瑞穂運動場西駅
新瑞橋駅
瑞穂運動場東駅
収容人数27,000人
所有名古屋市
運営管理名古屋市教育スポーツ協会

スタジアムアクセス

パロマ瑞穂スタジアムの最寄り駅は3つあり、名古屋駅からアクセスする場合は下記のようになります。

駅名所要時間費用
瑞穂運動場西20分270円
新瑞橋21分270円
瑞穂運動場東30分270円

名古屋駅からアクセスする場合は、3つの最寄り駅全て「名古屋市営桜通線」を利用するのが一番早く安いルートになります。

一方で瑞穂運動場西駅と新瑞橋はスタジアムまで徒歩10分、瑞穂運動場東駅はスタジアムまで5分と考えると、瑞穂運動場西駅あるいは瑞穂運動場東駅で降りるのが良いと考えられます。個人的には、乗り換えも無くて駅前に飲食店の多い「瑞穂運動場西駅」の方が良いのではと思います。

スタジアムの特徴

パロマ瑞穂スタジアム
メインスタンドからの眺め
  • 都会の名古屋駅にも近く、緑豊かな公園の中にあるスタジアム。
  • 1994年から名古屋グランパスのホームスタジアムとして使用され始め、数々のドラマが生まれた歴史のあるスタジアムです。
パロマ瑞穂スタジアム
パロマ瑞穂スタジアム
パロマ瑞穂スタジアム
メインスタンド外観
パロマ瑞穂スタジアム
メインスタンド
  • スタジアムを外側から見ると、スタジアム全体に屋根が架かっていそうな重厚な雰囲気があります。しかしメインスタンドをスタジアム内側から見ると、屋根が架かっているのはメインスタンドのみ。そして大屋根を支えているのは2列に連続した柱。キャンティレバー構造の軽やかな印象となっています。

新たな瑞穂スタジアムへ

パロマ瑞穂スタジアム
ありがとう、瑞穂。

パロマ瑞穂スタジアムは2020年シーズンで最後となりました。新スタジアム建て替え工事に向けて、2021年シーズンからJリーグでは使用されなくなります。概要は下記の通りです。

  • 2026年アジア競技大会開催に向けて3万席以上のスタジアムに改築する。
  • 2021年7月に受注者と契約締結し、設計・建設期間を経て2025年3月竣工を目指している。
  • 新スタジアムはBTO方式(Build Transfer operate)により実施される。
  • 「名古屋市瑞穂公園陸上競技場整備等事業」の予定価格は50,035,454,546円(約500億円)となります。

【出典】

  • 名古屋市瑞穂公園陸上競技場整備等事業 入札説明書