多賀多目的運動場

プライフーズスタジアム
プライフーズスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称多賀多目的運動場
ネーミングライツプライフーズスタジアム
ホームチームヴァンラーレ八戸
着工2015年
竣工2016年9月
収容人数約5,140人
所有八戸市
運営管理八戸市
設計者昭和設計
施工者日本道路・地代所建設・曽我産業
概算工事費33.6億円(基本設計時)

スタジアムアクセス

最寄り駅から歩く場合は「陸奥市川駅」から徒歩50分程度と遠い。

公共交通機関を利用する場合は、本八戸駅から出ているバスに乗りましょう。

ただしバスの運行本数は多くないので、車でアクセスするのが便利です。

車(レンタカー)でアクセス

車でアクセスする場合は、スタジアム前の常設駐車場が396台、臨時駐車場が約1,000台利用可能です。

試合キックオフ時間ぎりぎりに行くと駐車場は埋まっている可能性があるため、キックオフ2時間以上前を目安に行くことをおすすめします。

(私が2021年7月4日に観戦に行ったときは、2時間半前に到着して、既に常設駐車場がほぼ埋まっているくらいでした。:入場者数は1,511人)

三沢空港からレンタカーで本八戸まで行って宿泊、そこからスタジアムまでアクセスしたときの観戦記を下記リンクで紹介しております。

プライフーズスタジアムで観戦

本八戸駅からバス

「本八戸駅バス停」より八戸市営バスで「多賀台団地行き」に乗車。「市川バス停」で下車となります。

「本八戸駅⇔多賀台団地行き」は1時間に1本程度しか発車していないので、三沢空港から来られる方は、帰りのフライト時間に間に合うかどうか事前に調べておいた方がよいです。(本八戸駅から三沢空港へシャトルバスが出ています。)

陸奥市川駅から徒歩

車もバスも利用しないという方は、「陸奥市川駅」から歩くことも可能です。

ただし、「陸奥市川駅」の電車発車時刻は1時間に1本程度のため、50分も歩くことを考えると、素直にバスを待っている方が良いでしょう。

座席の紹介

メインスタンド

ヴァンラーレ八戸vs藤枝MYFC
メインスタンドエリア指定席から

まずはメインスタンドのエリア指定席です。

こちらは一番グレードの高い座席で、ピッチ中央付近で臨場感のある試合を楽しめます。

バックスタンド芝生席よりも高さがあるので、後列の座席であれば逆サイドのプレーもよく見えます。

選手の迫力あるプレーを間近で見たい、入場時に選手を正面から見たい、ベンチの選手の様子も近くで見たい、試合全体もある程度は俯瞰して観たいという方におすすめです!

プライフーズスタジアム
メインスタンド自由席

メインスタンド自由席は、写真の通り、通路より後方の座席であれば、エリア指定席よりもピッチ全体を俯瞰して観ることができます。

通路よりも前方の座席は、エリア指定席と同様に選手のプレーを間近で観ることができます。

メインスタンドで少しでも費用を抑えたい、ピッチを俯瞰して観たい、ベンチ付近の選手の様子も近くで見たいという方におすすめです!

バックスタンド(芝生席)

プライフーズスタジアムの芝生席

バックスタンドは芝生席なので、ご覧の通りスタンドは緩やかな勾配です。

チケット費用を抑えたい、芝生席でのんびりと観戦したい、小さい(走り回る)子どもがいる方におすすめです!

ゴール裏(芝生席)

プライフーズスタジアムのホームゴール裏
ホームゴール裏から

ゴール裏の芝生席は、スタンドの勾配が緩やかなで高さが無いため、逆サイドのプレーは観えにくいです。

ただピッチに近いので、近いサイドのゴール前では臨場感のあるプレーを楽しめます。

プライフーズスタジアムのアウェイゴール裏
アウェイゴール裏

スタジアムの特徴

多賀多目的運動場は、2016年に完成した比較的新しいスタジアムです。

東日本大震災による津波で被災し、下記のコンセプトを基に建設され、この地域の復興のシンボルとなりました。

  1. 多賀地区の活力の創出と震災復興のシンボルとなる施設づくり
  2. 災害に強い地域づくりのモデルとなる施設づくり
  3. 工事工期の短縮、建設管理コスト削減などを考慮した施設づくり
  4. さまざまな利用形態における管理運営手法を見据えた施設づくり
プライフーズスタジアム案内図
多賀多目的運動場 案内図

メインスタンド

プライフーズスタジアム
メインスタンド

小さな規模感のスタジアムの割に、メインスタンドは4階建てと高さのある建物構造となっています。

これは津波災害時に「津波避難ビル」としての機能を持つように、津波の浸水深さ(GL+9.22m)に対して余裕階加えて、4階部分が避難スペースとして活用できるように設計されています。

バックスタンド

プライフーズスタジアム
バックスタンド

バックスタンドは芝生席なので、傾斜の低いスタンドとなっています。

建物外側に男女それぞれトイレが併設されています。

大型ビジョン

プライフーズスタジアムの大型ビジョン
大型ビジョン

多目的歩廊

プライフーズスタジアム前
スタジアム前の広場
プライフーズスタジアム前
多目的歩廊

“地域行事に積極的に利用できる仕掛け”として「多目的歩廊」が設置されています。

試合開催時には物販エリアとして利用されていました。

ここに車を幅寄せすれば、雨に濡れずにメインスタンドの中までアクセスも可能ですね。

駐車場

プライフーズスタジアムの駐車場
一般駐車場

396台駐車可能な「一般駐車場」です。

プライフーズスタジアムの臨時駐車場
臨時駐車場

こちらは試合開催時に開放される、約1,000台収容可能な臨時駐車場です。

プライフーズスタジアムの関係者駐車場
関係者用駐車場

こちらは一般駐車場とは人工芝球技場を挟んで反対側にある「関係者用駐車場」です。

夕暮れ時のスタジアム

プライフーズスタジアム
夕暮れのスタジアム
プライフーズスタジアム
北側から見たスタジアム

【参考】

  • ヴァンラーレ八戸公式サイト
  • 昭和設計>Project
  • (仮称)多賀地区多目的運動場基本設計(概要版)
  • (仮称)多賀地区多目的運動場実施設計(概要版)