福島県営あづま陸上競技場

とうほう・みんなのスタジアム

スタジアム概要

スタジアム名称福島県営あづま陸上競技場
ネーミングライツとうほう・みんなのスタジアム
ホームチーム福島ユナイテッドFC
着工1991年3月
竣工1994年3月
収容人数21,000人
最寄り駅福島駅
施工者奥村組・青柳工業・菅野建設
総工費約45.8億円
構造・階数地上4階建て
競技場面積44,400㎡
フィールド面積22,700㎡
インフィールド(芝)102m×70m

スタジアムアクセス

福島駅東口から路線バス

福島駅東口バスターミナル

アクセスは、基本的には福島駅から路線バス一択ですが、運行本数が少ないので、2つのルートを紹介します。

帰りのバス時刻は「福島交通株式会社」のHPにて”停留所時刻表”を検索しましょう。

福島駅東口→あづま陸上競技場

まずは一般的なルートです。福島ユナイテッド公式サイトでは、「あづま総合体育館」で下車と紹介されていますが、「あづま総合体育館」→「あづま陸上競技場」と通るルートですので、メインスタンドに近い「あづま陸上競技場」で降りてしまえばよいでしょう。

「あづま陸上競技場」バス停の周辺状況については「とうほう・みんなのスタジアムで観戦」にて紹介していますので参考に。

  • 福島駅東口7番のりば
  • 「佐原」行きまたは「佐原経由四季の里」行きに乗車
  • 所要時間は約30分
  • 運賃は660円
福島駅東口7番乗り場の時刻表
福島駅東口7番のりば時刻表

福島駅東口→鷺

「あづま陸上競技場」行きのバス運行本数が少ないので、時間が合わない場合は、同じく7番のりばの「土湯温泉」行きのバスに乗車し「鷺」バス停で降りるのもよいでしょう。

ただこの場合は、「鷺」バス停から20~30分程度歩くことになります。

  • 所要時間は約30分
  • 運賃は670円
福島駅東口7番乗り場の時刻表
福島駅東口7番のりば時刻表

福島駅東口からタクシー

福島駅からタクシーでアクセスする場合は、所要時間18分、4,390円(2021年時点:JapanTaxi)

福島駅東口から徒歩

福島駅から歩く場合は、非現実的ですが、2時間半程度かかります。

さすがに徒歩で行く人はいないと思いますが、念のため。

座席の紹介

とうほう・みんなのスタジアム

メインスタンド

とうほう・みんなのスタジアム
とうほう・みんなのスタジアム

メインスタンドはそれなりに高さと勾配があるので、ピッチ全体をよく見ることができます。

とうほう・みんなのスタジアム
メインスタンド最上部からの眺め

ただメインスタンド中央の屋根のある座席は、柱が視界を妨げるので、要注意です。

座席の位置が悪いと、両サイドのゴール裏のプレーが全く見えません。

私が実際に観戦したときは、シュートシーンは見えなかったが、ボールがネットを揺らした瞬間だけ見えた、そんな感じでした。

バックスタンド・ゴール裏

福島ユナイテッドvsガイナーレ鳥取
とうほう・みんなのスタジアム
北側スタンド
とうほう・みんなのスタジアム
南側スタンド

バックスタンドとゴール裏は全面芝生が広がっています。

ただ入場者数が見込めない試合は開放されておりません。

スタジアムの特徴

  • メインスタンドの外観はカーテンウォールで、福島県の特産物である桃をイメージしている。
  • バックスタンドとゴール裏は全て芝生席
  • 屋根がある席は柱が視界を妨げる

屋根のある座席は観戦に向かないため要注意

以前に「とうほう・みんなのスタジアムで観戦」したときに分かったのは、上記のエリアで概ね雨に降られにくいことでした。

しかし、このエリアの中でも後ろの方の座席は、柱が視界を妨げ、ピッチの一部が見えませんでした。

座席位置によっては、貴重なゴールシーンが全く見えないので、雨の日の観戦は要注意です。

試合をしっかりと見たい人は、雨具を用意して前方の座席で観戦するのがよいでしょう。

【参考】

  • 月刊体育施設:スポーツ施設&マネジメント情報誌.24(10)(301)
その他データ
  • 建築工事:奥村組・青柳工業・菅野建設
  • 電気設備工事:吉田電工・ユアテック
  • 衛生設備工事:福島スーパー設備
  • トラック:日本体育施設・佐藤工業
  • 芝生・野尻緑産
  • 観客席:コトブキ
  • 屋根:ピー・エス
  • 照明:松下電工
  • 音響:TOA