ライフスタイル

自己啓発本が好き・副業したい・フリーランスを目指す人に「Kindle」+「Kindle Unlimited」がおすすめな理由

こんにちは、さかとりです!

今回は私が実際に「Kindle(8GB・広告つき)」と「Kindle Unlimited」を3か月使用してみて、

『自己啓発本が好き・副業したい・フリーランスを目指す人に「Kindle」+「Kindle Unlimited」がおすすめな理由』を紹介します。

結論から言うと、下記に当てはまる方は間違いなくおすすめです。

  • 自己啓発やビジネススキルのジャンルが好き
  • 副業・フリーランスを目指していて、有益な情報をスピーディーに見たい
  • 書店に行くのが面倒、手軽に本を探したい
  • 移動時間が多く、気軽に本を読みたい
  • 紙の本の保管に困る、部屋をすっきりさせたい
  • iPhoneやiPadは目が疲れるから、紙の書籍が良い

なぜiPhoneやiPadではなく「Kindle」で「Kindle Unlimited」を利用することを勧めるか。

ここからは、具体的にその"理由"を解説していきます。

自己啓発やビジネスジャンルが好き

自己啓発本やビジネスジャンルが好きなあなた。

書店に行くと、陳列されている本のタイトルに惹かれ、つい買ってしまった経験があるのではないでしょうか?

私も将来が心配なので、常に自分を高めたいという思いから、買ってしまうことがよくありました。

でも、こういった類の本って参考になるしモチベーションは上がるけど、

結局は自分に合う生き方・働き方なんて、自分で考えて"行動"して身につけていかなければならないのですよね。

たくさん本棚に並んでるけど、こんなに買う必要あったかな…

と、思うこともあるのでは?

でも読むのは悪いことではないし、シンプルに面白いから読みたい。

ただ書籍購入にかかる費用は抑えたいな…

そんな方に朗報です。

「Kindle Unlimited」に登録すれば、月額980円で読み放題となります。

「とは言っても、全ての本が読める訳じゃないでしょ…」

このような意見に対しても、安心。

自己啓発本やビジネススキルのジャンルが好きな人が満足する本は、「Kindle Unlimited」でほぼカバーされています

過去にたくさんの本を読んできた上で、実際に「Kindle Unlimited」を使った私の体験なので、間違いないでしょう。

実際に読んだ本については、後ほど紹介しますので、読み進めて頂ければ幸いです。

ただ、確かにKindleに登録されていない本を読みたいときもあると思います。

その時は別で購入してしまえば良いですし、

それを踏まえても、980円で読み放題なのは、お得だと感じますね。

副業・フリーランスを目指している人

今は会社員だけど、現状に不満があったり将来が不安で何か改善したい。

副業から始めて、いずれはフリーランスを目標に勉強したい。

こんな方にも「Kindle」+「Kindle Unlimited」はおすすめです。

理由はシンプルで、私も副業を始めたい・将来的にフリーランスを目指したいという思いのなかで、

実際に「Kindle Unlimited」を利用して、十分な情報が得られたからです。

最近は個人で本を出版するハードルが下がり、「Kindle」で出版するフリーランスの方が増えています。

このような本はむしろ書店では売っていないものも多く、

しかも私たちが目指す「副業・フリーランス」を実際に行っている方が書いているため、有益となるでしょう。

書店に行くのが面倒

どこかに出かけたとき、ついでに書店に立ち寄るのは良いけど、

わざわざその為に行くのは気が重いんだよな…。

書店って家の近くにないし、案外、通り道にもないんですよね。

お店の中に入ったら、結構エネルギー消耗するし…

でもKindleがあれば、家の中で寝っ転がりながら、ワンクリックで完了です。

Amazonで購入してから、家に書籍が届くまで待つ時間もありません。

購入の前に中身をよく見ることができないのはデメリットですが、

「Kindle Unlimited」であれば、どんどんダウンロードしてしまえば良いので、心配無用です。

確かに書店に行くことで、思わぬ本との出会いがあった、なんてこともあったり。

しかしそれが浪費に繋がる"買わなくてもよい本"の場合もあるので、メリットと言えるかは微妙なところです。

移動時間が多い・気軽に本を読みたい

最近はテレワークが浸透したものの、通勤時間が多い方、または外出して移動する時間が多い方もいますね。

移動しているときも本を読みたいんだけど、本を広げるのが面倒だったり、持ち運びに"かさばったり"、片手で読みづらかったりしますよね。

ところが、私の使っている「Kindle」は約11cm×16cmの大きさで手のひらサイズしかありません。

スーツのポケットにも入るサイズですし、薄いので"かさばりません"

そして軽くて持ちやすいですし、すごく使い勝手の良さを感じていますね。

部屋がすっきり、ストレス軽減

本好きな人にとって、自宅に本が溢れかえって、置き場所がなくなった経験があるのでは。

本をコレクションのようにして、本棚に並ぶ本を眺めるのが好きという人もいると思います。

しかし、たくさんの本が置いてあると、それだけでエネルギーを消耗しています

近年は、インターネットなどであらゆる情報が手に入るようになったことで、疲れている人が多いですよね。

自宅にあるたくさんの本も同じで、そこにあるだけで、目に入ってくるだけで脳を使っているのです。

私も部屋の本棚やタンスにびっしりと本が埋まっている状況で、

そこに足りないから更にカラーボックスで置き場所を追加していました。

6畳部屋の空間をほぼ本が支配しているような、そんな場所です。

これはマズイな…と思い、部屋にある本は半分以上処分して、本棚の数も減らし部屋をすっきりさせました。

そうすると、疲れはかなり軽減され、気持ちも良くなりましたね

紙の本が好きな方も、できる限り電子書籍に移行して、まずは紙の本と電子書籍のどちらも利用するハイブリッド型の読書から始めてはいかがでしょうか。

目の疲れを軽減

電子書籍にメリットがあるのは分かったけど…

ブルーライトで目が疲れるから、やっぱり紙の本だよな。

そんな方も大丈夫です。

「Kindle」は"ほぼブルーライトを出さない"仕組みとなっているので、

紙の本を見るのと、疲れ方はほとんど変わりません

私はドライアイなので、iPhoneやPCを使うとすぐに疲れてしまうのですが、

実際に「Kindle」を使ってみると、目の疲れがかなり軽減されました。

Kindle端末を購入する場合は、初期費用に1万円弱かかるので、既に持っているiPhoneやiPadで利用すればよいと思う方もいるでしょう。

しかし目の疲れが軽減されるだけでもメリットがあるなと私は感じていますね。

「Kindle」+「Kindle Unlimited」のコスパ

「Kindle」+「Kindle Unlimited」のメリットは分かりました。

それではKindleシリーズで最も安価なモデルを利用した場合、コスト面で、どの程度メリットがあるか見てみましょう。

私が購入したのは、「Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー 8,980円

まずKindle端末を購入する初期費用が1万円弱必要となりますね。(詳細な価格はAmazonの最新情報を確認ください)

この時点で、「初期費用かかるなら、既に持っているiPhoneやiPadで十分、紙の本でいい」と思う方もいるでしょう。

その選択は自由ですが、「iPhoneは目が疲れます」「紙の本だと都度、書籍代がかかりますが、Kindle Unlimitedでたくさん本を読めば、十分に元は取れます

また初期費用に約1万円、月額980円ですが、紙の本を10冊以上買えば、すぐにそのくらいの金額に到達してしまいますね

そしてAmazonはセールを行っていることが多いので、私が「Kindle」を購入したときは「Kindle Unlimited」が3か月無料となっていましたし、2021年10月には3か月199円で読めるキャンペーンも行っていて、お得に利用できるタイミングもあります。

元を取れるどころか、本をたくさん読む人にとってはメリットしかないですね。

「Kindle Unlimited」で読める本の例

それでは、「Kindle Unlimited」で実際にどのような本が読めるのか。

私が3か月間でダウンロードした本を一覧にしてみましょう。(著者略)

  • Twitterの伸ばしかた~10ヶ月で2万人と繋がれた私の、これだけは抑えたい10のこと~
  • AI分析でわかったトップ5%社員の習慣
  • 金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン
  • Twitterマネタイズ革命
  • 実録!noteマネタイズ最短ルート:90日で3万円の収益を上げた具体的な10ステップ
  • やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学
  • マナブ×イケハヤ トップインフルエンサーが語る Webマーケティング最前線
  • ひとりビジネスの教科書 Premium 自宅起業でお金と自由を手に入れて成功する方法
  • 未経験から稼げる「書く副業」のはじめ方|現役Webライター考案の独学勉強法!コロナ時代の在宅ワークを1か月で身につけて月5万円の副収入を稼ぐ 文章起業家シリーズ
  • TikTokで集客!流行りのSNSを最強ビジネスツールに変える本、日本初
  • TikTokをバカにしていた僕らが半年で10万人のフォロワーを獲得したからこそわかったこと
  • ゆるい起業で生きていく:自分らしく生きるひとり起業家に贈る17のしないことリスト
  • たった一人で勝つ方法 稼げるフリーランス仕事術:仕事術・メンタル編
  • "会社員思考"から"起業家思考"に変えて、安定して稼ぐ「幸せひとり起業」のイロハ
  • フリーランスになりたい人のための教科書:コネなし、スキルなし、オカネなしからフリーランスを目指す方法:【副業】【在宅ワーク】【転職】を考えている人へ
  • 逃げの起業で小さく自由に生きていく:消極的起業のすすめ
  • 【100年後も通用する】イケハヤ流!稼ぐために"絶対"必要な18の思考法
  • 【永久保存版】全18種類!サラリーマンがはじめて副業するときに必ず読む本
  • Webエンジニアがやさしく教えるWordPressの入門書【ブログ編】
  • あなたもアフィリエイト×アドセンスで稼げる!はじめてのWordPress本格ブログ運営法
  • ホントにゼロからの簿記3級『ふくしままさゆきのホントに』シリーズ
  • 億を稼ぐ積み上げ力
  • 夢をかなえるゾウ!
  • うまくいっている人の考え方
  • 【まとめ】NFT 諦めた人向け最後の教科書:【解体新書】簡単に言うとデジタルアートが富を生む【NFTと暗号資産の違いは、何なのか?】
  • プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる
  • 凡人くんの人生革命

このようにフリーランスや副業に取り組んでいる方、トップインフルエンサーまで、「副業・フリーランスを目指している方にとって有益になる・影響を受ける書籍」が充実しています。

なかには無料でなかったら購入しなかったな…という本もありましたが、「Kindle Unlimited」に登録していれば、お試しで色々ダウンロードできるので、特に問題はないですね。

「Kindle」+「Kindle Unlimited」のデメリット

ここまで、メリットだけお伝えしてきましたが、ほんとにそんなに良いの?と疑う方もいると思います。

なので実際に使ってみて感じたデメリットもお伝えしますね。

とはいったものの、デメリットと言えるほどのことがないのが正直なところです。

あえて挙げてみると、下記の通り。

  • 「Kindle Unlimited」書籍をダウンロードしてストックできるのは10冊のみ。新たに11冊目をダウンロードするときは、1冊を"利用終了"にする必要があります。(「Kindle」の通常購入した書籍は10冊に含まれません。)
  • iPhoneと比較して起動や動作が非常に遅い
  • 「Kindle通常モデル」は自宅にWi-Fi環境がある人向けです。Wi-Fi環境がない場合は、上位モデルの「Kindle PaperWhite」や「Kindle Oasis」のWi-Fi+4Gモデルを購入するのがよいでしょう。

この中でも注意点は、自宅にWi-Fi環境がなかったり、モバイルWi-Fiを持っていない方は、必然的に上位モデルの購入が必要となり、初期費用が少し高めになります。

自宅にWi-Fiが無くても、街なかの"Free Wi-Fi"でダウンロードできますが、セキュリティを考えるとおすすめはできませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私も購入前はすごく悩みました。

買ってみて全然使わなかったら、もったいないな…と思っていました。

でも実際に使ってみると、コスパ良すぎて購入して良かったなと、心から思っています。

普段からあまり本を読まない方にはおすすめしませんが、

本を読むのが好き・本気で副業やフリーランスになりたくて勉強したい方には強くおすすめします!

-ライフスタイル