NFT

日本初のブロックチェーン×サッカーゲーム「トレサカ Jリーグ」とは?【Free to Play and Earn】

サッカー

こんにちは、さかとりです。

本記事では、2022年夏リリース予定のブロックチェーンゲーム「Jリーグトレーディングサッカー(トレサカ Jリーグ)」を紹介します。

この記事でわかること

  • 「トレサカ Jリーグ」の魅力と将来性
  • 「トレサカ Jリーグ」をリリースする「株式会社OneSports」はどんな会社?

「Jリーグトレーディングサッカー(トレサカ Jリーグ)」は「Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)」をコンセプトとした日本初のサッカーゲームです。

Jリーグファンにとっては気になるサッカーゲームですね!

「トレサカ Jリーグ」の特徴

以下では「Jリーグトレーディングサッカー(トレサカ Jリーグ)」とはどんなゲームなのか?その特徴を解説していきます。

どんなゲームか?

トレサカ Jリーグ
出典:OneSports

「トレサカ Jリーグ」は自分がクラブのオーナー兼監督となり、クラブを育ててリーグの頂点を目指すシミュレーションゲームです。

J1リーグとJ2リーグ所属の40クラブ&800名以上の選手が実名実写で登場します。

ゲーム内で自分が育成した選手をNFT化(唯一のオリジナルであることを証明)することで、ユーザー間で売買することも可能。

その報酬はゲーム内だけで使える通貨ではなく、現実のお金として利用できる点が特徴ですね。

トレサカ Jリーグの魅力

  • 現実に存在する選手を使って自分のチームをつくれる
  • 無料ではじめられる
  • ゲーム内で育成した選手をNFTとして販売することができる
  • Jリーグに特化している
  • Jリーグオフィシャルライセンス許諾

現実世界の監督や移籍といったJリーグクラブの運営を疑似体験できそうですね。

Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)

トレサカ Jリーグ
出典:OneSports

「トレサカ Jリーグ」は「Free to Play(無料でゲームをプレイする)」に「Play to Earn(収益を得るためにプレイする)」のコンセプトが融合した点が新しいです。

「Free to Play」はスマートフォンを使っているかたなら、なじみがありますよね。

ゲームアプリをダウンロードして無料でゲームを始める。もっとゲームを楽しみたい場合は、課金してゲームに深く入るイメージ。

課金して楽しむこともできるけど、基本的には無料ではじめて楽しめるのが「Free to Play」です。

「トレサカ Jリーグ」に新しく加わったのは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」という概念。

ゲームを楽しんで、それでお金も稼げたら最高ですよね。

以下では「Play to Earn」について、もう少し掘り下げますね。

「Play to Earn」の仕組み

Play to Earn

「Play to Earn」はゲームで遊ぶことによって、ゲーム内のNFTなどを手に入れることができ、それらを売却することで収益を得られるイメージです。

NFTとは、かんたんに言うとブロックチェーン技術によって世界にひとつだけ・自分が所有していることが証明されているデジタル資産です。

例えばゲーム内で選手を育て、スキルや体力が向上し成績をおさめた選手はレベルが高く、価値のある選手とみなされますよね。

このようなゲーム内で価値ある選手が、あなただけのNFTとして固有のものであると記録できます。

ブロックチェーンは理論上だれにも改ざんできない技術なので、そのNFTは本物であると担保されているわけです。

だれが見ても本物と証明されているNFTは、価値そのものを移動できるため、ユーザー間で直接の売買ができるのです。

ちなみに「Play to Earn」で有名なサッカーゲームは「Sorare」です。

ブロックチェーンは「LINE Blockchain」で初心者になじみやすい

ブロックチェーン

NFTの基盤となるブロックチェーンは「LINE Blockchain」が採用されています。

「LINE Blockchain」は多くの日本人になじみのある「LINE」が基盤となっており、LINEアカウントを持っていれば、NFTを保管できる「LINE BITMAX Wallet」をかんたんに登録できる点がポイントです。

新しく暗号資産取引所の口座開設するとなると、抵抗感のあるひとは多いですよね。

日頃からコミュニケーションに使っている「LINE」でかんたんに登録できるなら、参入ハードルは低くなりそうです。

「トレサカ Jリーグ」の将来性

「トレサカ Jリーグ」が普及していくためには「稼げること」よりも「ゲームが楽しいこと」が大事だと考えます。

稼げるとは言っても「楽しくないゲーム」だったら、みんなたぶんやらなくなりますよね。

参加者が多くないとお金も回らないので、まずはゲームが楽しくて参加者が増えるのが先でしょう。

楽しいかどうかはリリースされてみないと分かりませんが、Jリーグファンとしてはリリース前の情報を少し見るだけでもワクワクしますね。

いつも見ているJリーグの選手を自分が監督になってチームを組むなんて面白そうです。

どんなゲーム内容で、どんな設計になっているのか楽しみに期待しましょう。

「株式会社OneSports」はどんな会社?

株式会社OneSportsは2020年2月13日に設立された企業で、事業内容は「スポーツゲーム、スポーツコンテンツサービス等の企画開発及び配信」です。

上場企業の株式会社オルトプラスの子会社となっています。

すでに製品として展開しているのは下記のとおり。

  • モバサカ CHAMPIONS MANAGER
  • モバサカ ULTIMATE FOOTBALL CLUB
  • モバプロ2 レジェンド

上記のようにすでに"モバサカ"という育成型サッカーゲームを出しているので、「トレサカ Jリーグ」にも期待できますね。

まとめ

以上が2022年6月時点で出ている「Jリーグトレーディングサッカー(トレサカ Jリーグ)」の内容でした。

2022年夏のリリースを期待して待ちましょう。

それでは。


【参考】

-NFT